ブログトップ
<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
早くも大コケの予感
今後に期待!?小林麻耶アナ、厳しいスタート

30日にスタートしたTBSの報道番組「総力報道! THE NEWS」の初回の視聴率が5.9%(午後5時50分~)、7.1%(同6時45分~7時50分、いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが31日、分かった。TBSを退社しフリーになった小林麻耶アナ(29)を看板に船出したが、6時台にニュース番組を放映している民放4局の中では一番低い数字に。7時台では「NHKニュース7」が17%を記録し、約10ポイント差をつけられるなど、苦しい立ち上がりとなった。月曜7時はこれまで「関口宏の東京フレンドパーク」が放映され、12%前後の数字を出していた... (Sponichi Annex 2009.3.31
これは間違いなく半年で大きく構成が変わるか、1年で打ち切りもしくはリニューアルだろう。今回の番組改編で「TBSが変わる、TBSを変える」と大々的にPRしていた一つの柱が、早くも大コケの予感。

そもそもゴールデンにかかる時間帯で、NHKが30分でやるニュースを2時間かけてやる理由がわからない。TBSはいったいどういう視聴者の動向を分析したらこのような結論に至るのだろうか?

おまけに、かっては「報道のTBS」とも言われた局が、これまで現場取材はおろか、ニュースすらまともに読んだことがない小林麻耶をキャスターに起用するに至っては常人の理解を超えている。事前の番宣CMでも"小林アナ奮闘"みたいなものを見せられて、「こんなレベルで報道番組やるのか?」と思う人はいても、期待する人などまずいないだろう。あんなものが番組宣伝になると本気で思っているTBSのセンスも疑ってしまう。

日テレで「NEWS ZERO」やってる妹の小林麻央と比べると、これまでは局アナの看板の分だけ小林麻耶のほうがまだ上に見られていたのだが、同じフリーになってこれでは評価は逆になってしまうかもしれない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-31 23:13 | Others | Comments(0)
「時間」とは何か?
b0024824_15232461.gifNewton 2009年5月号
2009年3月26日発売、1000円

時間にはじまりはあるか?
物理学者たちを悩ませつづける「時間」とは何か?
過去・現在・未来とは? 時間の「最小単位」は存在するのか?
なぜ,時間は巻きもどせないのだろうか?
時間は本当に実在するのか,それともただの“幻”なのか?

電車の中吊り広告を見て興味を引かれる特集だったので思わず購入。

これまで多くの科学者たちが様々なアプローチでこの「時間」という概念を解明しようとしてきているが、現在でもまだまだ不明な部分が多くあり、その実態や本質を明らかにするところまでには至っていない。
なかなか奥が深く、文系頭脳の私でも興味が尽くことがないテーマである。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-29 17:26 | Life | Comments(0)
ナックル娘は前途多難
神戸の吉田えり投手が登板 打者2人に四球と三振

野球の関西独立リーグが27日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕し、男性に交じってプレーする日本初の女性プロ野球選手、神戸の吉田えり投手(17)が大阪戦でデビューを果たした。吉田は5-0でリードした9回裏の頭から2番手で登板。先頭打者にストレートの四球を与え、盗塁を許したが、2人目から空振り三振を奪い、打者2人で交代した... (47news.jp 2009.3.27
これ、実際に投げている映像を見たが、とてもナックルとかいうシロモノではなくてただのおじぎするボールにしか見えない。揺れているというよりも単に荒れているボールという感じ。三振とったといっても、たまたまバッターが高めのクソボールを空振りしただけのこと。彼女の投げるストレートが普通の男の投手が投げるナックルの速さくらい(約100k)しか出ない現状では、正直言ってとても通用するレベルではないのは明らか。

まぁ、いくら球団関係者が実力をアピールしてもしょせんは客寄せパンダ。そもそも成人男性に成人女性が混じってまともにやれるプロスポーツなどないので、これはある意味仕方がない。

この娘については、勝負云々ではなくお飾りと割り切って見るべき。
それで集客できればチームとしては御の字ということだろう。
あとは果たしてシーズン通して乗り切れるだけの体力がこの娘にあるかどうか。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-28 23:56 | News | Comments(0)
いくら遠吠えしても日本の優勝は変わらんよ
【WBC】「“ダーティーサムライ”」と韓国紙 「イチローは高慢」

日本が連覇を果たした第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、25日付の「中央日報」はWBCの特集ページで、「勝利したがマナーで負けた“ダーティーサムライ”」との見出しで日本チームを批判した。同紙は日本について、「韓国との決勝戦で非紳士的なプレーが何回かあり、試合後の記者会見場では一部の選手が高慢な態度をみせまゆをひそめさせた。優勝チームらしいマナーとはほど遠い」と伝えた... (Sankei.jp 2009.3.25
あまりに予想通りの反応で思わず笑ってしまった。
敗戦後のキューバやアメリカの謙虚さ、清々しさとはえらい違いである。

