ブログトップ
<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
サザン30周年記念LIVE
b0024824_17212662.gif

来年からの無期限活動休止を発表しているサザンであるが、8月16日、17日、23日、24日の4日間、日産スタジアムにて活動30周年を記念して行ったライブの最終日のステージの模様が、『 Southern All Stars 30th Anniversary Live!!』と題して、昨晩深夜、全国FM53局で同時オンエアーされた。もちろん我が家のコンポでエアチェックすることも怠らなかったが、FM番組を録音するのは(いつ以来か)超久しぶり。

先にテレ朝で放映された1時間のダイジェストとはまた別編集で、こうして聴くサザン30年の曲の数々は、そのままその時代の自分の思い出とクロスオーバーするものがあり、懐かしい曲の次々に聞き惚れてしまった。

サザンの公演史上最大曲数となる46曲を歌ったこのライブの完全版は、公演の最終日を生中継したWOWOWで再び10月に放映されるとのこと。これも要録画である。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-31 19:27 | Others | Comments(0)
アナタは要りません
香取 W杯アジア地区最終予選応援団長就任

SMAP・香取慎吾(31)が、テレビ朝日で地上波独占放送される「2010 FIFAワールドカップアジア地区最終予選」の応援団長に就任し、25日、東京・六本木の同局で行われた応援バナー除幕式に登場した。4年前に続き2度目の応援団長就任。前回はスタジアムへ応援に行った4試合はすべて日本が勝利した「不敗神話」を持つ香取は、出席した日本代表のDF中沢祐二に「絶対勝って下さい」と話しガッチリ握手。香取は「前回のみんなの盛り上がりといい日本代表への思いが忘れられない。またやらせていただけて、とにかくうれしい。全身全霊で応援したい」とこん身の応援を誓っていた... (Daily Sports 2008.8.26
何を聞かれても、ボキャ貧まる出しで、「絶対に勝ちます」しか言わない慎吾クンの季節がまたやって来る。

コイツを好きになれないのは、普段サッカーの応援とか全くしてない奴のくせに、応援団長とか呼ばれてただ騒いでいるだけのところ。同じSMAPでも、中居は本当に野球(巨人)が好きなのがにじみ出ているが、香取にはそれが微塵も感じられない。

せめて"応援団"と名乗っているならまだしも、W杯最終予選の時しか出てこないで何が "応援団長"なのか。恐らくこのあいだの反町ジャパンなど、ほとんど興味もなかったに違いない。せめて名乗るなら、「テレ朝サッカー中継応援団」くらいがお似合いである。

「全身全霊で応援したい。本当は全試合に足を運びたい」

↑ 早くも全試合応援しに行く気はないらしいです。

いいかげんテレ朝は、真剣勝負のW杯予選をバラエティ化するのをやめて欲しい。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-28 20:40 | Sports | Comments(0)
軽自動車撲滅の法律
「排気量」から「CO2排出量」へ 経産省が自動車税制の変更検討

経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直し、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ... (Sankei msn 2008.8.24
欧州の自動車税は既にこの方式で、ディーゼル車は燃焼効率がガソリン車より良く、Co2排出が少ないため税金が優遇されている。そのため既にディーゼル車の比率が増え、車種の主流となっている。

ただ、納税者でありドライバーの立場から言うと、課税の基準をCO2排出量で決めるというなら、年間走行距離も併せて考慮して課税しないとどうも納得できない。リッターあたりのCO2排出量が少ない車でも走行距離が多かったら当然総排出量は多いわけで、その意味ではこれこそガソリン税とパッケージで税制体系の議論をすべき問題である。

おまけに、この法律が施行されると、現行で税金が極端に優遇されている軽自動車が売れなくなるのは明らかである。スズキ、ダイハツにとっては、会社の存亡に関わる問題になりかねない、"軽自動車会社殺し"ともいえる法律である。

それでなくても新車が売れない時代であるのに、このような自動車税制の大幅変更が噂されると、先行きが見えるまでさらに自動車の買い控えに拍車がかかるのは確実だろう。

トヨタが必死にCMしている「エコ替え」という名の企業エゴも醜いが、もし自動車税体系を変更してCO2排出量の少ないエコ車の買い替えを促進するのなら、買い替え時の税優遇も当然あるべきだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-27 20:43 | News | Comments(0)
日本の金メダルは9個
金9個、日本のメダル数確定

