ブログトップ
青天の霹靂
オシム監督、脳梗塞で入院=予断許さぬ状況 - サッカー日本代表

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が16日午前2時ごろ、千葉県内の自宅で急性脳梗塞(こうそく)で倒れ、同県浦安市の順天堂浦安病院に入院した。日本サッカー協会の川淵三郎会長が同日夕、東京・本郷の同協会で記者会見し、発表した。集中治療室で治療を受けているというが、同会長は「ぜひ治ってほしい。命を取り留めてほしい」と涙ながらに話しており、予断を許さない状況とみられる.... 
jiji.com 2007.11.16
思い起こせば、長嶋さんも同じくらいの年齢(68)で脳梗塞で倒れてアテネ五輪監督を断念せざるを得なかった。川渕さんの会見で、「命をとりとめて欲しい」という言葉が出るほど予断を許さない状況がうかがわれるのが心配である。

こうなると、たとえ回復したとしても海外への長距離移動がついてまわる代表監督復帰は難しいだろう。オシムさんにはスーパーバイザーとして残ってもらい、緊急事態ということで、とりあえず日本人監督で岡田さんあたりの再就任となるのだろうか。

ただいずれにしても来年から始まるW杯予選を前にして、「人もボールも動く」サッカーがようやく形となってきつつあっただけに、代表プランに大きな影響が出てくるのは必至である。
[PR]
by karl.helmut | 2007-11-16 23:25 | Sports | Comments(0)