この反応がもちろん韓国の全てでは無いのだろうが、このような醜さ、幼稚さを見ていると、これから先もこの国が世界から尊敬されることなど絶対にないことだけは断言できる。逆の立場でもし日本が負けていたとしても、たとえ自国の監督や一部の選手への非難が出ることがあっても、勝った対戦相手を侮辱するようなことはまずあり得ない。こうでもしないかぎり自分たちの自尊心を保てない韓国という国は本当に哀れである。

イチロー暗殺Tシャツをプロ野球球団が公認で作成する国、
勝負の場であるマウンドに自国の国旗を立てる国、
そんな国がどの面さげてマナーなんぞ語れる資格があるのだろうか?

そういえばこういう(有名な?)ジョークがある。

その昔、神が天地を創造された時のこと。
神「日本という国を作ろう。そこには世界一素晴らしい風景と、世界一素晴らしい食べ物と、世界一素晴らしい気候を作り、そこに世界一勤勉で礼儀正しい人間を住まわせよう。」
神の息子「父よ。それでは日本だけが恵まれすぎています。」
神「我が子よ、案ずるな。隣に韓国を作っておいた。」


「勝者は敗者の健闘を讃え、敗者は勝者を賞賛する」という世界共通の価値観を持っていない韓国という国と試合をすると、勝っても負けても後味が悪い。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-26 22:17 | Sports | Comments(0)
最後はイチロー
【WBC】侍ジャパン韓国撃破! イチロー決勝タイムリー

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は23日(日本時間24日)、ロサンゼルスで決勝戦が行われ、前回優勝の日本と北京五輪金メダルの韓国とのアジア対決は、日本が延長十回、イチローの決勝タイムリーで突き放し、5-3で競り勝った... (Sankei.jp 2009.3.24
b0024824_822936.gif
全員が一丸になった見事な戦い。そして最後は"神が降りてきた"イチローが、"勘違い"韓国に引導を渡した。
ベンチの控え選手や負傷、離脱した村田を含め、全ての心がひとつになった日本の「全員野球」は掛け値なしに世界一。

4年後のWBC、もしかしたらまだイチローはジャパンのメンバーに入っているかもしれない。

b0024824_804630.gif
イチローの独り言

「みんな憶えてる?
 前回WBC決勝戦の9回、勝負を決定付けた一打を打ったのも実はボクなんだ」

b0024824_802196.gif
小沢一郎の独り言

「イチローのヒットで延長10回に韓国から2点とったらしいが、こっちはワシの一言で過去10年に西松建設から2億とってるわい」
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-24 23:52 | Sports | Comments(0)
"号外"は明日
侍ジャパン決勝進出!スポーツ報知号外発行

WBCでの侍ジャパン決勝進出を受けて、スポーツ報知では19日、東京、大阪で計1万5000部(東京1万、大阪5000)の号外を発行した.... (Sports Hochi 2009.3.23
b0024824_23393698.gif
アメリカに勝っただけで、まだ優勝したわけでもないのに"号外"はないだろ。


勝負は明日。
頼むぞ、岩隈 !!
日本のプライドはすべてお前の右腕にかかっている。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-23 23:36 | Sports | Comments(0)
「勝者の証明の香り」とは?
俊輔香水発売…20日からドラッグストアで

日本代表MF中村俊輔(30)=セルティック=をイメージした香水「Messiah(メシア)10」(50ミリリットル・3675円)が20日から大手ドラッグストアなどで発売される。英語で「救世主」の意味。レモン、グリーンアップルなどを基調としたさわやかな「ファンタジスタ・ブルー」の香り。中村は「気分を変える意味でよく香水を使います。特にさわやかな香りは気分が落ち着くので好んで使っています。このメシア10をぜひ身につけて僕の応援に来てください」と話している。(Sports Hochi 2009.3.12
b0024824_2045143.gif「勇気」「強さ」「魅了」全てを手に入れろ!
  世界を魅了する「勝者の証明の香り」

 →(商品のキャッチコピー)

「勇気」、「強さ」、「魅了」....
ビジュアル的にはどの言葉も中村俊輔のイメージとはちょっと違うような気がする。


世界を魅了する「勝者の証明の香り」....
これこそ、ベッカムやC.ロナウドだったら分かるんだが。。。

日本の選手で香水でイメージできるのはツネ様か内田くらいじゃねぇ?
中村俊輔というネームバリューで何でも売れると思うのがそもそも間違い。

何より「ファンタジスタ・ブルー」という香りが想像つかないところが痛い。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-22 20:44 | Others | Comments(0)
最強の親の威光
百恵さん長男・ユウが初レギュラー…デビュー4か月でラジオ番組

