ブログトップ
<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
おわびツアー?
落書き京産大生、停学2週間で消去作業へ

京都産業大(京都市北区)は27日、イタリア・フィレンツェの世界遺産登録地区の「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」に落書きした同大2年の学生3人を2週間の停学処分にした。また3人には現地で消去作業に参加させる方針。旅費などは自己負担になる見通しで、落書きの代償は数十万円にのぼる見通しだ... (NikkanSports.com 2008.6.28
コイツら、その場の勢いで落書きしたなどと言っていたが、普通、太字の油性マジックなど持ってるものなのか? 言い訳からして怪しいとこである。

おまけに処分も、停学といっても2週間だったらほとんど反省にならないだろう。こういう輩には1ヶ月くらいの奉仕活動でもやらせるべきである。現地で消去作業をやらせると言っても、案外、当人達はもう一度イタリア旅行ができて喜んでいるかもしれない。

それにしても、京都産業大学としての処分、対応は素早かった。さすがに私学にとってこのような醜態は、対応を誤ると死活問題になってしまうということが解っているからだろう。こうなると、それより前に女子学生による同様の行為が発覚した岐阜女子短大も、厳重注意程度では処分が甘いという声が出てくるのは間違いない。

ただ、海外の観光地で落書き行為を行っている馬鹿な連中は他にもいっぱいいるだろうし、日本ではこういう話題の場合、往々にして同様の行為が見せしめのように続けてニュースとして出てくることが多い。

迂闊にも海外の観光地で所属明記の落書きをしてしまった輩にとっては、当分気が気ではないだろうが、全ては自ら行った愚行をせいぜい悔やむべきである。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-28 23:40 | News | Comments(0)
FMV LOOX R/A50
ビスタが会社で広がらないワケ

職場でのウィンドウズ・ビスタの導入が、遅々として進みません。弊社のWeb媒体「IT Pro」がこの4月に実施した調査によると、ビスタを採用している企業は全体の3.9%。前年調査時の3.2%と比べ、わずか0.7%しか伸びていません。一方、ウィンドウズXPの導入比率は82.2%。前年の76.9%から5.3ポイントも伸ばしました。ビスタが登場して一年半経過したのに、XPのシェアは落ちるどころか、かえって増え続けています... (PC Online 2008.6.25
b0024824_2026852.gif会社では仕事で使う個人用のPCを4年毎にリース更新していて、ちょうど今がこの更新の時期。そして頼んでいたLOOX R/A50がやってきた。

...で、この機種は元々がVistaプレインストールなのだが、敢えてXPに入れ替え。これにVMの環境でLinuxをインストールして、メールを含めた前のPCの資産を一気に移行した。

まぁ、Vistaなんぞは必要になったところでCDからインストールし直せばいいわけで、でも、恐らく評判の悪いVistaは使わずに、途中でVistaの次のOSということになりそう。

それにつけても何につけても、とにかく新品はいい!!
仕事のやる気が約20%アップ。 (従来比)
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-27 21:33 | Life | Comments(0)
お台場で札幌味噌ラーメン
b0024824_2385624.gif昼飯をお台場アクアシティのラーメン国技館にある「札幌/麺処 白樺山荘」で食べる。
b0024824_2391591.gifこのラーメンフードパーク内には、これ以外に「東京/初代けいすけ」、「群馬/群馬常勝軒」、「静岡/まんてん」、「富山/麺家いろは」、「博多/博多一幸舎」が出店している。

b0024824_2392991.gif札幌/麺処 白樺山荘
味噌チャーシュー (¥980)

麺は中太のちじれ麺。みそは白椛味噌と白味噌をブレンドしたもので、背脂がいい具合にスープに絡んでいる。やわらかいチャーシューも自分好みで、迷わず星五つの評価。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-26 23:26 | Life | Comments(0)
単なるバラ撒き
地デジチューナーを無償支給、生活保護の107万世帯対象

2011年7月の地上デジタル放送の完全実施に向け、国が生活保護世帯を対象に、デジタル放送を視聴するための専用チューナーを無償で支給することになった。また、全都道府県に相談窓口を設ける。23日に固まる情報通信審議会(総務相の諮問機関)の答申案に盛り込まれた。完全実施に伴い、専用チューナーを接続しなければデジタルテレビ番組が視聴できなくなる。このため、チューナー購入が難しい生活保護世帯に対して09年度以降、簡易型チューナーを無償支給したり、アンテナを無償改修したりする.... (Yomiuri Online 2008.6.22
平均すれば毎年2200億円の削減となる社会保障関係費の伸びを5年間で1.1兆円抑制する方針(「骨太の方針2006」)は、あくまで堅持しようとしていながら、地デジチューナー、アンテナを支給する施策にかかる費用が1000億円超と言われているこのデタラメさ。

