ブログトップ
<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
じゃあ4年前の再審査もお願いします
ヨナの銀メダル採点を見直せ 150万人を超える署名

ソチ五輪フィギュアスケート女子で地元ロシアのアデリナ・ソトニコワが金メダルを獲得し、キム・ヨナ(韓国)が銀メダルとなった結果に対し、採点見直しと判定の調査を求める署名が150万人を超えたことが21日、分かった。20日のフリー終了後に採点に不満を持った人物が、オンライン署名サイトの「Change.org」で署名活動を始め、主に韓国人のユーザーから急速に支持が集まっているという。今大会の採点結果には「ロシアびいき」として、各国の解説者や関係者から懐疑的な声が上がっている。(Sponichi.co.jp 2014.2.21
スポーツの国際大会で常にトラブルメーカーの国。世界から嫌われ煙たがれる韓国人の本領発揮です。

主に韓国人のユーザーから急速に支持が集まっているという。
  ↓
全て韓国人のユーザーから急速に支持が集まっているという。

「ロシアびいき」として各国の解説者や関係者から懐疑的な声が上がっている。
  ↓
「ロシアびいき」として韓国の解説者や関係者から懐疑的な声が上がっている。

今大会でも、ショートトラックのイギリス選手のツイッターに突撃したのに飽きたらず、今度はフィギュアでロシアに喧嘩を売り始めました。この調子でいけば、千年たっても執念深く難癖付ける国のことなので、最後はロシア大使館の前にキムヨナの銅像でも建てるかもしれません。

それにしてもネットワーク署名というさほど効力のない行為に対して、1日足らずで150万署名行う彼らの無駄な行動力だけは相変わらずです。さすがは韓流芸人PSYの江南スタイルを、YoutubeにF5攻撃を駆使して19億回再生させる国だけのことはあります。この韓国人の異常性を日本人は皆認識していますが、世界の人々の認識もこれにようやく追いついてきたことでしょう。

本来、サッカーや野球などほとんどのスポーツで審判に文句をつけたら普通は即退場。それに倣えば、彼らはオリンピックから1回退場させたほうがいいでしょう。

そうなれば次の平昌大会は、残念ながら返上するしかないですね。
まあ、仕方ないから代わりに日本でやってあげますよ。
[PR]
by karl.helmut | 2014-02-22 22:38 | News | Comments(0)
辞められない、止まらない
五輪 = 41歳の葛西が銀、冬季では日本勢最年長メダル

ソチ冬季五輪は15日、ノルディックスキーのジャンプ男子ラージヒル(HS140メートル、K点125メートル)決勝を行い、41歳の葛西紀明が合計277.4点で銀メダルを獲得。冬季五輪の日本勢最年長メダル獲得を果たした。葛西は今大会が7回目の五輪出場。個人種目でメダルを獲得したのは初めて... (Reuters.com 2014.2.16
連日の朝目覚めのグッドニュース。葛西さんやっぱ凄すぎ。参りました。もう誰にも「ジャンプ界の加藤鷹」なんて呼ばせません。
文科省は来年度から正式科目になる道徳の教科書に、この葛西選手の生きざまと功績を載せるべき。それくらいの偉業です。

それでいて「諦めずに金メダルを目標にしてまた頑張ります」って、やっぱり金メダルへのあくなき執念のみが現役を続けさせている源泉なんでしょう。金メダリストの船木が、今パン売って細々と生活している姿とかを見るにつけ、余計にコントラストを感じずにはいられません。

そして、この葛西選手のコメントの影響で、加藤条治も上村愛子も浅田真央も次の五輪も狙ってくれると嬉しいもんです。それぐらい勇気をくれるレジェンド葛西選手のコメント。ついでに山本昌もカズも伊達公子も勝手に影響受けてください。

さあ、50才まであと2回冬季五輪があるんで、ぜひ続けて、その存在が伝説(レジェンド)から神話(ミソロジー)に昇華されることを期待してます。
[PR]
by karl.helmut | 2014-02-16 11:33 | Sports | Comments(0)
自殺するようなヤワには見えん
Listening:<佐村河内守さん楽曲問題>曲、別人作 崩れた虚像

「フィクションでした」。名乗り出たゴーストライターは小さな声で、きっぱりと言った。佐村(さむら)河内(ごうち)守さん(50)の作品を実際に作曲してきた桐朋学園大学非常勤講師の新垣(にいがき)隆さん(43)が6日、「(譜面は)書けない」「耳が聞こえないと感じたことは一度もない」と佐村河内さんについて指摘した。「創作に打ち込む現代のベートーベン」という虚像が崩れ落ちた。東京都内で記者会見に臨んだ新垣さんは冒頭、約200人の報道陣を前に「私は佐村河内さんの共犯者。本当に申し訳ない」と用意したコメントを読み上げ、硬い表情で5秒間頭を下げた... (Mainichi.jp 2014.2.7
佐村河内って人、確かに見るからに胡散臭そうに見えるんですが、今回のゴースト事件も作者の生い立ちや環境、煽りストーリーを先に知ってから曲を聞いた人にとっては、「騙された」と思い、先に曲を聴いて好きになり、その人物とか背景には関心がなかった人にとっては、作曲者が実は別人だったなどということは大した問題ではないんでしょう。

