ブログトップ
<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
黒甕
b0024824_22224390.jpg黒甕

種別 : 芋焼酎
原料 : さつま芋・米麹
度数 : 25度
醸造元 : 神酒造株式会社(鹿児島県出水郡)
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-31 22:36 | Life | Comments(0)
新東京タワーは新東京タワーしか考えられない
b0024824_20371280.gifRising Eastプロジェクトという名前で、墨田区押上業平橋地区に新東京タワーの建設計画が進んでいる。
→ Rising East Project HP

来年度に着工して、地上デジタル放送の開始に合わせて2011年度に開業になる。

で、先週からその"新東京タワー"の名前を募集しているのだが、これがどう考えても、"新東京タワー"は「新東京タワー」というネーミングしか思い浮かばない。

b0024824_20373759.gif
それよりも、公募の期間が1ヶ月間(10/26~11/25)というのはちょっと短すぎるような気がする。

実は一般公募は形だけで、著名人の誰かが応募した名前にたまたま決まるというような筋書きが既にできているんじゃないかと、つい穿った見方をしてしまう。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-29 22:43 | News | Comments(0)
年寄りの負け惜しみ
巨人渡辺会長「CSくだらん」

巨人の渡辺恒雄球団会長(81)が22日、都内のホテルでクライマックスシリーズ(CS)第2ステージで屈辱の3連敗を喫し、今季の幕を閉じた原巨人に対し、不満を大爆発させた。まずはCSの存在を否定し、原監督と中日落合監督の采配を比較して敵軍の監督を持ち上げ、自軍の監督をこき下ろした。さらに、ふがいなかった外国人選手にも怒りの矛先は向き、フロント批判まで展開する暴走ぶりだった....
 (NikkanSports.com 2007.10.23
一瞬、読売グループの総帥として、人気の出ないCSデジタル放送「日テレG+(ジータス)」の批判かと思った。(笑)

この人のぼやきというか毒吐きはもうお約束のようなもの。
言ってみれば、オフシーズンの"季節の風物詩"。
この人が喋れば喋るほど、プロ野球人気や巨人人気において確実に逆効果にしかならないということに、本人が一番気付いていないところが何とも滑稽である。

巨人が強ければ「ヒール」としての影響力、存在感もあるのだが、その巨人が勝てなければ、いかんせん単なる「裸の王様」でしかない。
たまにマスコミに登場する盟友の中曽根康弘ともども、「老害は消えゆくのみ」の典型である。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-28 23:31 | Sports | Comments(0)
んなわけないだろ
「賭けマージャン」認める = 妻も参加 - 守屋氏が防衛省聴取に

防衛省の守屋武昌前事務次官が在任中に防衛専門商社「山田洋行」の元専務からゴルフやマージャンなどの接待を受けていた問題で、守屋氏が同省の事情聴取に対し、マージャンをする際は「現金を賭けていた」と認めていることが25日、分かった。賭けマージャンには、守屋氏の妻もほぼ毎回参加。マージャン卓の使用料は「勝った方が払っていた」(同省幹部)という。レートは「点5」と呼ばれる低額で、「庶民的な賭け金だった」(同)としている。(jiji.com 2007.10.25
レートは「点5」と呼ばれる低額で、

ウソつけ! !、1000点50円なんて学生マージャンじゃあるまいし。
こいつらの「点5」って1点5円だろ?
ズッポリ接待漬けになっている腐れ官僚は、往生際の悪さも際立っている。

賭けマージャンと言えば、グッドタイミングで今日の日本シリーズ中継の解説に出ていた東尾さん。
その昔(昭和62年)、西武のエースだった彼が、マンションの賭けマージャンで逮捕された時が確か1000点1000円の東風戦だったという。そして結局、6ヶ月の謹慎の後、引退に追いやられた。

野球人の仮面を被った"賭博師" 東尾修はおそらくこう言うだろう。
「国の防衛トップで世界と対峙している人間が点5なんぞ、ショボすぎる!!」
「人間の度量が小せぇ。クビが怖くて賭けマージャンなんかできるか!!」
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-27 22:14 | News | Comments(0)
一刻者
b0024824_0544470.jpg一刻者

原材料 : 芋麹
度数 : 25度
製造元 :宝酒造株式会社

出張先の夜、川崎にて。
大手酒造の焼酎にしては、まぁ結構いける。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-23 23:54 | Life | Comments(0)
今年も地味な日本シリーズ
【中日】落合監督感涙、2年連続日本Sへ

<巨人2-4中日>◇20日◇東京ドーム
前日までクライマックスシリーズ4連勝と波に乗る中日が効果的な一発と、先発中田の気迫の投球で巨人を圧倒。破竹の5連勝で第1、2ステージを突破し、2年連続で日本ハムが待つ日本シリーズ出場を決めた.... (NikkanSports 2007.10.20
これで今年も地味な日本シリーズに決定。
個人的には、巨人vsロッテの日本シリーズだったら少しは見たいと思うのだけど...

