ブログトップ
<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
懲りないねぇ
ポール・マッカートニー、49歳の女性と3度目の再婚へ

ポール・マッカートニーは、以前から噂されていた新恋人のナンシー・シェヴェルと、3度目の結婚をすることになるようだ。英紙『Daily Mirror』が報じており、ポールはこの再婚について「僕らは一緒になることができて、とてもハッピーだ」と友人に語ったという... (MySpace 2009.1.27
昨年、前妻から47億もの慰謝料をとられたあげく離婚したポール。
66歳になってさすがにもう結婚は懲りたのかと思っていたら、さにあらず。

まさか、今回もまた莫大な財産を"切り売り"する結果にはならんでしょうなぁ。

「人間は判断力の欠如によって結婚し,
 忍耐力の欠如によって離婚し,
 記憶力の欠如によって再婚する」

  by アルマン・サラクルー(フランス、劇作家)

.....と、昔の人も申しております。

ジョン、ジョージは既に亡くなり、リンゴは世間から離れて引きこもった状態。
ビートルズ絡みの世間へのお騒がせネタは、これからもポールが一手に引き受けることになるんだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-29 23:13 | Others | Comments(0)
さらなる嫌がらせ
地デジ移行、来年度中に一部で先行 技術面で検証

総務省は2011年7月の地上デジタル放送への完全移行に向けて、特定の地域を対象に、現行のアナログ放送が見られなくなる措置を来年度中に先行実施する。完全移行を前に、技術面の課題を中心に検証するため。今年度内に、対象自治体を決定する。地デジの視聴に必要な専用チューナーの配布方法などについても細部の検討に入った。新事業の名称は「完全デジタル化のリハーサル」。ただ実態は、地域限定でのアナログ停波と地デジ移行の先行実施に近い。アナログ放送の受信環境がその後、復活することはないという。(Nikkei.net 2009.1.25
実態は、地域限定でのアナログ停波と地デジ移行の先行実施に近い。
アナログ放送の受信環境がその後、復活することはないという。


【総務官僚OBらが天下り理事として名を連ねる地デジ関連法人での会話】

「これだけ地デジ移行CM垂れ流しても、未だ世帯普及率40%台だし...」
「テレビ画面に"アナログ"って出して嫌がらせしても全然効かねえし...」
「こうなったら再来年待たずにもうどんどんやっちゃおうぜ」
「さすがにアナログで見えなくなったらテレビ買い替えるしかないだろ」

新サービス追加の実験を先行してやるならともかく、現サービス打ち切り(強制移行)を検証と称して一般の地域で先行してやろうとは、いかにも小賢しい電波族官僚らが考えそうなこと。

どうか私の住んでる地域が選ばれませんように。アーメン。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-27 22:00 | News | Comments(0)
よせばいいのに
オグシオ潮田玲子 芸能界本格進出

北京五輪バドミントン女子代表の美女アスリート・潮田玲子(25)= 三洋電機 =が、小椋久美子(25)= 同 =との「オグシオ」ペア解消後、単独で初めてテレビのバラエティー番組に出演することが24日、分かった。2月19日にNHK総合で放映される「きよしとこの夜」(後10:00)にスペシャルゲストとして登場。2月にはファッションショーへのデビューが決まっているなど、今後は芸能界へも足場を広げていく... (DailySports 2009.1.25
北京五輪後、いったん現役引退をほのめかした時点で芸能界入りを意識しているんだろうとは思っていたが、まぁ予想どおりという感じ。

オグシオペアの解消を発表した時も、周囲からは「もったいない」という声が多かったが、それは選手で「オグシオ」と呼ばれる姿が一番輝いていると誰もが思っていたから。なんだかんだマスコミや周りがチヤホヤ持ち上げるから本人も勘違いしてしまっている。よっぽどメディアに露出している浅尾美和が羨ましかったのだろうか。

巷でちょっと美形の部類という程度で、バドミントンをとったら何が残るでもなし。例え芸能界に入っても、彼女の明確なポジションはないだろうし、話題性だけでとりあげられる賞味期間は決して長くはないだろう。

