ブログトップ
この登録名はマズくねぇ?
カブス・福留が帰国会見で抱負「自信なければ挑戦しない」

米大リーグのカブス入りが決まった前中日の福留孝介外野手が22日帰国し、東京都内のホテルで会見に臨み「自信がなければチャレンジしない。新しい舞台でもやれると思う」と抱負を話した。福留は19日にシカゴで入団会見を行い、背番号も中日時代と同じ「1」に決まった。4年で約54億円という大型契約には「想像もつかないのひと言。100年ぶりになるチームのワールドシリーズ優勝に貢献したい」と笑顔を見せた... (Sanspo.com 2007.12.22
b0024824_23354413.gif亀田兄弟も顔負けのなかなかの自信である。

アメリカでは、イチローと松井を足して2で割った選手と(過剰)評価されているらしいが、福留のこの自信は、デビルレイズの岩村あたりから来ているのかもしれない。


当然平均年棒13億なりの過大な期待をされるであろうから、期待ハズれに終わろうものなら、口の悪い現地ファンからは"FUKUDOME"をもじって
「Fuck do me!」
と罵倒されそう(笑)。

日本人選手は、向こうでは苗字ではなく名前で呼ばれているのがほとんど。1年後に、登録名をコースケ(KOSUKE)にしとけばよかったと後悔していないことを願っている。
[PR]
by karl.helmut | 2007-12-22 23:31 | Sports | Comments(0)