ブログトップ
<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
そろそろ来年の準備を
b0024824_210934.jpg気がつけば今年もあと1ヶ月を残すばかり。
毎年この時節になると、来年の手帳と来年の卓上カレンダーをどれにしようか探すのが常となっている。

手帳に関して言えば、今年初めて「ほぼ日手帳」を購入したのだが、これが使ってみるとなかなかのモノで自分的には(意外に?)高評価。

この手帳、とにかく書くスペースがふんだんにあるため、通常のスケジュール中心の用途というよりも何でも帳のような使い方をしている。今年ここで書いたネタのいくつかも、思いついた時や仕入れた時にちょっと書き留めておいたりしてそれなりに活躍してきた。
まぁ、そのようなことで、来年の手帳も引き続きこれを購入することに決めた。

ただ唯一注文があるとすれば、もうチョット値段を安くして欲しい。。。 ねぇ、イトイさん。
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-30 23:36 | Life | Comments(1)
BONNIE PINK 初紅白
今井美樹、徳永英明、絢香らが初!紅白歌合戦の出場歌手

NHKは29日、大みそかの第57回紅白歌合戦の出場歌手を発表した。紅白各27組の計54組で、デビュー20周年の徳永英明ら12組が初出場。出場39回目の森進一と昨春離婚、今年歌手として復帰した森昌子は5年ぶり15回目の出場。最多は北島三郎の43回.... 
Sanspo.com 2006.11.29

最近の紅白はあまり興味がないが、初出場のBONNIE PINKだけは見てみたい。

先日の報道で、お笑いの桜塚やっくんも紅組で出場するという話だったが、出場歌手一覧に名前がなかったのでおかしいなと思っていたら、"ゲスト枠"という中での出場らしい。
紅白にそんな出場枠があるとは知らなかったが、単なる応援ではなく歌を歌える出場枠なのだろうか?? (見ないくせにちょっと気になる)

ドロ沼離婚をした森昌子、森進一が一緒に出場することも話題になっているようだが、それでいて今年のテーマが「愛・家族~世代をこえる歌がある~」とは、NHKも冗談がきつい。
"愛"、"家族"....どうせなら、二人にステージ上で復縁宣言でもさせて瞬間最高視聴率を狙うくらいの見せ場でも作って欲しいものである。

今年の紅白の裏番組は、フジがPRIDEの代わりに荒川静香のフィギュアスケート、TBSがK-1 Dynamite、日テレがダウンタウンのガキの使い、テレ朝は恒例のビートたけしの超常現象番組とバラエティに富んでいるものの、どれも今イチ決め手に欠ける感じである。
(まぁそれでも、TBSで"バカ亀田祭り"がないだけもマシなのだが。。。)

今回は意外に紅白が視聴率で健闘するような気がする。

P.S.
そういえば、去年、紅白で聞きたい曲のアンケートとして全国で大々的に行った「スキウタ~紅白みんなでアンケート~」は、たった1年だけの企画(倒れ)で終ってしまったようである。
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-29 23:22 | News | Comments(0)
井川もアメリカへ
阪神が井川への最高入札額を受諾…29日球団名明らかに

阪神の牧田俊洋社長は28日、ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ移籍を目指す井川慶投手(27)への最高入札額を受諾すると発表した。金額は明らかにしなかった。落札球団名は29日午前に日米同時で公表する.... (SportsHochi 2006.11.28

実は個人的には松坂より井川のほうが大リーグでは通用するのではないかと思っている。
マリナーズが有力という噂もあるが、松坂獲りに失敗したヤンキースが強奪しそうな感じもしてならない。

...かと思えば、

井川「米国で将棋を広めたい」

ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグに挑戦する阪神の井川慶投手が27日、東京都渋谷区の将棋会館を訪れ、初めてプロ棋士の対局を生で観戦した。(中略)
注目の交渉球団決定が直前だが、「詰め将棋の本を持って米国に行き、将棋を広めたい」とリラックスした表情.... 
SportsHochi 2006.11.28

b0024824_1513920.jpg
井川伝説と言われるほど多くのエピソードを持つ変わり者で有名な井川だが...

