ブログトップ
<   2012年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
だからお前は嫌われる
細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ 楽天・三木谷社長、Kobo騒動を語る

7月19日に電子書籍端末「kobo touch(コボタッチ)」を発売した楽天。7980円と破格の価格を設定し、テレビCMを含む大々的なプロモーションを展開した。しかし、初日から「初期設定ができない」「アプリケーションが動かない」「英語と日本語の書籍が混じっている」など、様々な苦情が殺到。同社は急遽、サポート人員を増強し、対応時間を24時間に拡大するなど、事態の収拾に追われた。「読書革命」を謳い、成功を疑わなかった楽天の三木谷浩史会長兼社長は今、何を想うのか。単独インタビューで語った... (Nikkeibp 2012.7.27
三木谷さんのこの発言に楽天という会社の本質がよく表れています。
どうしたらこんな上から目線で、ユーザーをここまで馬鹿にしたようなコメントが出来るんでしょうか? 社長がこんなことを平気で言うサービスや製品だと分かったら、誰も使う気にはなりません。

声を挙げた2000~3000人の陰にその何倍の声を挙げていない人間がいるかもしれないということや、アンタにとっては細かいことでも、ユーザにとっては重要なことかもしれないなんてことは想像もしていないようです。おそらく楽天という会社は、2000~3000人でもこんな物言いだとすると、1人や2人の抗議なんていうものは全く相手しないんでしょう。まあ大したもんです。

アップルのスティーブ・ジョブズ氏じゃないけど、直接指揮を執りました。

スティーブ・ジョブズさんも、勝手に名前を出されて三木谷さんに重ねられるのは迷惑でしょう。

この人をはじめとして、壮言大語癖で自社の株価を上げることしか考えていない某携帯会社社長のような顧客軽視の経営者が幅を利かせている日本という国は、まったく不憫としかいいようがありません。

今回のこの「kobo touch」については、いずれ売上という明確な数字で市場からの結果は出るので、それを楽しみにしていましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-29 18:41 | Others | Comments(0)
ロックは英国圏の共通文化
ロンドン五輪が開幕 204カ国・地域参加

第30回夏季オリンピック・ロンドン大会は27日、ロンドン東部の五輪スタジアムで開会式を行い、開幕した。注目された聖火リレーの最終走者は、10代の選手7人が務め、聖火台に火をともした。1908年、48年に続いて同一都市で最多となる3度目のロンドン開催。204の国と地域から約1万500人の選手が集い、17日間の戦いを繰り広げる... (47News.jp 2012.7.27
入場行進のバックでビージーズが流れていたり、セックスピストルズの曲はちょっとびっくりしましたが、これなんかは、さすがはロックの発祥を自認しているならではというか、たとえ女王陛下の前でも「なんだかんだ言ってもロックは英国圏文化の王道なんだ!!」。そういうところが節々に垣間見えたような演出でした。

そしてトリは万人予想どおりのポールマッカートニー。ヘイジュードの歌いだしがちょっとしくったように見えたけど、そこはナイトの称号を授かった大物なので免じてあげます。アークティックモンキーズの演奏でもカムトゥゲザーをやってたように、やっぱり今でも英国はビートルズが象徴で最強ということなんでしょう。

まさに全編で、英国の文化、文明というものを前面に出した開会式といった感でしたが、変に「地球市民」とか「世界は一つ」とかいうコンセプトの開会式を見せられるのよりはずっと良かった。そんな開会式でした。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-28 23:03 | News | Comments(0)
次戦こそが大事
日本、優勝候補スペインを撃沈/サッカー

27日に開幕が迫ったロンドン五輪は26日、サッカー男子(原則23歳以下)が始まり、1次リーグD組の日本は英国のグラスゴーで優勝候補のスペインを1-0で破る金星を挙げ、勝ち点3を手にした... (Nikkansports.com 2012.7.27
なんかあっけなくスペインを破っちゃいました。
これは後年まで「グラスゴーの奇跡」として語られることでしょう。

これほど前線にプレッシャーをかけ続けた代表の試合は記憶にありません。日本のプレッシングサッカーが、スペインのポゼッションサッカーを見事に抑え込んだ結果の勝利と言えるでしょう。

何より、トゥーロン国際大会で崩壊した最終ラインが、吉田、徳永の補強でこれほど安定するとは思わなかったし、個人的には、特に、意外なオーバーエイジ選出を疑問視されていた徳永が、意地を見せてくれたのが非常にうれしい。

それにしても、永井の決定機はずし過ぎには何度も言葉を失ってしまいましたが、改めてそのスピードだけは世界規格であることを証明しました。
この調子で、日本の100m×4リレーも頼んだぞ!! (あれ? 何か違う?)

