ブログトップ
<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
A井氏と飲む
b0024824_18312026.jpg九州で悪の枢軸の一人と呼ばれているA井氏が出張で来襲。夜、川崎にて、現代日本を憂いながら焼酎を飲み交わす。

テーブルのタッチパネルで注文する装置に興味を引かれていたようですが、最近こっちの居酒屋では、このシステムはそれほど珍しくもないですよ。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-31 23:50 | Life | Comments(1)
やっとというか、いよいよというか
携帯端末、全社対応型に…総務省が制限解除要請へ

総務省は27日、携帯電話端末を、通信契約した携帯電話会社経由でしか使えないようにしている「SIMロック」について、解除するよう携帯電話会社に求める方針を固めた。2010年末から発売される次世代携帯電話の端末を対象とし、法制化による義務付けも検討する。利用者が、端末と携帯電話会社を自由に組み合わせて選べるようになる見通しだ。通常の携帯電話の端末には、電話番号や契約内容などが記録された「SIMカード」が差し込まれており、海外ではSIMカードを取り外して差し替えれば、どこの会社の端末でも使えるのが一般的だ... (Yomiuri.Online 2010.3.28
やっとというか、いよいよというか、日本もSIMロックフリーの時代がやってくることになりそう。iPhone使いたいドコモユーザには朗報、逆にiPhoneでユーザを増やしてきたソフトバンクにとっては涙目の大きな変革。

ただ、本当にキャリア縛りから解放されるには、SIMロック解除だけではなく、特定キャリア向けのサービス機能を携帯に持たせるのを禁止するのと、メールアドレスのポータビリティが出来る仕組みをまず作ることが必要だろう。

SIMロックフリーが実施された後の国内携帯市場は、

好きな機種が使える様になりました。
でもキャリアからのインセンティブが無くなって機種購入は大幅値上げ。
端末はシンプル機能で低価格機種か、高機能で高価格機種かの二極化へ.....となりそう。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-30 23:23 | Comments(0)
私の座右の銘とは
2,3年前、名前を入力すればその人の脳内を表したとする図を表示するウェブ上のサイト「脳内メーカー」がちょっと流行りましたが、今回、その最新作として「座右の銘メーカー」なるものが登場しました。

この「座右の銘メーカー」は、名前を入れると即座にピッタリな(?)座右の銘を作ってくれるという優れた(?)シロモノです。
暇つぶしと自分探しをしたい方には必見です(笑)。

→ 座右の銘メーカー

ちなみに私のペンネームを入力したところ以下のような座右の銘が作られました。
なんかちょっと見透かされています。

b0024824_2312326.jpg
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-28 23:18 | Others | Comments(0)
薄汚れたメッキがはげました
亀田興、プロ初黒星 世界王座から陥落

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦12回戦は27日、東京・有明コロシアムで行われ、正規チャンピオンの亀田興毅(23)= 亀田 = は暫定王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(32)= タイ = に判定で敗れ、プロ23戦目で初黒星を喫して王座から陥落した... (Sankei.jp 2010.3.27
この結果、予想どおりだし、至って当たり前の結果。

それより、あれで一人のジャッジが114-114のイーブンなんて判定はあり得ない。
初黒星と言ったって、初めてまともに強い相手と試合しただけのこと。

亀田はKOできるパンチをもってないので、何とか逃げのカウンターでポイントを稼ぐしかなかったが、手打ちのパンチすらまともに当たらず、逆に試合前半からパンチもらい続ける始末。
それなのに、途中、ポイントで負けてるのが分かってても終始攻めきれない及び腰で、実力の差は歴然だった。

それにしても、TBSお抱えの鬼塚と佐藤の亀田びいき実況解説が、後半になるとすっかり黙りこんでしまったのは笑えた。これでTBS&亀田軍団の次のシナリオは、フライ級は減量が苦しいからという口実をつけて、ひとつ上のスーパーフライ級に移ってのタイトル狙いにターゲットを変えるのだろう。

強いものがフツーに勝つという当たり前にここまで時間がかかったが、まあ、今晩はやっと気持ちよく眠れそう。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-27 23:21 | Sports | Comments(0)
これが目玉?
「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討