4人組ロックバンド「Peaky SALT」のボーカルで、三浦友和(57)・百恵さん(50)夫妻の長男のユウ(24)が、TOKYO FMで初のレギュラー番組を持つことが19日、分かった。4月3日スタートの「イトシセツナレディオ(仮)」(金曜・深夜1時)で「CDじゃ伝わらない素の僕らを見せたい」。昨年11月末のメジャーデビューからわずか4か月でピーキーがラジオレギュラーを決めた.... (Sports Hochi 2009.3.20
さすがは親の十四光、史上最強のサラブレット。
芸能界にあって親の威光は、才能なんか比較にならないほど強い能力。
生まれながらのこの環境は俗世間から見ると羨ましい限りである。

デビュー直後の新人がレギュラー番組を持つのは異例のことだが、すでに2本のCMに出演するなど高い注目度から起用が決まった。

深夜枠といえども、売れてもなく、知名度もなく、ましてや話術に長けているわけでもない人間が冠番組を持つことなど破格の待遇。もちろん世間から高い注目度があるわけではなく、あるのはほんの一部の人間が興味本位で関心を持っている程度。

ハウス食品の美容飲料「うるおい美率」CMではいきなり本人が登場しているが、(モデルでもない)無名の売れてもいないミュージシャンを映像付きで使うことなど通常ではあり得ないこと。スポンサーの「いつか何とかお母さんを一緒にしてCMを作りたい 」という布石というか魂胆が透けて見える。

本当に気概のあるミュージシャンであれば、逆に親の権威、影響は自ら拒否するものであるが、「山口百恵」を利用したい思惑だけは双方一致しているようだ。

それにしても、マスコミの取り上げ方も「三浦友和の長男」ではなく「百恵さんの長男」という、父親の立場が薄い状況だけは相変わらず。
息子のことよりこっちのほうを何とかしてやりたいものである。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-20 23:05 | Others | Comments(0)
漫画も世襲の時代
36年鷹一筋、「あぶさん」ついに今季で引退

あの偉大なる打者がついに引退を決意-。小学館発行の成年コミック誌「ビッグコミックオリジナル」で連載中の漫画「あぶさん」の主人公、福岡ソフトバンクホークスに所属する現役最年長選手、景浦安武外野手(かげうら・やすたけ、62)が今季限りの引退を19日発売の4月5日号の誌面で発表した... (Sanspo.com 2009.3.19
この漫画は、現実離れした設定の主人公がどういう形で現役を終わるかだけが残った関心だったので、次にホークスが日本一にいつなれるかもわからない以上、王監督の退団に合わせた引退は絶好のタイミングではある。

長男の景虎も豪腕で鳴らすプロ野球選手(投手)で、今季から父と同じホークスのユニフォームに袖を通す。

あぶさんの連載自体は続くようなので、今後は息子の景虎がメインで、親父はコーチ就任とかいう立場でのストーリー展開になるのだろうか。いずれにしても、政治の世界をまねて野球漫画も世襲ということである。

息子の景虎はまだ30歳前の設定なので、水島新司はこれからさらに何年も連載を続けようとしているののかもしれない。ただこれでは、「ビッグコミック」のゴルゴ13の連載記録と単に張り合っているだけといわれても仕方がない。

名選手(名作)であればこそ"引き際が肝心"だったのだが.......
もはやこの漫画には、名作という言葉は似合わなくなってしまった。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-19 23:51 | Others | Comments(0)
人によって異論はあるでしょうが....
金八強し!! “卒業ソング”の定番ランキング

卒業ソングの定番は? 10代から40代まで幅広く聞いた結果、1位は「3年B組金八先生」の主題歌で海援隊の「贈る言葉」だった。「定番中の定番だが、これを差し置いて他にない」(30代女性)、「昔の曲らしいけど、中学の時に歌って歌詞に感動した」(10代男性)と、いまや世代を超えて支持される卒業シーズンの王道ソング。卒業式といえば「蛍の光」の時代に新しく登場した「卒業ソングの先駆け」といえそうだ... (ZAKZAK 2009.3.16
b0024824_7551617.gif何で松田聖子の「制服」が入ってないんじゃ~
何で倉田まり子の「グラジュエイション」が入ってないんじゃ~(笑)
という個人的な不満はあるが、まぁ、この手のランキングは対象やアンケートのとり方によって結果は異なるので、あんまり野暮なツッコミはこの程度で。

もしこのランク内に入っている曲の中で1つ選ぶとするなら、斉藤由貴の「卒業」だろう。

最近の曲でいうと、アンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ~」は結構いい曲だと思うのだが、ただ、いかにも”卒業ソング”として使われるのを狙って作ったような下心ミエミエのところがちょっといただけない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-17 23:46 | Others | Comments(0)