あとは、清武には、大舞台で力を出し切れないタイプじゃないだろうかという懸念を早く結果で払拭してもらいたいところです。

とにかく、このスペイン戦勝利を意味のあるものにするためにも、次のモロッコ戦こそが大事です。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-27 02:15 | Sports | Comments(0)
嫌いなら非常時も頼らないでね
「迷彩服を区民に見せるな」 自衛隊の防災演習、東京の11の区が庁舎立ち入り拒否

16日夜から17日午前にかけて行われた陸上自衛隊第1師団(東京都練馬区)の連絡要員の自衛隊員が23区に徒歩で出向き、被害状況や出動要請の有無などを確認する統合防災演習で、自衛隊側が23区に「隊員を区役所庁舎内に立ち入らせてほしい」と要請していたにもかかわらず、11区が拒否していたことが22日までの産経新聞の調べで分かった。区職員の立ち会いも要請していたが、7区の防災担当者は立ち会わなかった。要請を拒否した区には「区民に迷彩服を見せたくなかった」と明かした担当者もいた... (Sankei.jp 2012.7.23
隊員の立ち入りを認めなかったのは、千代田▽中央▽港▽新宿▽目黒▽世田谷▽渋谷▽中野▽杉並▽豊島▽北の11区。

バカだねぇ~。
東京都内なんかは、もろに首都圏直下型大地震が発生した際の大規模災害が懸念されているような地域なのに、一体何考えてるんでしょう? この11区については、そういう非常時でもよもや自衛隊への救援出動要請はしないでしょうねぇ。区単独での災害復旧作業よろしくお願いします。

まあ、自衛隊の人的資源は貴重だし限られているので、見方を変えりゃ、23区内の救援優先順位が判明したと思えばいいです。アカピーの首長を選んだり、紛争時の無防備地域宣言なんぞの運動をやっているようなプロ市民が強い地域性のとこは、自衛隊が嫌いだったら、自衛隊に頼らず自助努力でやらせりゃいいです。逆に、普通に受け入れをしたマトモな区の住民をぜひ優先して救助してやってください(笑)。

それにしても、「区民に迷彩服を見せたくなかった」とか当たり前に発言する職員がいる区とかは、どんだけプロ市民の思想に毒されているんだか。

やっぱり自分の住む自治体がどういうとこかは、ちゃんと見て選ぶべきです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-23 21:29 | Life | Comments(0)
これから我慢比べの第二ラウンドへ
「WBCに出場せず」プロ野球選手会が決議

労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)の臨時大会が20日、大阪市内のホテルで開かれ、来年3月に開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について、「参加国の当然の権利である代表チームのスポンサー権、日本代表グッズのライセンシング権を、参加国に認めないという参加条件を主催者が変更するまでは、WBCに出場しない」とする決議を、全会一致で採択した。(中略)
新井会長は大会後の記者会見で、「ファンもWBCに出てほしいと思っているだろうし、選手も出たいと思っている。しかし、我々の要望に対し、主催者側からは何の返事もなかった。これからの世代のことも考えて苦渋の選択をした」と述べた。(Yomiuri.Online 2012.7.20
とは言うものの、日本サイドも機構側(NPB)は参加する意向を変えてません。いよいよ混沌とした様相を呈してきました。

アメリカの主催者側はWBCの開催目的を「野球の国際的普及のため」とは言っているものの、これはあくまで建前のこと。実態としては「WBCは商業主義」、「WBCは(メジャー選手の多くが不参加という)単なる花相撲」という事実はほぼ周知のことです。

そして日本を見ると、国内の野球人気に陰りが出ていることに危機感を持っているNPBに対して、WBCへの多くの日本企業スポンサーを見て、日本プロ野球の存在感を疑わない選手会があって、その微妙な認識の差が今の立場の違いに繋がっています。

選手会が強気で主張している利益分配の言い分もわからなくはないけれど、日本企業のスポンサーは、今や日本のプロ野球自体にはあまり魅力を感じてはなくて、WBCという日本代表として参加するイベントだからこそ興味を持っている(金を払う)ようなものです。

いずれにしても今日の選手会の声明を受けて、これからが主催者サイドとNPB(+選手会)との第二ラウンドの始まりです。本音では日本不在の開催は(収益上)どうしても避けたい主催者側と、おそらく予想以上のファンからの失望感を受ける選手会側。どちらがその苦境に耐えられなくなるかの我慢くらべといったところでしょう。

