ブログトップ
<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
またアナタですか
鳩山元首相が沖縄県庁訪問 辺野古移設反対の知事を激励

首相時代に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設問題をめぐって迷走した鳩山由紀夫氏が20日、沖縄県庁で同県の翁長(おなが)雄志知事と会談した。県外移設を断念して政権の座を降りた鳩山氏だが、この日は「辺野古阻止」を掲げる翁長氏を激励した。首相退陣後、鳩山氏が沖縄県知事と会うのは初めてといい、県庁の知事室入り口で「懐かしいな」。非公開の会談後、鳩山氏は取材に「首相時代にできなかったこと(県外移設)を、沖縄の民意を大事にしてやりたい」と話した。鳩山氏によると、会談で翁長氏は、辺野古移設阻止に向けて「不退転の気持ちだ」と応じたという...(asahi.com 2015.2.20
鳩山氏は取材に「首相時代にできなかったこと(県外移設)を、沖縄の民意を大事にしてやりたい」と話した。

この人、前の自分の発言を完全に忘れています。
だって、「知れば知るほど、沖縄の海兵隊の抑止力が大きいのだとわかった。考えが浅かった」と言ってのは誰だったんでしょうか。

それにしても、私人の立場だとしても、一体どの面下げて沖縄を訪問できるんでしょうか?
まあ、訪問、激励を受け入れた翁長知事も知事なんですけど。
お互い、自民党に対して敵の敵は味方なのかもしれませんが。。。

一つだけはっきりしていることは、この人がいろんなとこに出しゃばって勝手な妄言を言わないように、どこかに幽閉しなければいけないということです。
[PR]
by karl.helmut | 2015-02-20 23:44 | News | Comments(0)
ケガの功名、 棚ぼた、嬉しい誤算、瓢箪から駒 .....
「東京駅記念Suica」最終申込数、499万枚に 1年かけて発送

JR東日本は、1月30日~2月9日まで受け付けていた「東京駅開業100周年記念Suica」の最終的な購入申し込みが、合計で約499万枚に上ったと発表した。希望者全員が購入できるよう増刷するが、Suicaの年間発行枚数(300万~400万枚)を上回っており、発送は来年3月ごろまでかかる予定。記念Suicaは1枚2000円(デポジット500円+チャージ1500円)で1人3枚までの申し込みが可能だった... (ITmedia 2015.2.18
これを炎上商法と言わずして何と呼ぶ。

Suicaの年間発行枚数(300万~400万枚)を上回る枚数なんて、もう出回りすぎて通常のsuicaと同じ価値しかない。しかも100周年と言いながら年内に届かない場合もあるって。。。

それにしても、デポジット分の金額だけでも、
500円 X 499万枚 だと、なんと24億9500万円。
それに記念suicaとして最初から使用しない目的の人も多いだろうから、それ考えたらもう莫大な金額。JR東は笑いが止まりません。

まあ、申し込みの書類が届くころには熱も冷めて権利行使しない人も出てくるんでしょうけど、これを見た他のJR、私鉄各社も、これから真似て記念ICカードを乱発するだろうことは容易に想像がつきます。
[PR]
by karl.helmut | 2015-02-19 22:53 | News | Comments(0)
それ被害妄想だってば
「政権批判の自粛、社会に広がっている」1200人声明

「イスラム国」人質事件後、政権批判の自粛が社会に広がっている――。フリージャーナリストや学者らが9日、会見を開き、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。(中略)
「政府が主権者やメディアに監視、検証され、批判されることは当然のこと。批判を控えることは戦前の翼賛体制につながりかねない」。そう指摘するのはジャーナリストの今井一さん。今月2~4日、衆・参院予算委の人質事件に関する野党議員の質疑とNHK・民放のニュース番組の放送時間を検証。2日は4分以上報じる民放がある一方、多くが1分以内。約20秒の番組もあった。「メディアは『自粛』しているという自覚がない。非常に危険だ」... (asahi.com 2015.2.9
報道番組と言われているものの中で「アイアムノット安倍」とか発言している人がいるような国で、政権批判の自粛があるなんぞ思えないんですけど。。。

それにしても、これに名を連ねている人たちは見事に「反原発」というスタンスも一致していて、見ていて香ばしさが漂ってきます。こういうアピールを見ていると、80年代以降衰退したと言われていたレフトウィングの人たちもすっかり元気を取り戻したかのようにも見えるのですが、その中身の多くは、現政権を叩くネタをとにかく掘り起こすことに終始しているのがあからさまなので、世間でそのような言動を支持する層が主流となることはまずありません。

いつの世も政権への批判は妨げられるものではありませんが、最近は政権批判が目的化しているトンデモ主張というものがあまりにも目に余ります。

正直なところ、日本の論壇には一定のまともなレフトウィングがいてくれないと困ると個人的には思っているのですが、現状は彼らの中の一部のヒステリックなだけの輩の存在が、本来行うべき健全な議論を台無しにしているような気がして残念でなりません。

まあ時勢として学生時代にゲバ棒振り回してた世代がリタイヤして、暇を持て余しているということもあるのでしょうが、この世代は何たって人数がそれなりに多いんでタチが悪いです。
[PR]
by karl.helmut | 2015-02-11 22:57 | Others | Comments(0)