勢いと戦力からしたら中日が有利だと思うが、どっちが勝つにしても、その先にある12月のアジアシリーズ制覇を日本チャンピオンとしての義務として果たしてくれればいい。

それにしても、巨人は今季のプレーオフ制度導入にあたって、パ・リーグや中日などが主張した昨年まで採用していたリーグ覇者への第2ステージ「1勝」アドバンテージを不要として、結局それを押し切ったのだが、終わってみればリーグ覇者の巨人が敗退、2位の中日が日本シリーズ出場権を獲得するという皮肉な結果になってしまった。

まぁ、1勝アドバンテージもらっても結果は変わらなかっただろうけどねぇ...
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-20 22:43 | News | Comments(0)
芋焼酎黒麹仕込 黒壱
b0024824_23203747.gif芋焼酎黒麹仕込 黒壱

原材料 : さつま芋(黄金千貫)、米麹
度数 : 25度
製造元 : 萬世酒造株式会社(鹿児島県)


なんやかんや言って、最近は専ら芋焼酎ばかり飲んでいる。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-19 23:20 | Life | Comments(0)
生誕40周年記念グッズ
b0024824_21574561.gifウルトラセブン40周年記念コイン

1ozカラー金貨(発行限度数:777枚)
販売価格 : ¥189,000(税込)


b0024824_2184382.gifウルトラセブン G-SHOCK

2000本限定
販売価格 : ¥19,950(税込)

b0024824_21583590.gifウルトラセブン生誕40周年記念ワインセット

777セット限定生産
販売価格 : ¥9,800(税込)


b0024824_213158.gifウルトラセブン生誕40周年記念 記念ドリンク「アンヌ缶」

30缶セット
販売価格 : ¥4,500 (税込)


b0024824_21551997.gifウルトラセブン生誕40周年記念 限定フォトパネル 「ANNE」

777枚限定生産
販売価格 : ¥13,440 (税込)

b0024824_21403736.gifウルトラセブン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(3) ウルトラセブン

販売価格 : ¥1,995 (税込)


今年はウルトラセブンの生誕40周年だそうで、ここぞとばかりに便乗商品が出ている。中でも、1オンス金貨の18万9000円はちょっとしびれる値段。

つくづく、ファンでいるのも金がかかる時代である。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-18 22:10 | Others | Comments(0)
これ1本で....そんな訳ないでしょう
「1本で1日分の野菜」ジュース、35品が落第

「1本で1日分の野菜を使用」などと表示された野菜ジュース類の多くは、「厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラム」を下回る量の栄養素しか含んでいないことが、名古屋市消費生活センターの実施した成分分析でわかった。(中略)
35銘柄の分析結果では、総カロテンは15銘柄で目安量を下回り、うち2銘柄の測定値はゼロ。ビタミンCとカルシウムは33銘柄が下回った。カリウムで24銘柄、マグネシウムも30銘柄が目安量に届かなかった。五つの栄養成分すべてで目安量を上回った商品はなく、逆に全成分で下回った商品は13銘柄あった。うち4銘柄は「1日分の緑黄色野菜」「1本で約100グラムの緑黄色野菜」と表示していた....
asahi.com 2007.10.12
この手の話題が出る度に、「そもそも、いったいどういう食生活環境の人間なら、推奨されている1日の野菜摂取量を摂れるのだろうか?」と、いつも思ってしまう。

その昔、ファイブミニの出始めで、食物繊維が摂取できることを盛んにCMで謳っていた頃、ある番組で大塚製薬に対して「食物繊維は、飲み物の形にするとほとんど食物繊維としての成分が劣化(減少)してしまうのでは?」という疑問を投げかけたことがあった。これに対して大塚製薬は、「これでも野菜を食べないのに比べればマシである」というような、ふざけた開き直りの回答をしていたのを思い出す。

普通に考えれば、メーカの謳い文句(これ1本で...)をそのまま信じるほうが甘いのだろう。どう考えても、リットル単位で飲まない限り、あんな飲み物だけでは1日の必要量を摂取できるはずはない。

野菜ジュースというものは、単に好きで飲むものと割り切るべきもので、栄養素を確実に摂取したいのならサプリメントということなのだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-15 23:22 | News | Comments(0)
所詮、無駄な抵抗でしかない
新聞が「必要」92%、「信頼」は87%…読売世論調査

読売新聞社が実施した全国世論調査(面接方式)で、情報や知識を得るために「新聞が必要」と考える人が「どちらかといえば」を合わせて92%に上った。新聞報道に対する信頼度については、「大いに」「だいたい」を合わせた「信頼できる」は87%だった。インターネットなど新たな情報収集手段が広がる中でも、国民の大半が信頼できるメディアとして新聞の役割を極めて重視していた。
調査は、第60回新聞週間(15日~21日)を前に、今月6、7日に実施した.... (Yomiuri Online 2007.10.13
こうした漠然とした問いに対する回答を全面的に押し出してしか自らの存在意義を論じようとしないところが、既に危機感が欠如している表れである。
この手の調査は、調査対象、設問の作り方、問い方次第で答えはある程度誘導できるものである。「必要」、「信頼」はいいが、もし、これから主流になっていくであろうデジタル家電(TV)やインターネットとの比較、選択を問うたとしたら、まず優位な回答が得られないのは明白である。

b0024824_2050238.gif
「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (新書)

谷岡 一郎 (著)、¥725 (税込)
文藝春秋 (刊)

日本の新聞は、発行元が小売店に価格を指定できる再販制度や、地域や読者によって価格を変えて販売してはならないという独占禁止法の例外規定の保護下に綿々と安住して、アメリカの新聞業界では既に行っている、メディアの電子化(ペーパーレス)を想定したビジネスモデルに重点を移すことにまだ及び腰の状態である。

環境問題に対する取り組みが問われるようになった昨今にあって、莫大な量の新聞の製作・配布は、地球資源の浪費という逆風にもさらされている。アメリカほどの早さではないにせよ、情報提供(配信)の速報性、長期保存にも極めて容易で低コストのインターネット配信がニュース配信メディアの主体(主流)にこの先移行していくのは、自明のことであろう。

こんなプロパガンダもどきの調査結果を掲げて世論に訴えたとしても、しょせん無駄な抵抗でしかない。現状に目を背けて旧態依然のモデルに固執しても、主要メディアとしての新聞の終焉の幕は既に上がり始めている。

b0024824_20502451.gif
新聞がなくなる日 (単行本)

歌川 令三 (著)、¥1,470 (税込)
草思社
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-14 22:06 | News | Comments(0)