決着予想としては、NPBが参加の立場をとっているだけに、選手会のメンツを少し立ててもらった(若干の収益配分率の見直し)上での日本参加に落ち着くと読み解いていますが、さてどうでしょう?
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-20 23:51 | Sports | Comments(0)
1杯100円、自主申告制の飲み屋
b0024824_18273369.jpg

T氏と長浜の飲み屋で飲む。

あてもなくふらっと入った店だったんですが、何が驚いたかというとこの張り紙。「焼酎1杯100円 自主申告」、焼酎の種類も本格焼酎およそ10種類の中から自由に(ロックもお湯割りも自分で造って)飲めるという画期的なシステム。店自体はやや古びていてこじんまりとした造りなんですが、そんなもの関係ありません。

このシステムの悩みと言えば、自分の飲んだ杯数をちゃんと憶えておかないといけないところと、ロックを造る時に、焼酎の量をなるべく多く入れようとすると氷の量が少なくなってしまうという量のバランス関係。

調子よくどんどんロックを造って飲んでいると、気のせいか、たまにカウンター越しに大将の視線を感じるような.......(おそらく気のせいでしょう)
われわれ真面目なサラリーマンは、飲んだ杯数をごまかして申告なんかしませんよ。

当然のことながら、勘定はちゃんと正直に飲んだ杯数を申告して家路につきました。


b0024824_1944531.jpg
吹上芋

種別 : 本格芋焼酎
原料 : さつま芋・米麹(黒麹)
度数 : 25度
蔵元 : 吹上焼酎株式会社(鹿児島県南さつま市)
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-18 23:10 | Life | Comments(0)
加害者常套の言い換え
大津・中2自殺:3少年全員、民事訴訟でいじめ否認へ

大津市で昨年10月、いじめを受けていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、遺族が市と加害者とされる同級生3人らに損害賠償を求めた訴訟は17日、大津地裁(長谷部幸弥裁判長)で第2回口頭弁論が開かれる。この場で、これまで唯一、認否を保留していた同級生側が、他の2人と同じくいじめを否認することが分かった... (Mainichi.jp 2012.7.16
同級生側のうち2人は「遊びであり、いじめではなかった」

「遊び」ねえ、
加害者だったらそりゃ必死に否認するに決まってますよ。
まあ、ものは言いようですけどね。

幼児虐待 → しつけの一環だった。
ドメスティック・バイオレンス → 愛情表現の一環だった。
セクハラ → 指導の一環だった。
パワハラ → 教育の一環だった。
下級生しごき → 練習の一環だった。

今回は加害者と言われている少年たちが13~14歳だとしても、「いじめ」という言葉で事件を矮小化すべきではないでしょう。今証言が出てきている事象だけ見ても、恐喝、暴行、傷害事件という立派な犯罪行為であることは明らかです。

ところで、被害者の親が学校や警察、加害者の親らからこれまで受けてきたヒドイ対応がこれほどまで明らかになってきているのだから、日頃はこと人権に関してうるさく意見する日教組や社民、共産党などは、こういうときこそガンガン真相解明のために動いてもらいたいんですけどねえ。何してるんでしょう?
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-16 22:58 | Others | Comments(0)
ニュースの裏側
オスプレイ、米大統領スタッフらの移動に活用へ ホワイトハウス上空で運用

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備が予定されている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが2013年夏から、大統領に随行するスタッフや報道陣の国内移動に使われることが分かった。米軍関係者が9日、明らかにした。最大限の安全確保が要求されるワシントン上空での運用に関し、米軍が太鼓判を押した形だ。(中略)
大統領随行のスタッフらの移動にオスプレイを活用することは、安全運用に対する米軍の揺るぎない自信の裏付けにほかならない。(Sankei.jp 2012.7.10
日本では市民団体らによる配備反対運動が盛んなオスプレイなのですが、アメリカ本国では反対運動はほとんどないようです。というか、逆に政府要人を乗せてホワイトハウス上空を飛行するということは、日本で言うと永田町の首相公邸上空を通常運行するようなもので、このオスプレイの安全性に対しては日米に温度差があります。

おまけに、このオスプレイが有名になった一つの要因である「未亡人製造装置」という別称についても、そのような呼ばれかたは皆無とのことです。まあ、この手の別称は、誰かが特定のモノを話題にさせたい場合などに意図的に作り出すこともよくあることです。

例えば、その昔、中日にナントカ言う韓国人内野手が移籍してきた時、名古屋周辺のマスコミは「韓国のイチローと呼ばれている....」などと記事にしていましたが、思わず「誰がぁ?」と一人ツッコミをしたものでした。これなど普通に考えれば、イチローがいくらアジアで一番有名な野球選手であったとしても、彼ら嫌日感情の固まりの人間が死んでも同胞を日本人に例えることなどありえません。(ちょっと話のジャンルは違いますが)
こうしてみると、日本でのオスプレイ騒動についてもその背景が透けて見えるようです。

