ブログトップ
2015年 04月 29日 ( 1 )
アタシは何も知らないの
規正法違反、元秘書ら在宅起訴…小渕氏は不起訴

小渕優子・前経済産業相(41)の関連政治団体を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は28日、政治団体の事務を統括していた元秘書で前群馬県中之条町長の折田謙一郎(66)、元政策秘書で資金管理団体「未来産業研究会(未来研)」の会計責任者だった加辺(かべ)守喜(62)両容疑者を同法違反(虚偽記入)で東京地裁に在宅起訴した。小渕氏は不起訴(嫌疑不十分)とした。前町長は虚偽記入を認めているという... (Yomiuri.Online 2015.4.28
小渕氏は不起訴(嫌疑不十分)とした。

ドリルでPCのハードディスクを破壊するという大胆な証拠隠滅行為を行い、世間から「ドリル小渕」の名をほしいままにしていた小渕議員ですが、結局、何ら事実関係の説明責任も果たさず、元秘書に全て罪を被せた形で逃げ切りそうな模様です。こんな甘い処分で幕引きを図るなんて、特捜の存在意義は一体どこにいってしまったんでしょうか。

「事務所関係者2人が在宅起訴されたことを重く受け止めており、政治的、道義的責任を痛感している。去年12月の衆議院選挙では、もう一度、地元・群馬のために働けとの結果をいただいており、この温情に応えるべく、一からやり直す覚悟だ」

よくもしゃあしゃあと「重く受け止めており、政治的、道義的責任を痛感している」なんて言えるもんです。開き直りのようなコメントにはムカツキ感を禁じ得ません。嫌疑が判明した時は、「一つ一つしっかり調べたい」、「調査中」ってコメントしてたはずなのに、完全にばっくれてます。

こうなったら小沢さんの例に倣って、検察審議会への不服申し立てをどっかの市民団体が行ってくれることを期待しましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2015-04-29 02:41 | News | Comments(0)