ブログトップ
まともな政策が行なわれない日本の不幸
イギリス:消費税引き下げ 3兆円近い景気対策を発表

英政府は24日、総額約200億ポンド(約2兆9000億円)に上る景気対策を発表した。個人消費を支えるため、日本の消費税に当たる付加価値税(VAT)を少なくとも1年間、17.5%から15%に引き下げ、125億ポンド規模の減税をするのが柱。欧州で最悪の事態に陥っている英景気をテコ入れできるか注目される.... (毎日.jp 2009.11.24
ブラウン首相は「異例な時だからこそ異例な行動が必要だ」と対策の必要性を強調している。大胆かつ機敏な対応。政治とはこうでなければならない。

一方、消費拡大に貢献しないうえに、行政コストも膨大にかかる党利党略のバラマキをモタモタと行おうとしている麻生政権。日本も1年間限定で消費税を1%下げれば、約2兆5000億円税収は減るが、2兆円バラマキに比べればよっぽど消費拡大、景気刺激効果があることは間違いない。

景気刺激にも福祉対策にもならないバラマキ法案を含む第二次補正は、幸いにも年明けの通常国会まで上程されない情勢。今のうちならまだ「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」なんだが。。。

それにしても、自民党には少しはまともな政策の実行を麻生さんに迫る人間はいないものなのか。(渡辺喜美さんか誰か、頼むよ!)
まぁ、バラマキ大好き宗教政党が与党にいる状況じゃ所詮無理なんだろうけど....
[PR]
by karl.helmut | 2008-11-24 23:58 | News | Comments(0)