いったいどこからそんな金が沸き出てくるのだろうか?
これは福祉ではなく完全にばら撒き。その挙句が消費税増税ではたまったものではない。

おまけに、税金と年金保険料をまじめに払ってるせいでワーキングプアになっていて地デジも買えない人たちには、政府はどう釈明できるのだろうか。

こんなことするよりは、NHKのアナログ放送を2011年以降も継続するか、生活保護世帯に対しては、必要な者だけに中古のワンセグ携帯でも配布すれば十分だと思うのだが。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-22 23:15 | News | Comments(1)
橋下劇場、作戦勝ち
橋下知事、労組と徹夜バトル 怒号も 人件費削減案巡り

大阪府の総額345億円の人件費削減案をめぐり、橋下徹知事は20日夜から21日午前にかけての約12時間、府労働組合連合会(府労連、約1万8千人)と府関連労働組合連合会(府労組連、約2万1千人)との団体交渉に臨んだ。交渉は決裂し、人件費を含む財政再建の議論は7月臨時議会に移ることになった。.... (Asahi.com 2008.6.21
橋下知事の賢く、巧いところは、今回に限らず全ての交渉事の場にカメラ、取材陣を入れて内容をオープンにしているところ。府職員側は、自らの言葉が世間に出れば出るほど世間からの逆風が強まっていくという泥沼、自滅状態。完全に橋下知事の作戦勝ちの様相である。


組合側も「破綻していないのに路頭に迷わせようとしている」と切り返し、

民間だったらとうに破産しているというのがまだわからない大阪府職員の馬鹿さ加減にあきれてしまう。職員の平均年収が760万という厚遇でありながら、組合員給与の10%~4%カット案で、"路頭に迷う"という言葉が安易に出てくるところが世間から反発を受ける最たるところ。会社の経営が悪かったら社員に影響が及ぶただそれだけのことである。

「私たちの首よりイルミネーションの方が大事なのか」

イルミネーションのほうがよっぽどアンタらより仕事をしている。

「あなたは権力者。国から(財源を)取ってくればよい」と新居委員長。

「国から取ってくる」という表現が酷すぎる。仮に国からの財源があったとしても、まずは公共サービスに充てるのが当たり前。ニートでもここまでは開き直れない。

それにしてもどうして毎回毎回こんな面白いセリフが出てくるのだろうか。吉本新喜劇見ているよりよっぽど面白い。もしこんなやり取りを"ワッハ上方"でやってたら施設利用も盛況、存続問題に及ぶこともなかったのにねぇ(笑)。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-21 23:39 | News | Comments(0)
わたせせいぞう展
b0024824_21521932.gif


出張から帰る途中、八重洲ブックセンターで開催されていた『わたせせいぞう展 「菜~ふたたび~」出版記念展』に行く。

b0024824_21552833.gif気に入った版画があったので思い切って購入してしまった。

Artist : SEIZO WATASE
Title : たそがれ色のバラード
Technic : 版画(GICLEE)
SIZE : 415 × 360
ED.NO. : 132/200

[PR]
by karl.helmut | 2008-06-19 22:00 | Life | Comments(0)
Docomo 2.0 とは何だったのだろう?
b0024824_23354891.gif4月にブランドロゴを変更したドコモが、これまでの「DoCoMo 2.0」キャンペーンを終了させて、「Answer(答え)」というコンセプトに転換、同時に新しいコマーシャルも投入している。

前の「DoCoMo 2.0」では、多くのドコモユーザから「そのコンセプトは意味が解らん」と冷笑され、単に流行語を後追いしただけのキャッチコピーは逆に陳腐さが目立つ有様だった。結局、「DoCoMo 2.0」でドコモユーザが具体的に変わったと実感できたものはほとんど皆無だった。

今回の最新のCMシリーズでは、成海璃子、堀北真希、松山ケンイチ、爆笑問題など旬なタレントの大量投入は相変わらずであるものの、これまでの的外れなイメージ戦略を少しは反省したのか、「Answer(答え)」と名付けたユーザへの約束事を忠実に対応する姿勢をアピールしようとしている。

ただ残念ながら、この新しいCMを見たところでドコモの「変わった感」は全くと言っていいほど伝わってこない。何故ならば、既に我々の中には、ドコモ = 「変われない会社」 というイメージが定着してしまっているからである。これを払拭することは並大抵のことではないように思う。

折りしも先週、iPhoneの国内販売権争いでもドコモはソフトバンクに敗れたことが判明した。ドコモが一般ユーザに自身の「変わった」ことを実感させるためには、くだらないコンセプトの押し付けでなく、具体的かつ斬新な製品、サービス、技術を提供をしていくことしかないだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-14 23:34 | Others | Comments(0)
大阪人、怒りのフレーズ
岡田監督「ボケッ」 大久保愚行でドロー