人気があって魅力があったのは、あくまで女性アスリートとしての潮田玲子。
選手としても芸能人(?)としても中途半端で、いつの間にか忘れられてしまうのであればちと惜しい。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-26 21:33 | Others | Comments(0)
帰ってきた朝青龍
「帰ってきました!」= ファンもアンチも熱狂、朝青龍復活

優勝決定戦の熱気が残る東京・両国国技館に、朝青龍の太い声が響いた。「朝青龍が帰ってきました!」。25日、千秋楽を迎えた大相撲初場所。場所前から進退騒ぎで耳目を集めた「主役」が、本場所では派手な復活劇を演じてみせた。(中略)
日本相撲協会の九重広報部長(元横綱千代の富士)は「誰もが想像しなかった優勝」とたたえつつ、「毎日けいこをしてきた者が勝つようにならないと。やってきた者に(賜杯を)つかませたい」。けいこ不足の朝青龍が復活を果たす現状にも目を向けた。 (jiji.com 2009.1.25
場所直前のけいこ総見での状態の悪さは一体何だったのか?
終わってみれば"感動、奇跡の復活"では、あまりに出来過ぎ、三文芝居でもなかなかこうはいかない。

相撲協会は長い間人気低迷で苦労してきたのに、まさか人気回復の救世主が"品格不良"で手を焼いていた朝青龍になるとは皮肉なものである。

元横綱千代の富士は、「毎日けいこをしてきた者が勝つようにならないと。やってきた者に(賜杯を)つかませたい」

NHK実況の舞の海と北の富士も、
舞の海「あまり練習量って関係ないんですかねぇ? 横綱だった北の富士さん?」
北の富士「参ったねぇ.....」


協会や親方、OB連中も、"強いヒール"朝青龍に対しては複雑な心境を隠し切れない。

果たして、朝青龍は相撲協会にとってこれからも救世主でい続けるのか?
それとも従来の相撲道に反する異端児としてさらに増長していくのか?

まあ当面、大相撲が面白くなってきたことだけは間違いない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-25 23:37 | Sports | Comments(0)
熊本だったら「陣太鼓」
熊本が2種類ロゴ、「陣太鼓」を採用

J2熊本が今季から、ユニホームの胸部分に2種類のロゴを使用すると24日、発表した。従来の「武者がえし」はファーストユニホーム、新たに「陣太鼓」のロゴをセカンドユニホームに採用する。昨年、J理事会で2種類のロゴ使用が解禁されたことを受けて、主にアウェーで着用するセカンドのロゴを変更した。両方とも熊本市内の「お菓子の香梅」の菓子名で、同社では「敵陣で勝利をつかみ取ってほしい」とロゴ変更の意図を説明している。(NikkanSports 2009.1.24

b0024824_20582822.gif昨年、ユニフォームの胸スポンサー変更(高橋酒造→お菓子の香梅)により、「白岳」から「武者がえし」へ胸ロゴの変更をしたJ2ロアッソ熊本。今年はそれに加えて、ユニフォームの胸ロゴに「陣太鼓」が追加になった。

Jのチームで漢字、ひらがな名の胸スポンサーは、「はくばく」、「亀田製菓」、「富士電機」、「京セラ」、「白い恋人」とか他にもあるが、それらよりこの「陣太鼓」は、ロゴも含めてずっとカッコいい。何より、"戦い"という場に合っている。


あまりに見た目のインパクトが強烈過ぎて、パンツのスポンサー「CocaCola」が霞んでしまっているほど。これがもし「いきなり団子」だったら、ちょっとサマにならない(笑)。

なんか、無性に陣太鼓が食べたくなった。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-24 21:29 | Sports | Comments(0)
お決まりのフレーズなんだけど
ご都合解釈で『消費増税』決着 時期は別法律

自民党を二分する対立に発展した消費税率引き上げ問題は22日、2009年度税制改正法案の付則に引き上げ時期を明記しない玉虫色の決着となった。反対派議員も、党分裂を懸念した執行部の説得に応じて矛を収めた。ただ、「11年度までに必要な法制上の措置を講じる」との付則の文言は、首相サイドと反対派の双方がご都合解釈している... (東京新聞 2009.1.23
「私がずっと申し上げてきた...」

