ブログトップ
<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
Ninjyaは民族衣装???
b0024824_23344197.jpgミス・ユニバースの民族衣装審査、日本は「赤忍者」

米カリフォルニア州ロサンゼルスで18日、2006年ミス・ユニバースの民族衣装審査が行われた。
各国代表は出身国を象徴するコスチューム姿で登場、日本代表の知花くららさんは、赤い忍者の衣装でステージに現れた....
REUTERS 2006.7.18

ミス・ユニバース2位に知花さん
Sponichi Annex 2006.7.24

先日、日本人で4人目のミスユニバースで入賞(準ミス)した知花くららさん。
こりゃ凄いと思っていたら、審査員の高評価のワケには、民族衣装審査でのコスプレにも似た忍者装束のアピールがあったようです。(ベスト民族衣装部門賞)
今やニッポンの主力輸出ソフトコンテンツとなった、アニメ、ゲームキャラの影響がこんなところで効いているのでしょうか。

しかしながら、民族衣装審査で、くの一スタイル。
このようにして間違った日本文化が世界へ広がっていくのは困ったものです。(笑)
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-30 23:25 | News | Comments(0)
ず~っと待ってました
b0024824_1243542.jpgスパイ大作戦 シーズン1 (DVD、7枚組)

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 14,018 (税込み、25%off)

ご存知、アメリカのCBSネットワークで1966年より8年間に渡って7シーズン放映され、日本でも放映された人気TVドラマ。トムクルーズの映画版、Mission Impossible として復活して10年、個人的にはオリジナルのTV版のDVD発売をずっと待ち望んでいた。
やっとと言うかついにと言うか、12月8日にシーズン1のDVD発売が決まったことを知り、迷うことなくAmazonで即予約。

b0024824_12591120.jpgお約束の消えるオープンテープレコーダー、変装用特殊マスク....
トムのハイテクを駆使する映画版MIもいいが、1話毎のストーリーの面白さ、ドキドキさはオリジナルTV版がやはり本家。

12月まで待つのがツライ。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-29 23:42 | Life | Comments(0)
エラくなったものだが、器じゃない
b0024824_0465826.jpg谷垣氏が総裁選立候補表明

谷垣禎一財務相(61)は27日午前、谷垣派臨時総会で、9月の自民党総裁選への立候補を正式に表明した....
 (Sports Hochi 2006.7.27

「あんたは大将なんだから....」

時は2000年、衆議院本会議に向けて野党が森内閣不信任決議案を提出する動きを見せると、加藤紘一元幹事長とその同志の国会議員がそれに同調し、可決に向けた動きをみせたいわゆる"加藤の乱"。
結局、党内の切り崩しにあい、それでも議場に単騎突入しようとする加藤氏に対して、当時側近の一人であった谷垣さんが涙目で先のフレーズを言いながら必死に引き止める姿があった。

そういうこともあって、この人を語る時、どうしても当時の真面目な部下というイメージと勝負(戦い)下手というイメージが常に付きまとっている。
その谷垣さんが総裁選出馬であるから、6年の年月はこれほど人をエラくするということなのである。
政策では早々と消費税論をぶち上げて自らの財政通を印象付けようとしているようだが、どう見てもこの人は役人タイプ、とても総理総裁の器ではない。はっきり言って役者不足であるという感は否めない。

自民党の総裁であるから結局誰がなっても大同小異、それならば総理になった時、せめて日本の顔としてそれなりの風格と存在感を持った人がなって欲しいというだけ。

だから谷垣さんは"アウト"である。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-27 23:45 | News | Comments(2)
嗚呼、MCハマー
MCハマー、ヒット曲の権利を約3億円で売却

'96年に破産宣告を受けたMCハマーの過去のヒット曲の権利がナッシュビルの権利管理会社へ売却されたと、AllHipHop.comが報じている....
なお、MCハマーは全盛期の'91年には3,300万ドル(約38億円)以上の収入があったにも関わらず、'96年に1,400万ドル(約16億円)以上の負債を抱えて、破産申請を行なった。また、破産時には豪邸や17台のレースカー、ジャンボジェット機、競走馬などの資産を保有していたという....
 (BARKS 2006.7.24

最近めっきり名前を聞かないと思ったら、とっくの昔に破産してたとは。
そしてついに虎の子のヒット曲の権利も手放してしまったとのこと。
有名人によくありがちなジェットコースターのような人生と言えばそれまでですが。。。

b0024824_22405168.jpg
ラップやヒップホップがメジャーになったのもこの人の功績と言えるでしょう。
あの頃は一世風靡したのに...
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-25 23:10 | News | Comments(0)
地上アナログ放送あと5年
地デジ完全移行へのカウントダウン今日から ~総務省で記念式典開催