今大会、日本選手の出場は男子マラソンで終了。日本のメダルは金9、銀6、銅10。史上最高成績だった前回アテネ五輪(金16、銀9、銅12)を下回った。(NikkanSports 2008.8.24
最後のメダル可能性(あくまで論理上)のある男子マラソンが朝からあったが、10kmも待たずにトップ集団はケニヤ、エチオピア、モロッコ等のアフリカ勢中心に絞られ、日本選手はほとんど映像に写らない展開。おまけに終始写っているトップ集団は皆黒人ばかり、ぱっと見、ほとんど選手の見分けがつかない状態で、早々と観る気もうせてしまった。

これまでのオリンピックのように勝負重視の展開でなく、ここまでの高速レースになると、もう日本選手の出る幕はない。トラックの5000m、10000mの勝負と同じように、マラソンもアフリカ勢の独壇場、もはや日本選手とは別次元の勝負になってしまった。
それにしても、起伏のないコースだったにせよ、この季節のこの気温で2時間6分台の記録はただただ凄いの一言である。

ところでマラソンが終わったことで、今大会の日本の金メダル数が9個で確定。
8個の予想をしていた自分は、終盤に来て8個で決まったかに見えた時は内心ほくそ笑んでいたのだが、女子ソフトの大金星で予想的中がスルリと逃げてしまった。

まぁ、惜しかったが、予想より多いほうでハズレたので良しとしましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-24 17:11 | Sports | Comments(0)
星野ジャパン打てなすぎ
金メダル消え、ぼうぜん=星野監督「おれの責任」〔五輪・野球〕

「すべておれの責任」。金メダルの使命を託されていた闘将は声を絞り出した。22日に行われた北京五輪の野球準決勝で、星野ジャパンは宿敵の韓国に2-6で逆転負けした。野球にとって最後かもしれない五輪。悲願の達成は泡と消えた。4点を追う9回表、2死。代打で打席に立った阿部慎之助選手(29)の飛球が相手右翼手のグラブに収まった。腕組みをして立っていた星野仙一監督(61)は下を向き、いったんベンチ裏に消えた。マウンド近くで抱き合う韓国の選手をぼうぜんと見詰める日本のナインら。腰掛けたベンチからしばらく立ち上がらない選手もいた... (jiji.com 2008.8.22
2年前のWBCの再現を願っていたが、今回はあまりに打てなすぎた。あまりにケガ人が多すぎた。
おまけに不調の岩瀬へのこだわりや、終わったら後がない試合であるにもかかわらずエースのダルビッシュを出し惜しみするなど、星野さんの選手起用にも疑問が残った試合だった。

あの韓国に大言、高言させないためにもここはキッチリ勝ちたかったところだが、今回予選リーグと合わせて2連敗してしまっては、もう手放しでアジアの盟主とは言えなくなった。それに結果だけを見れば、予選リーグの時点で3敗するようではそもそも金メダルはムリだった。

それにしても、またもや日本戦で打ちまくった巨人のイ・スンヨプは、今シーズンほとんど1軍の試合に出場せず、巨人が2軍で十分調整させてやってオリンピックに臨ませたようなもの。いったい読売は何のために給料を払っているものやら。。。

星野さんは、北京でメダルを獲って次のWBC日本代表監督へというレールが引かれているとも言われているが、これで明日の3位決定戦で勝たなければ、あの性格からしてWBCの監督要請は受けなくなるのではないだろうか。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-22 23:16 | Sports | Comments(0)
2009年手帳
b0024824_2211356.gif今年もまだ4ヶ月以上残っているというのに、早々と来年の手帳を買う。

このところ3年間は「ほぼ日手帳」を使っていたが、もうちょっとコンパクトなものがいいと思いだしたため、今度の手帳はやや小さめのをセレクト。
これでも、マンスリースケジュール、ウィークリースケジュール、横罫メモ、アドレス、パーソナルデータ、主要都市地下鉄/電車路線図など情報収容量は満載。

b0024824_2213295.gif昔から何につけても準備は早めにするのが私の主義。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-18 22:20 | Life | Comments(0)
新「石井語録」
五輪柔道:石井が金 男子100キロ超級

北京五輪第8日の15日、柔道の男子100キロ超級で、五輪初出場の石井慧(さとし)(国士舘大)が金メダルを獲得した。日本勢の金メダルはこれで6個目。石井は初戦の2回戦から準決勝まで4試合連続の一本勝ち。決勝ではアブドゥロ・タングリエフ(ウズベキスタン)を攻め続け、相手に指導が2回与えられて優勢勝ちした... (毎日.jp 2008.8.15
試合も完璧だったが、何より世間に「石井語録」を爆裂させた彼の魅力に悩殺されてしまった。