自民党の大島幹事長は20日、盛岡市で記者団に対し、青森県八戸市議の藤川優里氏を夏の参院選の比例選候補として検討する考えを明らかにした。(中略)
藤川氏は2007年に同市議に初当選し、現在1期目。「美人すぎる市議」として週刊誌などに取り上げられ、1月の自民党大会でも女性議員の代表として登壇した。(YomiuriOnline 2010.3.21
この程度に女にしがみつがざるをえないのが今の自民党の体たらくさだろう。
おまけに比例区に擁立というのが世間が読めていない証拠でもある。

藤川って、若いというだけで単なる保守がかった気の強い女でしかない。。
フツーに考えて、この手の女に主婦層が支持するわけもなく、いったい自民党はどこから支持を集めようとしているのだろうか。

まぁ、小泉のバカ息子と組ませて愚民票の集票マシーンにしようとしてるのだろうが、その程度の考えの政党にもはや未来があるはずもない。

ただ、そうは言っても片や民主党も池谷とかを擁立するトホホさ。
こうして永田町が三流田舎芝居の様相を見せれば見せるほど、無党派層はソッポを向いて夏の参院選は超低投票率が確定的。

結果、既成の枠組みは何も変わらずということになる。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-22 23:08 | News | Comments(0)
ドーハの喜劇
大西洋・地中海産クロマグロ禁輸案を否決

絶滅のおそれがある野生動物の国際取引を規制するワシントン条約の締約国会議は18日午後(日本時間同日夜)、第1委員会が開かれ、地中海を含む大西洋産クロマグロの国際取引を禁止するモナコの提案を賛成20、反対68、棄権30で否決した。採択のためには、棄権を除いて3分の2以上の賛成が必要だった。禁輸実施まで1年間の猶予期間を設けるとした欧州連合(EU)の「修正禁輸案」も賛成43、反対72で否決した。大西洋クロマグロの最大の消費国として否決を呼びかけた日本に、マグロの輸出国や途上国が同調した... (YomiuriOnline 2010.3.18
正直言ってこの結果には驚いた。

賛成2/3をめぐる駆け引きだと言っていた割には圧倒的な反対多数の結果。
事前のマスコミの悲観論の煽りは一体なんだったんだ?

同じ反対派の中国がアフリカ諸国に影響を与えたという話もあるが、今回に限っては日本の水産庁の官僚の頑張りも評価してやっていいだろう。
このところトヨタ問題なんかで叩かればかりだっただけに、日本人としては高揚感は大きい。

久しぶりにいいニュース。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-19 02:09 | News | Comments(0)
JTも必死
煙の出ないタバコ、JTが5月発売 副流煙の心配なし

日本たばこ産業(JT)は17日、火を使わず煙も出ない無煙たばこ「ゼロスタイル」を開発し、5月中旬に東京都限定で発売すると発表した。たばこの葉が詰まったカートリッジをパイプ状の本体にセットして味わう。価格は本体とカートリッジ2本のセットで300円、詰め替え用カートリッジは4本入りで400円。タールはゼロで、ニコチンは微量含まれている。使用頻度に応じて、1本のカートリッジで、半日から1日程度楽しめるという...(Sankei.jp 2010.3.17
「たばこの煙が周囲に迷惑かけるという愛煙家の不安、懸念、心配を取り除いた商品」

多くの愛煙家はそんなこと思っていない。
そういう人は初めから煙草なんか吸いませんよ。

たばこが吸えないエリアでの、たばこ代替需要を見込んでいるといい

これって路上喫煙禁止条例のあるエリアで吸えるんだろうか?
監視員と揉めるシチュエーションが目に浮かぶようだ。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-17 23:38 | News | Comments(0)
FREEで富豪に
「グリー」社長も…世界の富豪3割増

米誌フォーブスが10日発表した世界の長者番付(2010年版)によると、景気回復の兆しが出ていることを背景に、10億ドル(約900億円)以上の資産を所有する「富豪」が前年に比べ3割近く増え、1011人に達した。増加は2年ぶり。首位は昨年3位だったメキシコの実業家カルロス・スリム氏で、資産額は前年比約185億ドル増の約535億ドル(約4兆8000億円)。日本からは、会員制交流サイトを運営する「グリー」の田中良和社長が33歳の若さで富豪入りした。今回の富豪リストでも2番目の若さで、資産は14億ドル... (Nikkansports 2010.3.11
グリーって、基本無料の甘い言葉の網に掛けて酷い射幸心を煽る詐欺まがいのサイトという印象なんだが、これほど儲かっているとは.....
まさに今流行りの、「フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略 」を地で行っている。

