ブログトップ
<   2008年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ちょっと持ち上げすぎ
東国原知事の自伝ドラマ放送 そのまんま役は高橋ジョージ!

フジテレビでは4月1日、東国原英夫・宮崎県知事(50)の半生を描くドラマ「ゆっくり歩け、空を見ろ そのまんま東物語」(仮題、後10:00)を放送する。知事の自伝的小説を原作に、スキャンダルで行き場を失った芸人、そのまんま東が、苦労をかけた母や亡き父への思いを募らせる中で、故郷・宮崎への愛着を取り戻し、大学へ入り直して郷里再生に立ち上がる、というヒューマンドラマ.... (Sankei.jp 2008.2.22
今や全国各方面でひっぱりだこの東国原知事人気はとどまるところを知らない。メディア的には今最も注目を集められる人物の一人でもある。しかし本来の知事としての評価となると、世間のイメージが先行しているようである。

確かに宮崎ブランドの知名度アップには大きな貢献をしているが、マニュフェストに掲げていた新規立地企業100社や1万人の雇用創出などの公約はほとんど何もできていない。おまけに今議論になっている道路問題については、宮崎に政治力がなかったため整備が遅れているからという理由で道路特定財源にこだわっている。これでは強い知事や有名知事が政治力で道路を引っぱってくることであり、やっていることは族議員と全く同じである。

暫定税率の問題にしても、一般財源化や地方分権化の議論の前に、とにかくこれを廃止されたら宮崎に道路ができないと主張するのは宮崎のエゴでしかない。これだけを見ても、少なくとも東国原知事を"改革派"の政治家とは呼べない。

その昔、「御輿(みこし)は軽くてパーがいい」と、海部総理のことを例えていた政治家がいたが、今、宮崎県の政治を仕切っている古い体質の政治家達からすれば、東国原知事こそ文字通りセールスマン的働きとパフォーマンスさえしてくれればいいと内心思っているのかもしれない。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-27 20:14 | News | Comments(0)
笑いの現場
b0024824_21214391.jpg笑いの現場 - ひょうきん族前夜からM-1まで

ラサール石井 (著) 、¥798(税込)
角川SSC新書


ラサール石井が、自らの修行時代から見ている現在のお笑い界の第一線にいる芸人たちと時代ごとの笑いを、そのエピソードと自身の解説で綴った本。

彼によると、昔の寄席の時代と第一次漫才ブームはネタの時代であり、その後90年代以降の空気の時代、リアクションの時代を経て、今のお笑いブームは再びネタの時代であるとしている。

今やお笑いの一大イベントとなってきたM-1グランプリについては、自らの審査員としての評価方法を明らかにしている。その上で、各審査員の評価基準が十人十色であるところに評価の難しさがあることを、当事者として他の審査員を具体的にあげて語っているところなどはとても興味深い。

お笑いに対して一家言ある人もない人も肩張らず読める書である。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-24 21:28 | Life | Comments(0)
疑惑の銃弾ふたたび
ロス疑惑の三浦和義容疑者サイパンで逮捕

米ロサンゼルス市警は23日、81年にロサンゼルスで妻を殺害したとして、殺人などの容疑で、三浦和義容疑者(60)が米国自治領サイパン島で22日午後逮捕されたと発表した。米捜査当局が「新証拠」を見つけたという。日本では03年に最高裁で無罪が確定した、いわゆる「ロス疑惑」の銃撃事件が再び捜査対象になった。事件から約27年。殺人罪の時効がない米国警察の捜査とともに、世間の注目を集めた「疑惑」は突如急展開し始めた.... (NikkanSports.com 2008.2.24
(アメリカではと言うよりも)カリフォルニア州法では、死刑、終身刑などが適用される重罪については時効はないらしい。アメリカ側で27年経って有罪にもっていける新たな証拠を掴んだということのようだ。

ロス疑惑と言えば、週刊文春で後に編集長となる花田紀凱がデスク時代に仕掛けた報道で、当時(1984年)の多くの国民は、三浦和義に対して「コイツは限りなく怪しい」と思ったハズである。しかし日本国内では、襲撃を依頼された人間等の証言だけでは確たる立証ができずに無罪となり、「ミウラカズヨシ」という名前は、その後いつの間にか「キングカズ」という別の国民的サッカー選手を表す名前に変わっていったものだった。

個人的には、ロス疑惑の話題となると、
「当時ロス市警で捜査官だったジミー佐古田さんはどうしているのかなぁ」
「青山にあった三浦さん経営のフルハムロードはどうなってるのかなぁ」
「良江夫人は確か、当時珍しい赤いソアラに乗っていたなぁ」
「ロス疑惑の前に殺された白石千鶴子さんという女性がいたなぁ」
など次々と、どうでもいい昔の記憶が甦ってきた。