おっ、おい、、、お前、アメリカには野球をやるために行くんだろうな???
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-28 23:22 | Sports | Comments(0)
日本6大会連続6度目のラグビーW杯へ
ラグビー日本、6大会連続のW杯出場 韓国に圧勝

ラグビーのワールドカップ(W杯)フランス大会アジア地区最終予選最終日は25日、香港の香港フットボールクラブで行われ、日本は韓国を54-0(前半28-0)で下し、6大会連続の本大会出場を決めた.... 
Sankei web 2006.11.26

勝利は間違いないとは思っていたが、気持ちのいいくらい予想以上の完勝。
この結果では、さすがにアノ国でもお得意の負け惜しみコメントのしようもないだろう。

宿澤ジャパン以来のW杯2勝目に期待は高まる。
大畑、フランスで暴れまくってくれ!!
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-25 23:41 | Sports | Comments(0)
全くの参院選挙目当てです
造反組議員が対応を協議 復党条件に青木氏反発

役員連絡会で青木氏は「(平沼氏を除く11議員が郵政民営化関連法案の)本会議採決で賛成票を投じたのは最大の意思表示だ。(復党を)参院選目当てではなく人情論で言っている。復党させれば参院選に勝てるほど生易しいものでない」と指摘した.... (東京新聞 2006.11.24

さも国を憂いているかのようなしかめ面しながら、政局の節々でキングメーカーきどりでマスコミにコメントする青木幹雄 ・ 自民党参院議員会長。

「(復党を)参院選目当てではなく人情論で言っている」って??? 
まったく笑わせてくれる。
自分達の参議院選挙のことしか考えていないのは誰が見てもミエミエ。
国民をなめるな、と言いたい。

この男は、2000年4月、時の総理である小渕さんが倒れて入院、昏睡状態でいた際、
『「有珠山対策など一刻もゆるがせにできないので、検査の結果によっては青木官房長官が臨時代理の任に当たるように」小渕総理から指示を受けた』などと、架空の行為をでっち上げて首相臨時代理を勝手に名乗り、それからわずか3日後に森政権を5人組の密室謀議で作った張本人である。党内の立場を利用して政局、利権に暗躍こそすれ、まともな業績などほとんど残していない。

こんな私利私欲でしか動かない政治屋がまだ幅を利かせているのでは、自民党は何ら改革政党などへは変わってはいない証拠である。
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-24 23:56 | News | Comments(1)
ニュースとしての価値とその取り上げ方
徳島のワンちゃん無事救出!

徳島市加茂名町の眉山で22日正午前、がけの高さ70メートル辺りで動けなくなっていた犬を、徳島市消防局の救急隊員が助け出した。心配そうに見守っていた住民ら約200人はほっとした様子だった.... 
NikkanSports 2006.11.22

こんな1匹の野良犬のことで全国ネットのニュースでまで映像が流されるとは、なんと平和な国である。

助かった野良犬に対しては全国から引き取り手の希望が殺到しているとか。
その人たちの多くは、せっかく助かった命だからと善意の気持ちで手を差し伸べているのだろうが、もし本当に”あの有名になった犬だから飼いたい”という理由でないのなら、その人達には全国の動物管理センターで殺処分にされるのを待っている犬達を1匹でも引き取ってもらえばいいし、そうしてもらうべきである。

街中で野良犬発見、住民が行政に連絡、捕獲 → 保健所で殺処分
崖上で野良犬発見、住民が行政に連絡、捕獲 → 里親希望者殺到
この違いはいったい何なんだろうか。

メディアが、ある一面のみ取り上げて表面的な報道しかしないから"可哀想"という域だけで終ってしまい、その背景にある問題や本質の議論には至らない。
一連のいじめ自殺の報道もまったく同じである。

b0024824_123383.jpg
ニッポンでは、人間の弱者にもないセーフティネットが野良犬には用意されている(笑)
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-23 23:17 | News | Comments(0)
あっさりやめるソープと、まだやめない桑田
競泳=イアン・ソープ、現役引退を表明

男子競泳界のスター選手、オーストラリアのイアン・ソープ(24)が21日、現役引退を発表した。
ソープはTV中継された記者会見で「プロとしての競泳キャリアをこれ以上続けないことを決意した。今日の決断にとても誇りを持っている」とコメント。水泳が人生で最も重要なものではなくなったことが引退の理由だと述べた.... (REUTERS 2006.11.21

ドジャースなどが桑田の移籍先に浮上

ジャイアンツ、ドジャースの2球団が、巨人を退団し米球界挑戦を表明している桑田真澄投手(38)の有力移籍先に浮上した。(中略)
契約に関してはマイナー契約の可能性が高く、年内中に移籍先が決定する.... (NikkanSpoerts 2006.11.21

プロのアスリートとはいえ所詮は人の子。14才で国際舞台にデビューしたソープも、すでに巨額の富と名声を手にしてしまえば、敢えて競技生活を続けていく意欲がなくなるのも理解できなくはない。