岡田ジャパン、手痛いドロー。日本代表は7日、W杯アジア3次予選でオマーンと対戦。前半12分に先制されたものの、後半8分にFW玉田圭司(28)の得たPKをMF遠藤保仁(28)が決めて1-1と追いつき、アウェーでの最低目標の勝ち点1を得た。だが、後半29分にFW大久保嘉人(25)が相手GKに蹴りを浴びせて一発退場。攻撃の要を欠き、8日にタイとアウェー戦(14日)を戦うバンコクに向かう.... (Sponichi Annex 2008.6.8
「僕の方からは(騒動の場面が)よく見えなかったので、(引き揚げてくる大久保に)『何をしたんや?』と聞いた。『蹴ってしまいました』と言うから『このボケ!』と」...

さすがは大阪出身の岡ちゃん、大久保の愚行に思わず大阪流の怒り爆発。

一般に、大阪で他人を罵倒する際の怒りの程度は、
「このアホ!」 < 「このボケ!」 < 「このカス!」
と、順にヒートアップ、喧嘩モードが上がってくると言われている。

それで言うと今回の「このボケ!」発言は、大阪人怒りの最上級ではないものの、岡田監督のかなりの怒りの度合いが伝わってくる。これで、「このカス!」と言われた時にゃ、二度と代表にはお呼びがかからないだろう(笑)。

それよりも、今回のような直接のプレーとは関係ないところでの不用意かつ馬鹿な行為は、これからさらに厳しい戦いとなる最終予選では絶対に許されない。
大久保は、Jリーグでも03、04年と最多警告、通算でも歴代2位タイの9度の退場処分を受けているが、相変わらずこれらから全く反省や成長の跡が見られない。

大久保に対しては、大阪人でない自分も「このボケ!、 死ね!(← オマケ)」と言わせてもらう。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-08 21:52 | Sports | Comments(0)
こりゃ本物!!
競泳:北島ら決勝10種目中5種目で日本新…LR解禁へ

競泳のジャパンオープンが6日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、決勝10種目中5種目で日本新記録が生まれた。いずれも、日本水泳連盟が日本選手に北京五輪での着用を認めていない英スピード社製の「レーザー・レーサー(LR)」を着た五輪代表選手が達成した。LRへの評価は一層高まり、日本水連が10日に開く常務理事会で、同社製の水着着用を解禁することが確実な情勢となった... (Mainichi.jp 2008.6.6
b0024824_013422.gif

目の前で、おまけに調整段階でここまで結果を見せつけられれば、日本水連も異論をはさむ余地はないだろう。

これを見るまでもなく、北京五輪はレーザー・レーサーが席巻することは容易に想像がつく。そしてこの流れは間違いなく国内の中高校生レベルまですぐに及ぶことだろう。

すでに国内でもレーザー・レーサーの水着が販売されている。
男子用が45,000~48,000円、女子用が68,000~74,800円と結構な値段。
→ 楽天市場

レーザー・レーサーを持てる者だけが勝てるとなると、スポーツの世界まで格差社会になってしまうのか。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-06 23:37 | Sports | Comments(0)
なぜ素直に茨城空港にならないのか
茨城空港 名称も迷走 公募棚上げ、異論相次ぐ

二〇一〇年三月に開港する茨城空港(茨城県小美玉市)が、名称の見直しをめぐり揺れている。橋本昌知事が「首都圏茨城空港(トーキョー・メトロポリタン・イバラキ・エアポート)」への変更を提案したところ、各方面から異論が相次ぎ、代案も飛び出した。議論は熱を帯びる一方だが、名称は公募で選んだ経緯があり、すんなりと結論を出せそうにはない.... (Tokyo web 2008.6.3
新幹線が通っている都府県の中で唯一駅がない県、茨城県。
全国で唯一民放のTV局がない県、茨城県。

加えて、これまで通常の旅客業務を行う空港がない県だっただけに、悲願の開港だというのは分からなくもないが、茨城がなぜ「トウキョウメトロポリタン」になるのか理解不能。東京への憧れ、コンプレックス丸出し。セントレアと同じくらいのセンスのなさである。

しかし、開港を前に未だ就航路線が一つも決まらないという異常事態にあって、ネーミング云々の議論をしている暇など果たしてあるのだろうか。

これを茨城空港という存在が話題になったことでの宣伝効果があったと見るか、それとも茨城に空港を作る意味がないことがはからずしも全国に知れ渡ってしまったマイナスと見るか....
恐らくは後者であろう。

いずれにしても、公募で決めた名前を爺共が勝手にに変えようとするのはおかしいし、県を代表する知事が地元を誇れないのではこの先茨城の行く末は危うい。
[PR]
by karl.helmut | 2008-06-05 22:21 | News | Comments(0)