あれから四半世紀以上経ってしまった時の流れを実感。
あぁ、あの時みんな若かった。。。

P.S.
朝のTVで当時の三浦和義さんの映像を見たら、何故か、たむけんを連想してしまった。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-24 14:49 | News | Comments(0)
神の河
b0024824_2122939.jpg神の河(かんのこ)3年貯蔵

種別 : 本格麦焼酎
原料 : 麦、麦麹
度数 : 25度
蔵元 : 薩摩酒造(鹿児島県枕崎市)


かなり久しぶりに飲む「神の河」。
薩摩酒造と麦焼酎の組み合わせはイメージがちょっと合わないのだが、琥珀色の上品さとまろやかな口あたりは相変わらずgood。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-21 23:51 | Life | Comments(0)
危なげなし
日本が中国破る/東アジア選手権

<東アジア選手権(男子):日本1-0中国> ◇20日◇中国・重慶
アウエー特有の激しいブーイングを浴びながら、岡田ジャパンは開催国の中国を1-0で撃破。今大会成績を1勝1分けで勝ち点4とし、23日に最終戦となる韓国と戦う.... (NikkanSports.com 2008.2.20
点差は1点だったが内容的には完勝。再三の追加点チャンスは逃したが、ゲーム自体は完全に支配していて全く危なげない試合だった。

今日のように完全アウェイで、多くの中国のラフプレーと中国寄りの不可解なジャッジがあったとしても、今の日本の実力なら中国、北朝鮮には引き分けることはあっても負けることはまずない。まぁ、最終目標はW杯なので、東アジアのこのレベルに手こずるようでは困るんだけれども。。。

それにしても山瀬はいいねぇ。ゴール前の嗅覚とテクニックはズバ抜けている。内田、田代の鹿島コンビも馴染んできたし、恐らくこれからの代表には欠かせない存在になってくるだろう。

中国は相変わらず今回も民度の低さ丸出しの観戦マナー。
まぁ、オリンピック開催の意味なんてものも永久に理解できないんだろうねぇ、この国の人たちは。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-20 23:43 | News | Comments(0)
ヒラリー最後の悪あがき
オバマ、クリントン両氏陣営 演説盗作疑惑めぐり応酬

(CNN)米大統領選の民主党指名争いで激しく競り合っているヒラリー・クリントン上院議員とバラク・オバマ上院議員の陣営は18日、相手が演説で使用した表現が盗作ではないかとの応酬を展開した。クリントン氏陣営のスポークスマン、ハワード・ウォルフソン氏は、オバマ氏の今年の演説の一部が、マサチューセッツ州のパトリック州知事の演説に酷似していると主張し、「ことばの価値について語るなら、そのことばは自分自身のものであるべきだ」と発言。パトリック州知事はこれを受けて声明を発表し、オバマ氏とひんぱんに考えや意見を分かち合っていることを明らかにした....(cnn.co.jp 2008.2.19
スーパーチューズデイ以降、流れはオバマになってきた。

演説の言葉が盗作だどうのって... あのリンカーンの演説も含めて、名演説といわれているものでさえ引用があるのは決して珍しいことではない。

それにしても、こんなハズじゃなかったヒラリー陣営はもう完全に末期状態。

流れを変えるために最初は涙。
次は夫の担ぎ出し。
最後は醜いネガティブキャンペーン。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-20 22:50 | News | Comments(0)
そんな上手い話が続くわけがない
「ジー社が違法解雇」= NOVA元講師、労基署に申告

経営破綻(はたん)した英会話学校NOVA(大阪市)の元外国人講師20人が15日午前、同社の事業を継承したジー・コミュニケーション(名古屋市)が違法な解雇をしているとして、大阪中央労基署に是正指導を求める申告書を提出した。申告書などによると、ジー社は昨年12月から現在にかけ、1000人超の外国人講師を合理的な理由なく解雇。うち年末年始に一時帰国した約800人に対してはメールで解雇通告するなど、手続きも含めて違法としている.... (jiji.com 2008.2.15
「外国人講師や従業員のうち、希望者は全員雇用します」
「元NOVA受講者は、未消化債権金額に相当するまでは受講料は25%分で優遇します。」



昨年、NOVAの事業の継承権を引き継いだ時点ではこのように豪語していたジー社であったが、どう考えても、普通にこのような条件で事業を続けられるわけがないとは思っていた。
年が明けて、外国人講師は理由をつけて大量解雇、元受講者への優遇措置(受講継続の追加金額は残金額の25%分)は期間を2ヶ月に限定と予想通りの豹変ぶりである。