これは、若者や主婦ら貧乏人相手に広く商売するのが一番儲かるという証明のようなものだが、日本のIT新興企業の多くは、国内だけにしか通用しないITで儲けて、後はM&Aゲームで虚業運用になってしまうところが何とも情けない。

この会社、本々SNSから始めたが、先行しているmixiにはかなわないということで集客目的に始めたゲームが大当たりになって、今ではゲームサイトが主流になった。全く、何が好と転じるかは本当にわからないものである。個人的には、あんな見るからにつまらなそうな釣りゲームとかペットゲームとかでこれほど人が集まるのが不思議でならない。

まあ、ユニクロ、ソフトバンクは10年後も長者番付にあるだろうが、グリーは間違いなくないということだけは断言してもいい。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-14 23:27 | News | Comments(0)
20年に1人
雄星狂騒曲、重すぎた“救世主”の虚像

「20年に1人の逸材」と呼ばれた西武・雄星(18)= 花巻東高 =の実戦デビューはほろ苦いものだった。9日の教育リーグ・巨人戦(西武ドーム)で昨年9月の新潟国体以来の実戦マウンドに上がったが、2回を3安打3四球3失点と、プロの洗礼を浴びた。(中略)
先行する報道とは裏腹に、キャンプではフォーム作りに試行錯誤する日々。西武首脳陣も早々と即戦力としての起用はあきらめて、2軍でじっくり育てる方針を打ち出した。キャンプこそ1軍スタートだったものの、2月28日に2軍落ち。そして、2軍での実戦デビューも厳しい結果だった... (Sankei.jp 2010.3.10
マスコミも野球人気が急激落ちてることに焦って、最近は無理やりスターを作ろうとしすぎ。その渦中に巻き込まれてしまっている雄星にとっては、実力以上に注目されると逆に反動が大きいだけにかわいそうな面もある。
まあ彼の場合、そもそもルックスが織田信成にそっくりな時点で既にスターになるのは難しいとは思うのだが(笑)。。。

マスコミに創られるのはサッカー界でも同じで、大阪のユースからは2、3年ごとに「日本サッカー界の逸材」とマスコミが騒ぐ選手(家長、柿谷、宇佐美)が出ては、いつの間にかフツーの人になっている。

「20年に1人の逸材」と言えば思い出すのが富山第一高時代の柳沢敦であるが、彼のドイツW杯クロアチア戦で好機を逃した際の迷言、「ボールが急に来たんで....」を思い出すにつけ、「20年に1人」とはいったい何だったのだろうと思う。
まあ、日本のマスコミが持ち上げる「20年に1人」なんてそんな程度。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-10 23:04 | Sports | Comments(0)
競技の根幹の問題
ブラッター会長、オフサイド撤廃を検討?

オフサイドのないサッカーなど、想像できるだろうか? だが、FIFAのゼップ・ブラッター会長はその可能性を検討しているのかもしれない。国際ホッケー連盟のレアンドロ・ネグレ会長が、イギリス『スカイ・スポーツ』に対し、ブラッター会長からヒアリングされたことを明らかにした。(中略)
ホッケーでは1998年にオフサイドルールを撤廃。ゴール数やスペクタクル性が増したことで、多くのファン獲得につながっている。(goal.com 2010.3.3
これはイカンだろう。
サッカーの本質が変わってしまう。

オフサイドをなくしたら、中盤を省略してロングパスばっかのカウンターサッカーになってしまう。100歩譲ってもしゴール数を増すんだったら、ゴールマウスを今より大きくしたほうがまだましだろう。

それにしても、サッカーに限らず商業主義でルールをいじろうとするのは決まって年寄り連中。サッカーの魅力を単なる点の取り合いだと勘違いしている老害達。
こんなこと本当にしたらメッシのような選手なんかはいなくなってしまう。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-06 23:06 | Sports | Comments(0)