ブログトップ
いいじゃん
物価高を実感? 首相がスーパー視察、夕食は帝国ホテル

麻生首相が19日、東京都新宿区でスーパーを視察した。「物価の話とか品切れの話とか、値段が同じだけど量が減ったとか、現実にどうかなと関心があった」という。財閥一家で育っただけに、市井の暮らしを肌で感じたかったようだ。(中略)
首相はこのあと、都内の帝国ホテルで秘書官と夕食をともにした。 (Asahi.com 2008.10.19
伝統的なアサヒらしい悪意を込めた記事。
.....で、何が問題なんでしょうか? 総理が帝国ホテルで食事、こんなもん普通でしょ。

むしろ一国の総理がコンビニで漫画の立ち読みして、弁当買って帰るほうが変だし、屋台のラーメン屋でラーメン食って庶民派アピールするほうが選挙パフォーマンスみえみえでワザとらしいし。

おまけに、もし総理がファミレスや居酒屋に来てフツーに食事なんかされたら、取り巻きは大勢いてうるさいわ、ゴツいSPが睨みをきかすわで、一般の人はたまったもんじゃない。

赤旗じゃあるまいし、今だルサンチマン的主観に傾倒しているだけでは、いつまでたってもアサヒはアサヒ。
[PR]
by karl.helmut | 2008-10-19 23:18 | News | Comments(1)
Commented by at 2008-10-20 12:34 x
『椿事件』

1993年9月21日、民間放送連盟の「放送番組調査会」の会合の中で、
テレビ朝日報道局長の椿貞良が、選挙時の局の報道姿勢に関して

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、
なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる
手助けになるような報道をしようではないか」

との方針で局内をまとめた、という趣旨の発言を行う。

(ウィキペディア「椿事件」)