ブログトップ
<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
やることがえげつない
携帯標的 ネット遮断 ミャンマー

混乱が続くミャンマーで二十八日、インターネットが遮断された。当局は「海底ケーブルが損傷した」と説明しているが、反政府デモに無差別発砲するなど軍事政権の暴走ぶりを伝える報道から国民を遠ざけてデモの沈静化を図るとともに、国外への映像や写真の流出を阻止する狙いがあるとみられる。治安部隊が市民のデモ隊を制圧する際も、カメラや携帯電話を所持していた市民の多くが銃撃や殴打の標的になった。前日、銃撃を受けて死亡した映像ジャーナリスト長井健司さんも狙い撃ちされた可能性がある.... (Tokyo web 2007.9.29
さすがは半ば属国化、水面下で強い影響力を行使している支那政府の息がかかっていると、やることがえげつない。

中国、ミャンマー情勢の早期安定を望む

中国外務省の姜瑜報道官は25日、北京での記者会見で、「中国は、ミャンマーの情勢の安定と経済発展を期待している」と述べました... (CRI Online 2007.9.25
「中国は、他国の内政に干渉しない原則を一貫して堅持している。隣国であるミャンマーの情勢が安定し、経済が発展することを期待している。」

白々しい、全く。
こんな時にギャグ言わんで下さい。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-30 20:06 | News | Comments(0)
こりゃ、普通に許されんだろう
北の湖理事長、文科相に説明・時津風部屋の力士急死で

大相撲の時津風部屋の力士、時太山(当時17、本名斉藤俊さん)が急死した問題で、日本相撲協会の北の湖理事長は28日午後、渡海紀三朗文部科学相と松浪健四郎文科副大臣に経緯など事実関係を説明するため、文科省を訪れた....  (Nikkei.net 2007.9.28
この会見映像をニュースで見たが、なぜか部屋に迎え入れる渡海文科相のほうが、一応「謝りに行った」北の湖理事長の貫禄に押されるかのように低姿勢に見えた。この北の湖という人は、現役時代のふてぶてしさが今もそのまま、生まれつき他人に頭を下げる気がないのだろうというのが体全体から見てとれる。

元々の事件は、遅まきながら傷害致死で立件されるらしいが、これはどう見ても「シゴキ」を通り越してリンチ殺人と殺人教唆、殺人幇助で立件されるべきもの。とにかく、稽古のいきすぎとかいう結論でうやむやにされないように、しかるべき法的措置と協会内での処分がとられないとおかしい。

今まで相撲協会は、少々の問題が発生しても、"国技"という名のもと、何かにつけて一般社会とは違う自分達だけの価値感で通してきた。ただ、さすがにもう「八百長問題」、「朝青龍問題」から続くこれだけの問題に対してちゃんとした自浄能力を見せない限り、世間からは本当に見限られるだろう。

一方、この事件報道が過熱することで逆に助かった男が一人。
自分の話題が拡散、かすんでしまった朝青龍は、モンゴルでほくそ笑む。

何故か影響はこんなとこにも。
→ 元大関・増位山の公開レコーディング中止 時津風部屋問題で

b0024824_0404548.gif
ふてぶてしい(ように見える)北の湖理事長と、気合い負けしている(ようにに見える)渡海文科相、初めて風貌が絵になっているちょんまげ議員の松浪文科副大臣。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-29 22:57 | News | Comments(0)
騙されるほうが悪い
独自通貨「円天」の健康商品会社、会員5万人への配当停止

高額の配当や、「円天」と呼ばれる独自通貨をもらえるとうたって、全国の会員から多額の「協力金」を集めていた東京都新宿区の健康関連商品販売会社「エル・アンド・ジー」が今年2月以降、配当の支払いを中止し、各地の消費生活センターに苦情が相次いでいることがわかった。(中略)
「1口100万円の協力金を預けて会員になれば3か月ごとに9万円の配当を支払う」「1年後の満期には元本を返金する」などとうたって、会員の勧誘を始めた。同社のパンフレットなどによると、会員になった場合、3か月ごとの配当とは別に、協力金の額に応じ、「円天」と呼ばれる独自通貨がもらえる。会員は、「円天市場」という会員限定のバザー会場やインターネット上で、この円天と、カニなどの魚介類やアクセサリー類、オーディオ機器などの商品を交換できる。「円天を使っても協力金の元本は保証される」というシステムが口コミで人気を呼び、会員はこの3年余りで、主婦らを中心に約5万人にまで増加した。 (YomiuriOnline 2007.9.23
100万預けて元金保証、年間36万円の配当ということは年利36%。
いくら欲の皮が張っているバカでも、普通に考えればこの会社が年利36%以上の何かで運用しないと配当できないのは明白。もちろん今どきこんな高利回りで長期運用できるモノはない。

