ブログトップ
<   2009年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
米蔵
b0024824_23434726.gif米蔵

種別 : 本格米焼酎
原料 : 米・米こうじ
度数 : 25度
蔵元 : 秋田県醗酵工業(秋田県湯沢市深堀字中川原)

大塚での送別会。
O氏、M氏、K氏、N氏、F氏と飲む。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-30 23:52 | Life | Comments(0)
別にいいじゃん
【大相撲】高砂親方が理事長に謝罪 朝青龍のガッツポーズ

優勝した朝青龍が土俵上でガッツポーズをしたことについて、師匠の高砂親方(元大関朝潮)は打ち出し後に武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)に謝罪した。高砂親方は「すでに本人には話している。また部屋に帰ってきちんと話をします。理事長には『申し訳ありませんでした』といった」と説明した。また朝青龍は東京都内のホテルでの打ち上げパーティー後、「やってしまってすみません。うれしくてやっちゃいました」と弁解した。(Sankei.jp 2009.9.27
相撲協会の幹部連中や横綱審議委員会の年寄り連中以外で、あの朝青龍のガッツポーズを見て不快に思った人間が一体どれだけいるのだろうか?
優勝を決めた勝負でのガッツポーズの何が悪いのか?
相撲は日本古来の相撲道だから? 神事の流れを汲んでいるから?
だったら外国人力士を受け入れていること自体がおかしいし、もし朝青龍のガッツポーズが悪いのなら高見盛のオーバーアクションの気合入れはどうなのか。

おまけに高砂親方にしても、理事長に謝罪するくらいならまず公の場で朝青龍を叱るほうが先だろう。上の機嫌ばかり気にして、まともに弟子の指導もできない本当に情けない師匠である。

個人的には、根暗なイメージの白鵬よりは素直に感情が出る朝青龍の方がよっぽどいい。

まぁ、朝青龍としては、何度注意されてもわかっていてわざとやってるに違いない。
だってあいつは悪のファン太郎なんだから。。。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-27 23:17 | Sports | Comments(0)
H島と神田で飲む
b0024824_22521640.gifいも麹 芋

種別 : 本格芋焼酎
原料 : いも麹
度数 : 26度
蔵元 : 国分酒造協業組合(鹿児島県霧島市国分川原)

社会学メンバー飲み会第二弾。H島氏と神田の某居酒屋で2年ぶりに飲む。

飲むにつれて、「俺がこれから首都圏の永世幹事としてこっちの人間をまとめていく!!」と、アルコールの力にまかせて大いに謳ってくれたH島氏。最後は、「3月には必ず熊本に行くから飲み会ヨロシク!!」という台詞を残して、さっそうと夜の闇に消えて行きました。

まぁ、その意気込みと熱き思いに敬意を表して、ちょっとお酒が弱くなってたことは不問に付しておきましょう。

ということで、彼は3月飲み会の確定メンバーになりました。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-25 23:53 | Life | Comments(0)
NHKも変わったもんだ
今日は一日『プロレス・格闘技テーマ曲』三昧 (12:15~22:45)

日本発で今や世界的な広がりをみせるK-1や総合格闘技。そして力道山以来根強い人気を誇るプロレスの大会などにおいて選手の入場テーマ曲はいまや欠かせないものとなっています。そこで今回はみなさんからプロレスや格闘技の選手たちの入場テーマ曲や選手にまつわる楽曲のリクエストを募集します。また今回、番組企画の一つとして、“リスナーの皆さんが選ぶドリームマッチ”を募集します。現実に行われた対戦カードでも、幻となったあのカードや夢のカードなど、あなたの観たい対戦カードとその入場テーマ曲を書いて、そのマッチメイクの理由やエピソードなどとともにお送りください。(対戦カード、楽曲は“メールフォーム”の“番組へのメッセージ”欄にアーティスト名とともにお書きください)夢のマッチメイクをお待ちしています。(nhk.or.jp
いちおう10月12日(体育の日)は要チェック。(でも忘れてしまいそう)
NHKとしては斬新な企画だとは思うが、NHK-FMのリスナーでどれだけ反響があるか、それと10時間近くかける曲目があるのかということのほうを心配してしまう。