NOVAの事業委譲が決まって以来のジー社の動きを見ていると、もともと飲食店チェーンを主力事業にしているような(全国的には無名で)弱小会社が、ほとんどタダ同然(NOVAの負債は引き継いでいない)で"NOVA"の看板を得たいだけの魂胆であったことが早くも露見した形である。

結局は"NOVA"の悪徳経営、悪徳商法に騙された講師、受講者が救われることはないという、いつもながらの結末。
悪徳業者の尻拭いをするのはやっぱり悪徳業者。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-16 23:09 | News | Comments(0)
したたかスピルバーグ
「北京五輪」いらだつ欧米…スピルバーグ監督、芸術顧問辞退

米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏は12日、スーダン・ダルフール問題への中国政府の姿勢を不満として、北京五輪の芸術顧問から退くとの声明を発表した。声明で、スピルバーグ氏は「ダルフール問題の解決に向け影響力を行使するよう中国政府に何度も働きかけたが、状況はむしろ悪くなっている」と指摘。「現時点では、自分の時間とエネルギーは五輪ではなく、ダルフールで続く人道に対する犯罪を終わらせることに費やすべきだと結論づけた」として、最終的に顧問への就任を拒否すると述べた.... (FujiSankei Business i 2008.2.14
さすがは"策略家"、スピルバーグ監督。
スピルバーグ監督が中国に対して、スーダン西部ダルフール紛争や人道危機の解決を求めているのは今に始まったことではないが、世界の目がオリンピックで注目しているこのタイミングを上手く狙って中国政府にプレッシャーをかけている。

仮に最初に依頼があった時に断るだけでは、事実として何も表面化することはないが、いったん芸術顧問を引き受ける方向を見せながら辞退するとなると話題になるうえ、世界に向けて中国の人権問題をよりアピール出来るというしたたかな考えを持っているように思えてならない。

今回の件は、少なからず中国政府と北京五輪にとってイメージ低下につながることは確実で、中国にとってはメンツをつぶされると同時に手痛い打撃となっている。

スピルバーグ監督のように欧米の著名人、活動家は外国政府に対する行動でも一貫性と戦略性を持っている。それに比べて、普段声高に人権問題を訴えている日本の市民運動家は、こと中国が絡むとなると途端にダンマリを決め込んでしまう。全く情けない限りである。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-14 23:19 | News | Comments(0)
金時一刻
b0024824_18141010.jpg金時一刻(きんときいっこ)

原材料 : さつまいも、いも麹
度数  : 25度
醸造元 : 小牧醸造株式会社(鹿児島県)

浜松町の焼き鳥「おか田」で飲む。
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-12 23:55 | Life | Comments(0)
外国人の演歌歌手は成功するか?
海の向こうのサムライ、ジェロ、デビュー前に着うた配信開始

日本人以上に日本人の心を持つ奇跡のアメリカ人ENKA(演歌)歌手、ジェロ。ミュージック・ステーションのMトピや、2月6日放送の日本テレビ系朝の情報バラエティー『スッキリ!!』でも大きく取り上げられた彼。その素晴らしいENKAを目撃した人も多いことだろう。現在、インターネット上の動画投稿サイトやTV番組で話題沸騰中の彼が、2月20日、シングル「海雪(うみゆき)」で日本デビューを果たす.... (BARKS 2008.2.6
初の黒人演歌歌手ということで、このところ各メディアで話題になっているアメリカ人、ジェロ。
TVのワイドショー等を巧みにデビュー前のプロモーションがわりに利用しているところなどは、デビュー曲を作詞している秋元康ばりで抜かりがない。
b0024824_21362141.jpg
「海雪」

作詞:秋元 康
作曲:宇崎竜童
(B面:東西南北ひとり旅)

確かに外国人が歌う演歌は珍しいが、"初"の外人演歌歌手といえば、30年ちょっと前のインド人チャダである。当時ターバン巻いてバリバリにコブシを利かせて歌うチャダの姿は、子供心にむちゃくちゃ違和感を感じた記憶がある。

そりゃ、タイガージェットシンのような男が真顔で、

「♪他人の妻です 許してと 別れ言葉が 心に痛い
つらい噂に 負けて別れた 意気地なしだよ この俺は
呼べどはるかな 面影の女~♪」 
(面影の女)

と歌うのであるから当たり前ではあった。
だが、このデビュー曲は話題になっただけでなくそこそこ売れた。

b0024824_21364959.jpg
面影の女(ひと) ※1975年

作詞:山口洋子
作曲:猪俣公章
(B面:やもめのジョナサン)

チャダはデビュー曲のB面の曲名からもわかるように、半分色モノ扱いだったこともあるが、結局(大方の予想どおり)典型的な"一発屋"で終わった。

果たしてジェロはどうなる?
時代は繰り返すのだろうか?
[PR]
by karl.helmut | 2008-02-11 22:32 | Others | Comments(0)