もう麻生さんの口癖になってるんだろうが、それが伴っていないのに強弁するところが滑稽で、聞いてる人が完全に呆れているということに本人は気づいていない。

一国の首相の発言に対して、すでに国民からは「麻生さんはどうせ言葉(内容)を変えるから」と軽く見られているところが情けない。

(野党の「首相はぶれた」との批判には)「全然見解が違う」と反論した。

(これまでの麻生首相の言動について)浅野前宮城県知事は、
「本当はぶれてるのに、『自分はぶれてないですよ』という姿勢がぶれてない」という皮肉を込めた解説をしていた。
まさに言い得て妙である。

でも、もしかして漢字の読み間違えだけでなく、本当に「一貫して」とか「ぶれる」という日本語の意味を間違って使っているわけじゃないよね? 麻生さん。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-23 23:45 | News | Comments(0)
CM好きだったんだけど...
「ジュエリーマキ」民事再生法を申請

全国で「ジュエリーマキ」などの宝飾店を約190店展開する三貴(東京)は21日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約117億円。民間調査会社の東京商工リサーチによると、三貴はピークだった1990年代に全国で1200店を展開し、年間売上高は1853億円まで成長した。その後、販売不振に陥り、経営再建を進めていたが、最近の急速な景気悪化で08年8月期の売上高は205億円に落ち込み、経営が行き詰まったという。店舗の営業は続ける。(YomiuriOnline 2009.1.21
ジュエリーマキと言えば、特に80年代から90年代にかけて、有名女優、歌手に音楽を乗せたテレビスポットCMを、深夜に集中的に垂れ流していたという記憶が強く残っている。

思い起こせば、一番最初に見た「Foxy」の曲にのったスーザン・アントンのCMのインパクトは強烈だった。ファラ・フォセット・メジャースの「いつだって男は負けよ」というコピーにはシビレた。ほかにダイアン・レイン、シャロン・ストーン...
歌っていた歌手では岩崎宏美、荻野目洋子、鈴木雅之、B'Zとかを思い出す。(我ながら古すぎる !!)
ジュエリーマキのCMのシリーズは、それくらい話題性と印象度では群を抜いていた。

それにしてもこの業界でのピーク時の全国1200店舗というのは、今の不況のご時世ではちょっと考えられない凄さ。数だけで言うと、今のam/pmとかの中位コンビニチェーンの店舗数に匹敵する数である。

不況による貴金属離れに加えて、若者が結婚しないから指輪の需要も望めない....
ダイヤモンドの輝きは永遠かもしれないが、商売の繁栄は長くは続かなかったということか。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-21 23:42 | News | Comments(0)
所詮はスポンサー頼りのイベント番組
「鳥人間コンテスト」休止 読売TV、制作費見直しで

読売テレビは16日、全国放送されている人気番組「鳥人間コンテスト選手権大会」を今年、全社的な番組制作費見直しの一環で休止すると発表した。番組は1977年に始まり、自作の人力飛行機で飛行距離と飛行時間を競う内容。読売テレビによると、参加者の安全な飛行のため大掛かりなセットや救助システムを組んでおり、予算削減を理由に安全面を軽視できないためという。2010年は開催の予定。(47news 2009.1.16
在京キー局以外が制作している番組で、長年続いているコンテストというところが結構好きだったんだが......
お決まりの「不況による番組制作費削減」という理由だけで、それなりの支持、話題性のあったこの大会がなくなるのは寂しい限りである。

思い起こせば、大会開始初期の頃の参加者(チーム)は、人間の体に翼のようなものをつけて飛行する程度だった。それが回を重ねるにつれて本格的な人力飛行機の競技大会になってきて、飛躍的に飛行記録が向上、大会規模も拡大してきたため、それに伴い安全性等を考慮した設備、運営にかなり金がかかるようになったという事情も頷ける。

ただ、こうなってみると、見ている側は大学の航空工学系の研究室やサークルが参加する多少なりとも学術的評価があっての大会(番組)だと思っていたのが、実は、テレビ局の事情に簡単に左右されてしまう単なるイベント番組の一つに過ぎなかったという現実には、ちょっとがっかりである。