おまけに、これまで配当とは別に「円天」という"電子マネー"もどきまで貰って喜んでいながら、新聞記事になって驚いたように訴訟を起こすような人間は恥知らずもいいとこ。いつも思うのだが、こんな荒唐無稽なモンに騙される人間のほうが悪い。そういう人たちには、とても"被害者"というような言葉を使って欲しくない。

さっきもTVニュースで、L&Gに騙されたという年配の女性が、
「コツコツためた1000万円だったので返して欲しい」と訴えていたが、
本当に真面目にコツコツ金を貯められる人間だったら、こんな話に乗るはずないわけで、全く同情も感じ得ない。

ただ、このL&Gというマルチまがいの怪しい会社については、もう4~5ヶ月前に日テレの「バンキシャ」で結構大きく取り上げていたのだが、それ以外のマスコミ報道は今の今までほとんどされていなかった。もし他でも何らかの報道がされていたなら、少なくともまだ被害は少なくなっていただろう。

常人の感覚だったら、こんな会社360度どこから見ても詐欺集団であるのは明らかである。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-26 23:48 | News | Comments(1)
どこで流行ってるの???
青白い顔、張りない声 おわびで幕 安倍首相会見

やつれたような表情、張りのない声……。入院から12日目、東京都内の慶応大病院で記者会見した安倍首相にかつての力強さはなかった。辞意表明の時期を「最悪のタイミングだった」と自ら反省。辞任を決めた最大の理由は体調不良だったと強調した。会見のテレビ中継を見た識者らは、病状を気遣いつつも、厳しい印象を口にした。(中略)
「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ。そんな大人げない流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ」.... 
asahi.com 2007.9.25
「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ。そんな大人げない流行語を首相が作ってしまったのがカナシイ」

「あちこちで聞こえる」って??? 幻聴ですか???
巷でもネットでもこんなフレーズ聞いたことがないのですが....
恐らく天敵だった朝日の社内だけで流行っているのでしょう。

私の周りでは「アサヒしちゃおうかな」っていう言葉が流行ってます(笑)。
もちろん"事実でないことを勝手に捏造する"っていう意味です。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-25 23:03 | News | Comments(1)
ワンセグ機能は必要じゃないんだけど...
ワンセグ携帯、累計1000万台超 搭載率40%迫る

電子情報技術産業協会(JEITA)が11日発表した7月の携帯電話(自動車電話、PHSを含む)の国内出荷台数実績によると、携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」に対応した第3世代携帯電話の出荷台数が累計で1177万5000台となり、昨年4月の本サービス開始以来初めて1000万台を突破した。7月の出荷台数は前年同月の6倍の186万9000台で、全体の出荷に占めるワンセグ搭載比率は36.6%に達した。NTTドコモが冬モデルの全機種をワンセグ搭載にする意向を示しており、ワンセグはカメラに続く携帯の標準機能として浸透してきた.... 
Fuji Sankei Business i 2007.9.12
出荷台数が1000万台を超えたということは、だいたい10人に1人がワンセグ携帯を持っているということになる。

自分は以前から、携帯電話は通話とメールができればいいと思っているので、ドコモの冬モデル以降にワンセグが標準となることに関しては、嬉しくもないし有難くもない。むしろ、使わない機能がついていることよりも、その分、小型化や軽量化、低価格化してくれるほうがまだましである。

もし自分がワンセグ放送を観ようとするならば、モバイルPCにワンセグチューナーを付けて観るだろうし、そもそも日常の生活をする中で、ワンセグ放送を携帯電話の小さい画面で見る機会がどれほどあるのだろうかと思ってしまう。

ただそれよりも危惧しているのは、その昔、NHKのBS放送が難視聴地域の解消を目的として無料でサービスを開始しておきながら、十分普及したところで受信料を取り始めた時のような悪徳行政の匂いをどうしても感じてしまうということである。つまり、ワンセグ受信機が一般に普及した後になって、家庭のNHK受信契約とは別契約がワンセグ携帯にも必須だと変更するのではないかと。
(今は家庭で受信契約があれば契約の必要はない) → NHKホームページ
携帯電話の場合、必ずキャリアと契約しているので、NHKは受信料を課したとしても確実にキャリア経由で徴収できるというメリットがある。

何年か後、ワンセグ携帯に対して無条件に受信料徴収をさせるため、総務省からこんな理由が無理やりつけられるのかもしれない。
「ワンセグ携帯は国策である地上デジタル放送の普及を阻害してるため、地上デジタル放送普及にかかる費用のうちの相応の負担をワンセグ携帯の利用者へお願いするものである」
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-24 23:37 | News | Comments(0)
またまた日本に稼ぎに来ました
ビリー隊長、しこを取り入れた新しい運動を披露