アナ 「オリンピックのプレッシャーは?」
石井 「ありませんでした、こんなこというのもあれなんですが、五輪のプレッシャーなんて斉藤先生のプレッシャーに比べたら屁のツッパリっにもならないっス!!」

石井 「これが国士舘の柔道っス!!」

石井 「最後10秒で逆転されたら何にもならない。勝負に徹しちゃいました。人間味があるでしょ」

アナ 「この後何がしたいですか?」
石井 「遊びたいっす!!」
アナ 「ありがとうございました」
石井 「いや練習したいっス!!」

極めつけはコレ。
これで日本に生きて帰ることができる。ホッとしてます」

今どき北朝鮮や韓国の選手くらいしか聞かなくなったこのフレーズ。
日本選手が忘れてしまっているこの気概がイイ。
インタビューの中でストレートに国士舘大学をアピールする直情さもイイ。

それにしても、柔道を貫こうとした鈴木桂治は敗れ、JUDOに対応した石井慧は金メダルを獲った。明らかに世界のすう勢になっている"JUDO"に、日本柔道界の対応は急務である。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-15 23:45 | Sports | Comments(0)
館林にいます
b0024824_84561.gifなぜか(仕事で)昨日から館林にいます。
昨年、日本最高気温の記録(40.2℃)を塗り変えたあの館林です。
群馬県に滞在は初めてなんですが、ここは見事にのどかな田舎町です。

← ちなみに館林駅前
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-14 23:55 | Life | Comments(0)
これが今の限界
巨人谷が亮子の銅「僕には金色に見えた」

金色の銅メダル-。谷亮子の夫で巨人谷佳知外野手(35)が、5大会連続メダルを獲得した妻をねぎらった。この日は都内でテレビを見て応援。3連覇こそ逃したが、子育てと競技生活を両立させてつかんだ銅メダルに「僕には金色に輝いて見えた」と話した... (NikkanSports 2008.8.10
個人的には田村選手の時代から、アニメの"猪熊柔"とは似ても似つかぬイメージのくせに"ヤワラちゃん"と言っているところが好きではなかった(笑)。それでも、女子柔道の黎明期の山口香、田辺陽子が引退後、日本の女子柔道界を牽引してきた功績には評価をしている。

ただ、今回は、オリンピックの代表選手選考を兼ねた全日本選抜で谷選手は優勝できなかった(それでも代表に選ばれたことに国内では異論もあった)。国内でさえ勝てなくなった彼女は既に往年の技のキレはなく、駆け引きだけで戦ってきた最近の戦法ではこの結果が限界だった。
上背がないため、組めば不利なのが解っていたので離れて戦うしかなかった。それがゆえ、最後に指導を受けて敗れた判定には納得せざるを得ないだろう。

ところで、夫の谷選手には(銅メダルも)「金色に輝いて見えた」そうだが、それは当たり前。

だって、"金"と"同じ"と書いて"銅"なんだから....

お後がよろしいようで。
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-10 11:56 | Sports | Comments(0)
モチベーション下げてどうすんの?
「せいぜい頑張って」五輪代表を福田首相流?激励

福田康夫首相は8日、北京五輪開会式を前に日本選手団を激励するため選手村を訪問、あいさつした。ただ、「まあ、頑張ってください。せいぜい頑張ってください」とか「私はね、日本国民のためにメダルをいくつ取ってくれなきゃ困るなんてこと言いません。余計なプレッシャーかけちゃいけないと思って自制しているんです」などと、しばらく鳴りを潜めていた軽口を連発させた... (Sankei.jp 2008.8.9
せいぜい頑張ってください」

”せいぜい”という意味には、
①精いっぱい、できるだけ
②たかだか(できるだけ多く見積もってもその程度)
両方の意味があるが、通常使うシチュエーションとしては、②の場合がほとんど。本人はそういうつもりはなくても、「せいぜい頑張って」はどう考えても激励ではなく、 皮肉にしか聞こえない。

最近のオリンピック選手の中には、成績は二の次で、「でも楽しんでやれました」というようなコメントを平気で言う者も多いが、いうまでもなく、オリンピックにかかる費用は国民の税金から出ている。

石原都知事が、オリンピック壮行会で選手達に言った言葉、
「膨大な国費を使って行くんだから、体を張って死ぬ気で戦ってきてほしい」

この意見には激しく同意である。

片や、福田首相の「せいぜい頑張ってください」という言葉に返す言葉はこれだけ。

「オマエもな!!」
[PR]
by karl.helmut | 2008-08-09 23:47 | News | Comments(1)