それにしても、さりげなく

2010年は開催の予定。とあるが、

来年は必ず大会を開催できるという予算確保の裏付けはあるのだろうか?
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-18 20:48 | Others | Comments(0)
エコ替えイコールエゴ替え
エコカーへの買い替え、秋田県が補助制度…上限は20万円

秋田県は、2001年12月以前に登録された自動車を、低燃費で環境性能に優れたエコカーに買い替えた場合、車両本体価格にかかる消費税分(5%)を県と自動車販売会社が半分ずつ負担する制度を今月から始める。業績が低下する自動車産業の下支えと環境対策がねらいで、総務省は「聞いたことがない取り組み」としている。14日の臨時県議会で7億円の補正予算案が可決された。世界的な不況を背景に、新車の販売不振に悩む日本自動車販売協会連合会秋田県支部が県に持ちかけた... (Yomiuri Online 2009.1.15
新車の販売不振に悩む日本自動車販売協会連合会秋田県支部が県に持ちかけた

モロ、特定業界だけを潤すために税金を垂れ流す癒着構造と言われても仕方がない。

確かに自動車産業の不振が象徴的にマスコミに取り上げられているのは事実だが、モノが売れないのは何も自動車産業だけではなく、家電や小売、建設・不動産、服飾などほとんど全ての業界変わりはない。
それでも、県の税収や雇用に影響がある愛知や広島でやるならまだわからなくもないが、何で秋田でというナゾ?

取ってつけたように"環境対策"にまで言及してはいるが、これはまるであの悪評高いトヨタの一人よがり「エコ替え」キャンペーンそのまま。"環境"を言うなら、"できるだけ公共交通機関や自転車に乗る"→"クルマを買わない"のが一番いいのは判りきっている。

自動車メーカーが本当に環境問題に取り組むというのなら、自社の関連従業員をもっとバス通勤か自転車通勤に切り替えさせるようなことをやればいいし、エコカーを売りたいなら、まず自社で働いている若年労働者に車を買ってもらえるような待遇・環境改善を先にやるべき。

「エコ替え」キャンペーンなるものを展開したところで、所詮"環境"にかこつけたご都合勝手主義ということは一般消費者はお見通しである。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-17 23:03 | News | Comments(0)
日本プロ球団必死
佑ちゃんメジャー流出阻止へ12球団説明会

プロ野球による史上初の「球団説明会」が、今年中にも開催される可能性が高まった。プロとアマチュア3団体は14日、都内で協議し、プロ側がアマ選手に対する説明会の開催を正式に要望、アマ側も賛同の意を示した。新日本石油ENEOSの田沢純一投手(22)が昨年、日本のプロを経由せずレッドソックス入りしたこともあり、優秀な人材の海外流出防止を念頭に置いたものとみられる。開催時期はこれから協議されるが、早ければ今オフには10年ドラフト候補の早大・斎藤佑樹投手(2年)らを対象として説明会を行うことになりそうだ... (NikkanSports.com 2009.1.15
さながら"日本プロ野球版会社説明会"という就活イベント。

12球団合同でやるとなったら、年俸や引退後の待遇、関連グループ企業のコネクションとか球団格差があからさまになって弱小球団にとってはキツイ面もあるが、逆に言えばそれくらいメジャーに対する危機感を本気で意識しだしたということ。

おそらく、実態はメジャーの悪口をさんざん言って洗脳するための会(笑)。
ゲスト講師として、井川、福盛、薮田、中村(紀)らが登場???

「入る前にどんな企業か(球団の)母体を知るのは大切」
ソフトバンクとかオリックスは、親会社の企業体質や財務状況が知れたらマイナス効果になったりして......

現状では、マジで球団経営の熱心さ、まともさで話しをしたら、球場や練習施設の環境面や各種保障契約等の面では日本のプロ球団はメジャー球団の足元にも及ばない。

つまるところ、日本の球団は上っ面の対応でなく、アマチュア選手に『日本でプレーしたい』と思われるような魅力のあるチーム作りや環境整備を真剣に考えるべき時期にきたということだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2009-01-15 21:31 | Sports | Comments(0)