ブログトップ
存在してはいけないはずのもの?
放送業界を揺るがすコピーフリーの地デジ受信機「フリーオ」を入手

存在してはいけないはずの、“ある”地上デジタル放送チューナーが登場し、国内の放送業界が騒然となっている。2007年11月初旬ごろから、インターネット経由でごく少数販売されている「Friio(フリーオ)」がそれ。パソコンにUSBケーブルで接続し、視聴ソフトをインストールすることで、テレビ番組を見たり録画したりできる製品で、価格は1台2万9800円だ.... (ITPro 2007.12.14
この製品、受信したデジタル放送の暗号化(MULTI2暗号)を解くと同時に、MPEG2-TSフォーマットのファイルとして、そのままHDDに保存することができるもの。一部ネットではちょっと前から話題になっていたものだが、最近はネットオークションでも散見するようになってきた。

⇒ friio.com

デジタルコピーの制限があればその解除技術(製品)が出てくることは自然の流れではあるが、日経関連のサイトでも取り上げられ出したということは、かなり物議をかもしている証拠なのだろう。

特に記事中の以下の表現

存在してはいけないはずの、“ある”地上デジタル放送チューナーが、

ということは、Friioは現代のオーパーツと認められた???(笑)。
[PR]
by karl.helmut | 2007-12-16 23:22 | Others | Comments(0)