一方、桑田投手は、不動産取引の失敗で91年に抱えた約17億円の負債を親会社の読売新聞に肩代わりしてもらい、以来返済を続けてきた(現時点で完済しているかどうかについては諸説がある)。現役生活へのこだわりももちろんあるのだろうが、まだ金をより稼ぐ道を追い求めているようにも見えてしまう。

現役生活をあっさりやめる(やめられる)ソープと、なかなかやめない(やめられない)桑田。
それぞれの選択に際して金が全ての要因ではないのだろうが、対照的な生き方の二人である。

桑田投手にとっては、日本中が熱病にかかったように浮かれたバブルの波に自らも踊らされてしまったことを、今なお悔やんでも悔やみきれない思いはあるだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-21 23:26 | News | Comments(0)
どーすんの!? オレ
「“どーすんの ! ? オレ”カード」発売

タカラトミーは、「ライフカード」のテレビCMに登場するカードをセットにしたライフ公認「"どーすんの! ? オレ"カード」を12月9日に発売する。1575円(税込み)
「保身」「速攻」「我慢」などこれまでのCMに登場した24種類に、白紙カード1枚を加えた25枚入り。「生活シーンに合わせて使用するだけ。遊び方のマニュアルはありません。会社の商談中に、合コンやパーティ、デートなど、ここぞという場面で効果的にご使用いただきたい」....
 (ITmedia 2006.11.15

b0024824_2282565.jpg日常のさまざまな生活シーンの中で、なかなか決断できないときがある。
そんな時に、「どーすんの! ? オレ」カード。

オダギリジョーなどが出演している「ライフカード(Life CARD)」のテレビCMが話題だが、ついにCM中に登場するそのカードが実際に販売されるとのこと。

b0024824_2225862.jpgサラリーマンたるもの、いろいろと選択の岐路に立たされることが多い。
自分の進むべき方向が定まらない時に、このカードは有難い。(笑)

あたしゃ、運まかせの生き方に賛成です。

⇒ Life Card
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-20 22:40 | Others | Comments(0)
お次はUFO探知機だ!!
矢追純一監修のUFO探知機“ユータン”発売

ソリッドアライアンスは11月16日、UFO探知機能を備えるストラップ「ユータンレーダーストラップ(ユータン)」を発表、「ソリッドアライアンスストア」および「オレンジシップ」で発売を開始した。(中略)
機能は2つ。UFO探知モードと、宇宙人発見モードだ。UFO探知モードでは、24時間UFOの飛来を検知し続けるモードのほか、ピンポイントでUFOの飛来を確認するモードも装備。UFOを感知するとLEDの点滅によりUFOの接近を知らせてくれる。また宇宙人発見モードでは、ボタンを長押しすることにより、特定の人間が「宇宙人か否か」を判定する....
 (ITmedia 2006.11.16

b0024824_8251564.jpgこれまでこのブログでも何度か取り上げた"お化け探知機"を発売していたソリッドアライアンスが、今度は"UFO探知機"を発売した。
しかも、今やすっかり過去の人となっている矢追純一氏の監修という凝り方。

お化け探知機も荒唐無稽だったが、それで終るのかと思っていたら、しっかり"進化(?)"を続けているところがこの会社の侮れないところ。

製品解説文に「この製品によって発生する事故等に関しては、個人の責任に帰するものとして、当社としては一切責任を負いかねます」と書かれているそうだが、発生する事故等というものはもちろんUFO、宇宙人に遭遇しての拉致、危害ということか???? (笑)
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-18 23:16 | Others | Comments(0)
メジャーに行くんだから...
松坂「一番対戦したいのはイチローさん」

レッドソックスと交渉することが決まった松坂大輔投手(26)は「ボストンは名門チームで、名選手も多く出ている。思いも寄らない入札額で、最初は信じられなかった。それだけ評価していただけたのはうれしいが、プレッシャーもある。自分の中で一番対戦したいのはイチローさん」と話した。成田空港で会見し、その後、渡米した。 (NikkanSports.com 2006.11.15

夢のメジャーに行くんだから、「自分の中で一番対戦したいのはイチローさん」とかチマいこと言わないで、せめて、
「自分の中で一番対戦したいのはA.ロドリゲス」くらい言わないと。。。

球団の60億円の投資は、イコール60億円分の期待。
ボストンのファンの応援も結果に対してはシビアで厳しいだろう。

それでも、サッカー界で言えばシェフチェンコ、ジダン級に匹敵する評価はやはり凄い。
今日から日本の松坂から世界のマツザカ、D.Matとしての第二幕の始まりである。
[PR]
by karl.helmut | 2006-11-15 23:39 | Sports | Comments(0)