今日からちょうど5年後の2011年7月24日に、テレビ放送が地上アナログから地上デジタルに完全移行することを受け、総務省にてカウントダウンセレモニーが行われた。司会進行を務めたのは、在京6放送局の女子アナウンサーからなる「地上デジタル推進大使」のひとり、テレビ朝日の丸川珠代アナウンサー。その他5人の地デジ大使は、それぞれ以下のように挨拶した...
 (Phile-web 2006.7.24

現行の地上アナログ放送の停波まであと5年ということだが、一般国民からしたら「まだまだだいぶ先のことでしょ」というくらいの認識。
"バラ色の地上デジタル放送"とばかりに、政府、関連団体、TV局だけがPRに躍起である。

地上デジタル放送への強制変更には、有識者等からも様々な問題が指摘されている(「地上波デジタル放送への国費投入に反対する」)にもかかわらず、電波法で総務省の免許制の下で縛られているTV局は無条件、無節操にお上に従属するのみ。地上デジタル放送が抱えている問題など考えることもなく、ノー天気にカウントダウンセレモニーに動員されている女子アナの姿は、まるで"電波芸者"そのものである。

民法連も「世界で最も鮮明な映像を配信する地上テレビジョン放送ネットワークを実現し、テレビ大国を目指している」などと表明しているが、今やインターネットを始め様々なブロードバンドやメディアが発展している時代にあって、"テレビ大国を目指す"などとは認識違いも甚だしい。
目指すのはまず、"高い解像度の画面"よりも"クオリティの高い番組"ではないだろうか。

そういえば、前にあのホリエモンも地上デジタル放送に対しては、「アナログ放送にインターネットをつなげば同じことができる」と言っていた。この点だけはマトモな意見である。

さらに、地上アナログ放送の終了に関しては、「2011年、2割の世帯が地デジを見られない - NRI予測」というシンクタンクの予想もある。
5年後....さらに格差社会が広がった日本のあちこちで上がる声。
「地デジ対応テレビを買えない貧乏人にゃテレビを見るなってことかぃ!!」

b0024824_21494658.jpg
「2011年7月23日、地上アナログ放送最後の映像」

 "イ"で始まったアナログTV放送の最後はこれしかない。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-24 22:04 | News | Comments(0)
さて、浪速の兄ちゃんにはできるかな?
名城が日本最速世界王者!! ボクシング

WBA世界スーパーフライ級1位名城信男(なしろ・のぶお、24=六島)が、同級王者マーティン・カスティーリョ(29=メキシコ)をレフェリーストップによる10回TKOで下した。8戦目での世界奪取は、91年の辰吉丈一郎(大阪帝拳)と並ぶ15年ぶりの国内最速記録になる....
 (NikkanSports.com 2006.7.23

こういう真の実力で勝ち取ったベルトこそ価値がある。

名城はどこぞの浪速チンピラ3兄弟ほど有名ではないが、世界ランカーの本田英伸と日本王者で同じく世界ランカーの田中聖二を倒し、さらに当時世界3位だったプロスパー松浦を倒して世界挑戦権を手に入れた。そして今回のベルト奪取である。
大口たたいても理屈をコネて実力のある日本人と闘わず、本来のフライ級のチャンピオン(WBC王者:ポンサクレック、WBA王者:パーラ)は強すぎる見ると階級を下げて(空位の)ライトフライ級王座決定戦でベルトを狙う亀田クンとは大きな違いがある。

今朝、たまたまTBSのサンデーモーニングを見ていたら、スポーツコーナーでこの名城のベルト奪取の話題を取り上げていた。そして、現在6人になった日本人の世界チャンピオンの名前が書いてあるボードを手にしながら関口宏が、

関口宏   :「ここに次は亀田選手がくるんでしょ」
出演者一同:「・・・・・・・・・・・・(無言)」

関口のフリは、亀田のタイトルマッチを放映するTBSとしてはお決まりのセリフだったのだろうが....
この一瞬の出演者の皆さんのビミョーな無反応な雰囲気。
さすがに最近は亀田3兄弟周辺の胡散臭さを皆さんも感じているようで。。。

いずれにしても8月2日が楽しみです。
TBSはこの世界戦の中継だけで、(ナント)2時間半の特番を組んでいます。
世界のベルトなんぞちょっと策を講じれば簡単に獲れるということを証明して下さい。

ここまでしてもらったお膳立てをフイにしないように、頑張ってネ、亀田クン。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-23 21:29 | Sports | Comments(0)
筋書きどおりの一人芝居
解散撤回 欽ちゃん「おれやるよ」

野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の監督で人気コメディアンの萩本欽一は22日に新潟県魚沼市で、チームの解散を撤回して存続させる意向を表明した。萩本はこの日、企業チーム、セガサミーとの震災復興の親善試合前に、ファンに向けて「おれやるよ。みんながやれっていうからやるよ」とあいさつした....
 (Sponichi Annex 2006.7.22

