ブログトップ
2015年 05月 18日 ( 1 )
年寄りと女性と南部に負けた
大阪都構想:否決…橋下氏「政界引退」市長任期後に

大阪市を廃止し、五つの特別区に再編する「大阪都構想」の賛否を問う住民投票は17日、投開票された。反対が70万5585票で賛成の69万4844票をわずかに上回り、都構想は否決された。廃止されるかどうかで揺れていた大阪市は存続することになった。都構想を提唱してきた橋下徹大阪市長は大勢判明後の記者会見で「市長の任期まではやるが、それ以降政治家はやらない」と述べ、12月の任期満了で政界を引退する考えを表明した... (Mainichi.jp 2015.5.18
端的に負けた原因は、年寄りと女性と南部でしょう。

各層の投票行動の内訳を見てみると、橋下さんが7年間やってきた「決められる政治」の中で、バスや地下鉄の無料パスを有料(一律50円)にしたことを「福祉切り捨て」と騒ぎたてた老人たちと、これも受給者意識にこだわる女性からの抵抗は大きかったように思います。橋下さんの普段の言動が女性からあまり好感を寄せられていないのは分かっていましたが、やっぱり女性を敵にするとしっぺ返しをくらうということです。

それと、大阪の「南北格差」と呼ばれる、北部に比べて成長から置き去りにされた、低所得地域が多い大阪市南部地域の人々に対して、「大阪市民には損」といった目先の論法を使った反対派のやり方にもまんまとやられた格好です。

b0024824_23393511.jpg


個人的には、橋下さんの財政再建手腕を期待していたので、ここで終わってしまうのは残念に思います。橋下さんの後にどういう流れの人材に替わるのかわかりませんが、そんなに遠くない将来、再び橋下待望論が出てくるような気がしてなりません。

それにしても、投票結果が出た後の反対派の記者会見の並びの中に、元府知事の太田房江を発見しました。あのオバさん、大阪府民でもないのにやっぱり今回の住民投票に暗躍していたとは。。。
その醜悪さが漂う風貌は相変わらずです。
[PR]
by karl.helmut | 2015-05-18 22:36 | News | Comments(0)