もし自分がリクエストするとしたら、
チャイニーズカンフー(バンザイ):ジャンボ鶴田
スピニングトーホールド(クリエイション):ファンク兄弟
吹けよ風、呼べよ嵐(ピンクフロイド):A.ブッチャー..... あたりだろうか。

あと、選手のテーマ曲もいいが、昔のワールドプロレスリングのオープニングテーマ(テレビ朝日スポーツテーマ、ザ・スコア-)やK-1 WORLD GPのテーマ(エンドルフィンマシーン)とかも個人的には好きである。

NHK-FMは普段はまず聴かないが、つくづくNHKも変わったものだ。
どうか企画倒れにならないことだけを祈っている。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-23 23:01 | Others | Comments(0)
田苑(芋 黒麹仕込み)
b0024824_1413670.gif田苑 芋 黒麹仕込み

種別 : 本格芋焼酎
原料 : さつまいも・米麹
度数 : 25度
蔵元 : 田苑酒造株式会社(鹿児島県薩摩川内市)

神田の某居酒屋にてA氏、K氏と飲む。
そのあと勢いでいったんSHIDAXに入ったものの、受付の態度が悪かったので通りを隔てた BIG ECHOへ場所を変更。
いつもながら、客商売相手にはついつい厳しい態度で臨んでしまう。反省、反省。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-22 23:54 | Life | Comments(0)
世界に通用するビッグネーム
キャプテン翼が東京五輪招致の切り札候補

16年夏季五輪を招致する東京の最終プレゼンターとして、サッカーアニメ「キャプテン翼」の主人公・大空翼が候補に挙がっていることが17日、分かった。開催都市を決める国際オリンピック委員(IOC)総会は10月2日にコペンハーゲンで行われる。立候補4都市に与えられるプレゼンテーションの時間は、各45分間。ここで翼くんが映像で登場して、東京招致を訴えるかもしれない。東京の招致委員会関係者は「プレゼンターの案として、翼くんが候補に挙がっています。最終的に幹部が決めることで、当日まで起用されるかどうか分かりません」と話した。ほかに、もののけ姫、スラムダンク、ドラゴンボールなども候補という... (NikkanSports 2009.9.18
東京以外の立候補地の最終プレゼンターとして、リオはルラ大統領、マドリードはスペイン国王、シカゴはオバマ大統領が予定されているらしいが、鳩山総理が出席するかどうかまだ決まっていないらしい。(あともう2週間後だというのに)
その苦肉の策がアニメキャラクター頼みとは、日本らしいといえば日本らしいのかもしれないが、どう頑張っても二次元のアピールがリアルなアピールに勝るとはちょっと思えない。(投票権がある多くのIOC委員の世代は年配だし...)

どうもこれをやって、単にIOC総会の盛り上げ役だけ(肝心の開催地は他の候補地)で終わりそうな気がしてならない。

むしろ奇策でいくなら、オカルト的に世界で有名になっている鳩山幸さんの起用のほうが面白いと思う(笑)。

もしくは等身大ガンダムを登場させて度肝を抜くとか。。。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-20 23:10 | News | Comments(0)
東京地区飲み会
b0024824_2314914.gif元老院

種別 : 本格芋焼酎
原料 : 甘藷・麦・米麹
度数 : 25度
蔵元 : 白玉醸造合名会社(鹿児島県大根占町)


東京駅八重洲口、某居酒屋で社会学メンバーのE美嬢、H美嬢と飲む。

次はオフィシャルな集結で、来春の3月に熊本で会いましょう。
いやいや、その前にまたなんかあるでしょう。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-19 23:33 | Life | Comments(0)
男と女2 - TWO HEARTS TWO VOICES -
b0024824_22354418.jpg「男と女2」
稲垣潤一
¥3,000(税込)

※2009年10月28日 発売予定


昨年11月に出た稲垣潤一による女性楽曲のデュエットによるカヴァーアルバムの第二弾。前作も評判が良かった(何と10万枚以上売れたそうな)が、それに劣らない名曲ばかりの選曲で、デュエットの相手もまた豪華。中でも、歌手活動休業中の森高千里が今作限定で参加している曲が発売前から特に話題になっているようである。