「この野球を始めたのはボクなので、大好きな野球だけどやめることにしました」
「山本、球団なくなっちゃたよ」


こんな感傷的なショートセンテンスで球団解散を表明したら、解散反対のリアクションが湧き起こるくらいは誰でも予想できる。
解散の原因にしても、山本だけの名前を出して解散に追い込まれた風に言っているが、球団の遠征地で山本のほか2名が未成年と飲酒したことが原因なのではないのか。山本一人が悪いのであれば、未成年との飲酒は悪くなくて淫行行為のみが原因というのだろうか。

ヒネた見方なのかもしれないが、解散のコメントを聞いた時から、"欽ちゃんかわいそう"的風潮を作り出すことを望んでいた、そんな匂いを感じずにはいられなかった。

おまけにこれによってチームとしてやるべき責任の取り方が、同情論一色に埋もれてしまった。まるで川淵キャプテンが、W杯の自己の責任論を回避させてオシム新監督の話題に大衆を誘導したように。。。

ゴールデンゴールズは欽ちゃんがオーナーであり金を出しているのは分かるが、日本野球連盟に所属している正式なクラブチームならば、少なくとも運営については欽ちゃんタニマチ体質からこれを機会に早く脱皮すべきである。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-22 23:32 | News | Comments(1)
再び闘う還暦のランボー
スタローン「ランボー4」でメガホン

米俳優シルベスター・スタローン(60)の主演で世界的人気を集めたアクション映画「ランボー」のシリーズ第4弾が製作される。今秋から撮影を始め、日本では前作から20年ぶりとなる08年に公開予定。スタローンは主演・脚本のほか、シリーズ初の監督も務める....
 (Sponichi Annex 2006.7.19

まさか、この年になってランボー復活とはびっくり。

思い起こせば、第1作のランボーが封切りされたのがちょうど大学時代。
早いものでそれからもう24年。当時、今は無き上通りの通町筋側入り口付近にあった「熊本宝塚劇場」の映画館で見たのを覚えている。

還暦を越えたランボー、激しいアクションは大丈夫だろうか。
まさか今流行りの最新のCGを織り交ぜて闘うんじゃないだろうな。(笑)
それだけは勘弁してほしい。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-19 22:34 | News | Comments(0)
爆笑問題×東大 東大の教養
ETV特集「爆笑問題×東大 東大の教養」(NHK教育)

b0024824_20203421.jpgb0024824_20204810.jpg
先週の土曜日に放映されたものの録画を見た。
爆笑問題の二人が東大に乗り込み、多くの学生の前で「そもそも教養とは?」というテーマで同大学の小林康夫教授と討論するという内容。

それにしても太田光の物事に対する洞察、見識にはいつも本当に感心させられる。
この討論でも話しを引っ張っていたのは太田光であり、小林教授は終始押され気味。太田光は多角的によく物事が見えて考えていると思うし、彼に共感する部分は非常に多い。
討論の中で、ピカソ、西田幾多郎、柳宗悦、立川談志ら、古今東西の知性を縦横無尽に論じながら、現代における教養とは何か、独自の切り口で迫っている。

「教養とは世の中を楽しく過ごすため知っていたほうがいいモノ、必然的に学ぶモノ」
「多くの学問は実践的でない。研究者は陶芸家に見える、世間と乖離している」
「日本の学者の書物は読んで面白くない、外に伝えようとする表現力が足りない」
(立花隆さん(評論家・東大卒)の本は面白く、学者より分かりやすい)
「教養とは自分が生きやすくするため、自分の居場所を作るための道具」
「日常生活の中で実感(感動)として感じたもの、教養とはそれをつかまえる力」


太田は普段から、雑誌の連載(週刊プレイボーイ、サイゾー)や深夜ラジオ番組(JUNK)でも様々な自論を語っているが、今回のように目の前に相手がいる場合でもきちんと論理的に話しを展開、説明できる能力は本当に凄いと思う。

NHKにしては久々に面白い番組であった。
NHKもこのような番組をもっと制作するのであれば、存在意義を認めてやるのだが....
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-17 21:15 | Others | Comments(0)
落語がいい
b0024824_1329862.jpg「今夜も落語で眠りたい」
 中野 翠 著
 文藝春秋、¥788(税込)

今、実は落語が(プチ)マイブーム。
いつからか、航空機内サービスのオーディオプログラムも専ら落語を聴いている。

この本の中で著者も、「落語こそ日本文化最大最高の遺産」と書いている。
全く同感。
[PR]
by karl.helmut | 2006-07-16 23:27 | Others | Comments(0)