ただそうは言っても、たとえ同じ曲でもフツーの単なる一大学講師が作曲者というクレジットでは、これほどのヒットにはならなかったであろうことも事実。今の世の中、芸術作品と言えども、プロモーション力や話題性無くしてはなかなかヒットには繋がらないところは悩ましいところでもあります。今回も、全ろうの作曲家、そして被爆二世という設定、そしてあのルックスなどが話題になったことがヒットの一要因であることは間違いありません。

それにしても、障害者、ヒロシマ(被爆二世)、大震災の3点セット・・・・・これぞ偽善者商法の王道まっしぐらで笑ってしまいます。

当の佐村河内さんは、憔悴しきっていることを理由に雲隠れしているみたいですが、本当に全ろうなら会見で追及されても罵詈雑言やヤジは聞こえないから問題なさそうなんですが。。。
まあいつの世も、偽物は逃げ足だけは速いです。
[PR]
by karl.helmut | 2014-02-08 23:18 | News | Comments(0)
マスゴミのゴミ報道
小保方晴子さん会見で着用リング 問い合わせ殺到

新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」作製に成功した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダー(30)が、先月28日の発表会見で指に光らせていた英ファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」の指輪が話題を呼んでいる。問い合わせが殺到中という同ブランドのPR担当者は「ノーベル賞受賞の際は衣装を提供させていただければ」と話している。一躍、時代のヒロインとなった「オボちゃん」のリングが話題沸騰だ... (hochi.yomiuri.co.jp 2014.2.1
いつものことながら、マスコミ報道で取り上げる話題の俗物さには呆れるばかりです。ニュースであの会見映像を見たときから、こんな記事が出ると思ってました。

問い合わせが殺到中という同ブランドのPR担当者は、

問い合わせをしているのは全てマスコミだけです。

ネット上では「オボちゃん」と親しみを込めて呼ばれ始めた

どこにあるネット上なんでしょう???

ただあの指輪、会見中ずっとマイクを持ってる左手に付けてりゃいやでも目に付きます。まんまと乗せられるバカマスコミもアレですが、彼女の(確信犯的)仕込みもたいしたもんです。

普段の研究中は割烹着を着ているという件も、「お婆ちゃんからもらった」というエピソードがいかにもわざとらしく聞こえてしまいます。単に好きで割烹着を着ているというだけでいいじゃん。と、ヒネたアタシは思うのですが。

あと、メディアで"美人研究者"と言われていることですが・・・・・・・・
どう良く見ても、潮田玲子の普及型程度にしか見えません。ゴメンナサイ。


【小保方さんの会見を見ていたカップル】
女:「アタシも小保方さんが付けてる同じモノが欲しい。」
男:「分かったよ、買ってやるよ。」
女:「本当? 嬉しいっ。」
-- 数日後 --
男:「ほら、割烹着。これ着て手料理作ってくれ。」
女:「・・・・」
[PR]
by karl.helmut | 2014-02-02 19:33 | News | Comments(0)
株は連想力
「理研」は無関係のSTAP細胞銘柄は

STAP細胞が、理化学研究所(野依良治理事長)の小保方晴子ユニットリーダーによって発表された。再生医療に画期的な発見だったため、30日の東京株式市場でも大きな話題となり、名前にちなんだ「理研」株が思惑で買われたが実はこれは「理研違い」。(中略)
この日の東京株式市場は、376円安で引けているが、関連株や名前に「理研」のつく株価が上昇した。まず理研ビタミン株が500円高の一時ストップ高。理研グリーン、理研コランダム、アサカ理研、リケンテクノスも総じて株価は上昇した。理化学研究所は独立行政法人であり、株式会社ではないので、上記の株式会社とは何ら関係はなく、連想買いのような形となった... (Yucasee.jp 2014.1.30
この手の名前の連想連鎖による株価上昇は株の世界ではたまに起こるものですが、今回、理研のおねーちゃんがSTAP細胞を作製したとの発表を受けて、「わかめスープ」でお馴染みの「理研ビタミン」の株価が急上昇したとの事です。これを読みきって買ってた奴は流石です。

本当の原因は、Riken 違いが分からなかったアホな外国人投資家のせいなのか、はたまた、初参入ニーサ組のミラクル取引のせいなのか。いずれにせよ、これからの株取引はこのような新参者の動きが読めないようだと儲けられないということです。

まあ、勘違いだろうが何だろうが、結果として値上がりの波に乗れたら相場師としては勝ちなわけで、 個人的には、コンドームのほうのリケンは今回の上昇の波に乗れたのかということのほうが気になっています。

理研ビタミンも、これを機会に「ふえるSTAP細胞わかめちゃん」とかを売り出してくれることを密かに期待しています。
[PR]
by karl.helmut | 2014-02-01 22:47 | Comments(0)