ブログトップ
<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
どっちもどっち

今回の受賞のニュースを最初に聞いた時、ノーベル文学賞の発表日程が当初より1週間遅れたのは、てっきり選考委員会がボブ・ディランに事前に根回しをしていたからだと思っていました。

でも一連の動きを見ていると、選考委員はボブ・ディランの生きざまも人柄も考慮せずに選んだとしか思えません。そもそも、反権力・反権威で生きてきた相手に対して、権威側であるノーベルアカデミーが賞を与えるということは、こういう展開は普通に想定できてたように思うのですが。。。

当のボブ・ディランからしたら、「俺は権威から自由だし、金だって不自由してない。ていうか、そもそも俺の作品は純粋に音楽なんだけど。文学じゃねーし。」って、とこなんでしょう。

とはいえ、ボブ・ディランのほうもいい大人なんだから、何らかのリアクションくらいするのが最低限の礼儀だとも思うんですが。いらないならいらないといえばいいだけだし。

個人的には、ノーベル賞は、純粋な自然科学系でない平和賞、文学賞なんかは廃止したほうがいい派です。(あと経済学賞もビミョーなとこ)

[PR]
by karl.helmut | 2016-10-22 22:16 | News | Comments(0)
ほとぼりが冷めた頃にまたプラズマクラスター技術
もうシャープには、IGZO技術とこれしか残ってないっていったって、このプラズマクラスターは、過去に消費者庁からカビにもスギ花粉防止にも実感できる効果がないということで、景品表示法違反の指導がされてます。もうこの存在自体が眉唾物と化している似非技術。

でも悲しいかな、世の中のハゲは何度でも騙されるんです。

記事をよーく見てください。
発毛効果じゃなくって、育毛効果となってます。

でもいいんです。ハゲには夢を見る権利があるんです。

[PR]
by karl.helmut | 2016-10-17 23:03 | News | Comments(0)
「自由」名乗るのは自由だけど....

新しい支持層を広げることも他党の支持者を奪うこともできず、山本太郎氏と群れた段階で迷走もここまで来たかという感がありましたが、今の変節した小沢さんの言動のどこにいったい「自由主義」という信念があるんでしょうか。
前に民主党を離党した時に「自由党」名称復活ならまだ少しは理解できたんですがねぇ。

ここ数年来の動きを見ていると、政党助成金目当てのための党名ロンダリングをしているとしか思えません。よくもまあ、昔の「剛腕」の面影もなく、山本太郎氏と並んで嬉しそうな顔をしているもんです。

もう悪あがきという言葉さえ陳腐に聞こえるくらい、山本太郎氏と共闘し、日本共産党や社民党とも連携する。そんな政党が今更「自由党」なんて名前を騙り、似非保守の猿芝居でウイングを右に拡げたって所詮無理。国民はアンタが思っているほど馬鹿じゃないし、国民のリテラシーを舐めちゃいけませんよ。

まあ、小沢さんのことだから、「蓮舫が二重国籍説明偽証問題でに立ち行かなくなって代表辞任」→「総選挙大敗」→「民進分裂」→「民進保守派の受け皿」をしたたかに考えてるのかもそれませんが、その前に自分たちが次の総選挙後に残っているかを冷静に考えたほうがいいでしょう。

[PR]
by karl.helmut | 2016-10-14 22:14 | News | Comments(0)