エクササイズDVD「ビリーズブートキャンプ」で人気の米インストラクター、ビリー・ブランクス(52)が22日、神奈川・パシフィコ横浜でジャパンキャンプツアーをスタートさせた。
6月以来2度目の来日で、21日に大相撲を初観戦したビリー隊長は、しこを取り入れた新しい運動を披露。「次のDVDには、もっと相撲の動きを取り入れたい」と“スモウキャンプ”に意欲を見せた....
Sports Hochi 2007.9.22
もう、これは完全に日本は金の成る木、ぼったくりのいいカモにされている。

日本で今年、瞬く間に"時の人"とまでになったビリー・ブランクスにしても、アメリカでブームになったのは既に過去の話。アメリカで売れなくなったので新たな市場として日本をターゲットとしているのは明らか。

DVDの値段を見れば、ビリーの英語のウェブサイトではブートキャンプDVD3本セットは30~40ドル(約3500~4500円)程度。日本では日本語版化していることを考えてもセット価格は2~3倍にも跳ね上がっている。これだけ見ても、いかに日本で荒稼ぎしているかがわかる。

おまけに、今回初めて相撲を見て考えついたという「しこを取り入れた新しい運動」に至ってはどう見てもダイエット運動に結びつけるには無理がある。ここまでされると、そもそもブートキャンプの体系って何なの? と聞いてみたくなる。

こんな単なる思いつきにしか見えない、テキトーな内容でリメークしたDVDが売れると考えているのなら、本当に日本の消費者はなめられている。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-23 22:59 | News | Comments(0)
東京ベイクルーズ
b0024824_2444969.gif竹芝から出航する東京ヴァンテアンクルーズ㈱の東京ベイクルーズを体験。

今回は、たまたま開催された会社のイベントに急遽参加できた形で、2時間で食事つきのクルーズ。(費用は会社が負担)
b0024824_245492.gifまぁ、こういう機会でもない限りなかなか体験しないだろうので、非常に有難い。

別にこれが目当てで出張したわけではありません(本当にたまたまです)...念のため。
b0024824_2451524.gif
b0024824_2452684.gif
b0024824_2454394.gif
b0024824_2595771.gif
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-22 23:44 | Life | Comments(0)
吉兆宝山
b0024824_8575922.jpg富乃宝山 吉兆宝山

原料 : 芋、米麹
度数 : 25%
製造 : 西酒造株式会社(鹿児島県)

昨日から出張中。
浜松町の某酒場にて。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-21 23:54 | Life | Comments(0)
優勝ペアはおまけ?
浅尾・西堀組は3位 優勝は楠原・佐伯組 = ビーチバレー

ビーチバレーのJBVツアー第4戦東京大会は16日、東京都港区・お台場ビーチで本戦を行い、女子の部では初優勝を狙う浅尾美和・西堀健実組(ケイブロス)が、田中姿子・小泉栄子組(フリー)に準決勝で敗れ、ツアー通算8大会連続となる3位に終わった。優勝は楠原千秋(湘南ベルマーレ)、佐伯美香(ダイキ)組で、第3戦宮崎大会に続く2連覇を果たした... (SportsNavi 2007.9.17
万年3位の色モノ選手が記事の主役に扱われて、優勝した実力ナンバー1のペアがオマケの扱い。

日本ビーチバレー連盟は、いい加減人気ペア頼りのツアー運営をやめるべきだし、マスコミももうちょっとまともにビーチバレーという競技を報じるべきだろう。

このままいくら浅尾美和を持ち上げたところで、日本国内でも全く優勝できないんじゃどうしょうもないでしょ。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-17 23:17 | Sports | Comments(0)
タネは得てして単純なもの
b0024824_341576.gif人気マジシャンのタネぜんぶバラします Ver2.0

『裏モノJAPAN』9月号別冊 (鉄人社刊)
 ¥500円 (税込)

セロ、前田知洋、Dr.レオン、マルコ・テンペスト、ピーター・マービィ、デビット・カッパーフィールド等の200のマジックのタネを図解、写真で暴露している本。

これを読んで思うのは、たとえタネがわかっても本物のマジシャンのテクニックの凄いことには変わりはないということである。素人がマネできるレベルではないテクニックを使っているものも数多くあり、それにはホントに感心させられる。

一方、観客にサクラが混じっているストリートマジックはヤラセも同然、ビデオ編集やカメラワーク、画角の死角を使ったマジックももはやマジックではなく単なる特撮。テレビの画面でしか演技不可能なネタは驚きも感動もない。

マジックはエンタテーメントとして気楽に楽しむものだと思うが、そうであってもタネを推理して答えを知りたいのもまた情実。
いずれにしても、良くもまあ思いつくものだという奇抜な発想ばかりで感心することしきりである。
[PR]
by karl.helmut | 2007-09-16 23:04 | Life | Comments(0)