まあ、あえてどこの国などとは特定しませんが、オスプレイを日本に配備させたくない国があったとしましょう。その国が巧みに行うネガティブ操作と、まんまとそれに影響を受けてしまった人たちが必死の抵抗運動をしている。そんな感じさえ伝わってきます。

えっ、それって陰謀説じゃないかって?
その手のものは決して嫌いじゃありません。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-12 23:21 | Others | Comments(0)
またコイツか
中国公務員、受け入れ覚書 福岡市に抗議相次ぐ

技術流出などおそれ

中国から年間800人規模の公務員研修受け入れを表明した福岡市の高島宗一郎市長は6日、訪問先の北京で、研修受け入れに関する覚書を中国国家外国専家局と交わした。一方、高島市長が「地球は一つ。海水の淡水化技術などをすべて公開する」と述べ、目的もあいまいな研修受け入れについては3日の発表以降、不安を感じる市民などから市への抗議や批判が相次いでいる... (Sankei.jp 2012.7.7
高島市長が「地球は一つ。海水の淡水化技術などをすべて公開する」と述べ、

国として先端技術や知的財産の保護が当たり前のご時世では考えられない発言。誰か、このおバカ市長の口をふさげよ。

一昨年の福岡市長選で、民主推薦の当時現職の吉田市長に何としてでも勝つために、誰でもいいからとにかく知名度のある候補として自公が擁立して当選したのが、当時KBCの局アナだったこの人。この前、市職員に対して思いつきで例の自宅外禁酒令を発令、そして今度はこの技術流出容認発言。でも、このおバカ市長を当選させた福岡市民にも責任は大ありです。

ちなみにこの高島市長、2009年に社会人入試で九州大学大学院に入学して、現在、学歴ロンダリング中です。

記者「中国人公務員によるスパイ行為を想定してないんですか?」

高島市長「想定する必要はないです。だって私が中国のスパイなんですから」


まあ、想像するにおそらくそんなとこでしょう。

中共にとって、この程度のバカな日本人を取り込むなどは朝飯前のことだろう。まさか、中洲の中国人パブかどっかでハニートラップでもかかったんじゃないだろうな。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-08 23:20 | News | Comments(0)
落としどころは...
「石原抜き交渉」に思惑も = 中国、表向きは強く反発 - 尖閣国有化方針

日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化方針を固めたことについて、中国外務省報道官は7日、「日本側の一方的な措置は違法かつ無効」と強く反発した上で、「中国政府は必要な措置を取り続ける」として対抗措置も示唆した。ただ、中国政府内には「中国に挑発的な態度を取る石原慎太郎都知事を抜きに、日本側と交渉した方が両国関係の決定的悪化は回避できる」(共産党筋)という思惑もあり、今後の日本側の出方を見極める方針だ... (jiji.com 2012.7.7
ここにきて急に野田さんが国有化を言いだしたのには、裏で中共の意向を酌んだ政治判断があるのかもしれません。(だって民主党政権だもの)

もし国が購入しようものなら、今後も今のままの尖閣諸島で放置する以外何もしない。それでいて、日本人が不法上陸した場合は即刻退去、へたすると禁固刑とかなのに対して、中国人の不法上陸はお咎めなしというようなおかしな構図が半永久的に続くことでしょう。東京都が購入、管理するのに比べれば、これは中共も実質黙認可能なシナリオ。

もし東京都が購入した場合は、都には多くの離島を管理するノウハウがあると言及していたように、尖閣諸島もそれこそ実効支配を何らかの見える形で行うはずで、石原さんなら港湾施設を整備するだろうし、場合によっては人を常駐させようとするかもしれません。でもこれは中共が絶対に避けたいシナリオ。

ただ現状では地権者が直接国に売ることはないようなので、いったんは東京都がやっぱり購入することになるでしょう。問題はその後で、すんなり国へ転売できるかということ。現時点で(13億円以上にも達している)都が尖閣を購入する前提で寄付を行った多くの憂国の士にしてみれば、今まで弱腰外交で何ら手を打ってこなかった国に売り渡すのならそりゃ話が違うじゃないかということになるでしょう。

こうして見ると、最終的には国と東京都の共同管理ってとこで、日本的な曖昧な落としどころを目指すのかもしれません。まだまだ今後の展開は要チェックです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-07-07 23:39 | Life | Comments(0)