ブログトップ
大分トリニータ終戦
大分完敗シャムスカ監督終戦認める/J1

大分の2冠達成は難しくなった。首位鹿島に終始主導権を握られ、0-1で敗戦。点差以上に、ゲーム内容に力の差があった。シャムスカ監督(43)は「(試合結果は)ゲームの内容は始まる前から予想していた通りで、鹿島のチーム層、選手層から考えても予想通り。タイトル争いは難しくなったと感じている」。勝ち点で5離され、事実上の終戦を認めた。(Nikkansports.com 2009.11.23
ホーム神話も通用せず、完全に力負け。
これで事実上リーグ戦優勝争いは終戦。

チーム的には来年ACLに参戦できる選手層もないので、もう今年の最終順位は4位以下でいいでしょう。
[PR]
by karl.helmut | 2008-11-23 23:34 | Sports | Comments(0)