ブログトップ
こんなトップじゃ低迷するわけだ
iPhone不振は「想定内」とKDDI小野寺社長 「スマートフォンよりケータイの方が使いやすい」

「iPhoneは、一時的にはブームになるだろうと思っていた。だが、端末が一般の人に魅力的かは疑問。こういう流れは想定していた」-- KDDIの小野寺正社長は9月17日に開いた定例会見で、苦戦が伝えられるiPhoneの売れ行きについてこうコメントした。同社も来春にスマートフォンを投入する予定だが「まだ(テンキー式)携帯電話の方がスマートフォンよりも使いやすい」という認識。スマートフォンは、法人向けのアプリケーションやソリューションなどとセットで提供していく必要があると述べた.... (ITmedia 2008.9.17
ひところ携帯業界で首位ドコモを脅かすのではないかと言われていたKDDI(au)であるが、このところ話題は専らSoftBankに奪われ、製品もサービスもパッとせず、契約者数も減少傾向と低迷している。

iPhone不振は「想定内」などと強がるKDDI社長は、iPhoneが(発売前の巷の予想より)売れてないと見て鬼の首でも獲ったかのような言い方だが、Appleが日本のキャリアとの提携を模索していた時は、この人、「端末に魅力があるのは確かで、iPhoneブランドを日本で売る場合はぜひ一緒にやりたい」と言っていたはず。おまけにスマートフォンのことを散々言っていながら、今月auはスマートフォンの投入を発表していており、全く言動に説得力がない。携帯の利用者がメールを打ちやすいかどうかだけで端末選んでいるかのようなコメントもちょっとズレている。

結局、auが今低迷している元凶は、この程度の見識で後から結果論みたく評論する人間がトップにいるからなんだろう。

こんなトップのままじゃ、auマジでやばいんじゃない?
[PR]
by karl.helmut | 2008-09-17 23:40 | Others | Comments(0)