個人的には、浜省の「悲しみは雪のように」と「恋におちて」あたりをまず聴いてみたい。

売れるカヴァーアルバムの神髄は、つくづくその選曲にあると思うが、このアルバムも徳永英明の『VOCALIST』や中森明菜の『歌姫』ようにシリーズ化していきそうな感じがする。いずれにしても発売が今から楽しみである。

ところで、藤田恵美って人だけは最初誰だかわからなかったが、元ル・クプルのヴォーカルやってた人でした。

----------------------------------------------------------------------
<収録曲>(オリジナル歌唱)
01. 雨 / duet with 森高千里(森高千里 1990年)
02. 悲しみは雪のように / duet with 中村あゆみ(浜田省吾 1992年) 
03. 世界中の誰よりきっと / duet with 寺田恵子(中山美穂&WANDS 1992年)
04. 真夏の夜の夢 / duet with 岡本真夜(松任谷由実 1993年)
05. 夢の途中 / duet with 沢田知可子(薬師丸ひろ子、来生たかお 1981年)
06. けんかをやめて / duet with 小林明子(河合奈保子 1982年、竹内まりや 1987年)
07. YES NO / duet with 藤田恵美(オフコース 1980年)
08. FRIENDS / duet with 遊佐未森(レベッカ 1985年)
09. PRIDE / duet with 大橋純子(今井美樹 1996年)
10. 恋におちて - Fall in love - / duet with 尾崎亜美(小林明子 1985年)
11. クリスマスキャロルの頃には / duet with 広瀬香美(稲垣潤一 1992年)
----------------------------------------------------------------------
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-18 23:58 | Others | Comments(0)
自民イマダ反省ナシ
「党再生会議」で麻生総裁への「恨み節」

自民党は15日、衆院選の敗因を分析する「党再生会議」を党本部で開き、落選議員から意見聴取した。都内のホテルで華々しく両院議員総会を開いた民主党とは対照的に、聞こえてくるのは麻生太郎総裁ら執行部への批判や党の将来への悲観論など「恨み節」ばかり。党の再生論以前に、切実な生活不安を訴える声が相次いだ...(Sanspo.com 2009.9.15
落選議員だから恨み節も口に出るのだろうが、なぜ自民党が壊滅的敗北を喫したのかという分析や総括などは全く聞こえてこない。
反省なきところに再生なし。そんな基本的なことすらわかっていない。

明日告示の総裁選挙も、旧態依然の派閥単位の動きは相変わらず。森や古賀といった古いドン達もまだ暗躍しているようである。ハニー谷垣の出馬など何ら新鮮味もないし、世代交代を謳っている若手の河野太郎票を分断するためのダミー候補、西村康稔(誰だ? コイツは?)を派閥丸抱えで擁立するようなミエミエの茶番、工作を見ると、本当に懲りていない自民党の姿しか見えてこない。

必然の世代交代すら公然と潰そうとする変わらない自民党の体質。それでまだ通用すると思っているなら、全く国民はなめられたもんである。

それにしても、落選議員の落ちぶれざまも哀れさ(と笑い)を誘う。

萩原誠司氏(岡山2区)が「何か仕事が欲しい」と訴えると、場内には寂しい笑いが漏れ、沈うつな空気へと変わった。

一瞬、なんで民主党の前原さんの名前があるのかと思った。
よくよく見ると"萩"原誠司だった(笑)。
鳩山さんのソックリさん芸人が早くも露出しているように、仕事がないなら、アンタも"前原誠司"の影武者として売り出すことをぜひオススメする。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-17 23:31 | News | Comments(0)
大神 紅あずま
b0024824_23332849.gif大神 紅あずま

種別 : 本格芋焼酎
原料 : さつま芋
度数 : 25度
蔵元 : 明利酒類(茨城県水戸市元吉田町)

新橋でO氏、N氏と飲む。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-15 23:50 | Life | Comments(0)