ブログトップ
今や職業

0.1%から0.6%なんで、6倍になっているっていえばそうなんですが、ちょっと煽りすぎな記事です。

「ユーチューバーって職業か?」とか、「将来じゃなくたって今からでもできるじゃん」とか、いろいろツッコミもあるでしょうが、まあ、小学校1年生の考えなんで許してあげましょう。

まだ、
「父さん、明日からユーチューバーになろうと思うんだ」
とかだったら困っちゃいますが。。。

[PR]
# by karl.helmut | 2017-04-23 09:59 | News | Comments(0)
まだまだ簡単には隠居しそうにない人

残念ながら地域だけの草の根サッカークラブじゃ限界があるので、クラブの成長と安定のためには資金に裏付けされたオーナ企業の存在は不可欠です。これはクラブにとっては良いことだと思います。

唯一の懸念があるとしたら、今回のことでクラブが佐世保市寄りになった感があるので、県内で地域対立意識のある長崎市のサポーターにとっては、クラブ名称がV・ファーレン佐世保に変わるのではないか、内心は穏やかではないかもしれません。

いずれにしてもジャパネットらしい関与を期待します。
→ 年間チケット2万円、毎月2,000円の10回払い、金利手数料はジャパネット負担!!
→ 今なら不要になって解雇されたJリーガ(J1に限る)を一人3万円で下取りします!!



[PR]
# by karl.helmut | 2017-04-22 23:08 | Sports | Comments(0)
イモトでもできそう

今や日テレの「世界の果てまでイッテQ」が有名になり過ぎたのて、本人の能力とかよりも、スポンサーの手厚いバックアップとサポート部隊さえあれば世界の果てでも行けることが世間に知れ渡ってしまいました。

確かに達成した偉業は素晴らしいとは思いますが、普通の一個人ではなかなかそのような機会に恵まれることはないので、世間の興味としては、南谷さんがそのスポンサーなりプロデューサーの目にどういう経緯で止まったのかというところが知りたいところです。

なんか(想像どおり)早稲田なんで、この手の人種は超目立ちたがり屋と相場が決まってるので、この先は何かにつけてメディアに露出しまくり、卒業後はキー局のキャスターか何かになって、果てはどっかの政党から国政選挙に出馬する姿が私には見えます。

それにしても、ユニクロは相変わらずいい広告塔を見つけるのが上手い。宣伝効果は抜群。広告費と思えば例え5,6千万くらいかかったとしても、ユニクロのイメージ戦略としては決して高い支出ではないでしょう。
→ 女性初のユニクログローバルブランドアンバサダーに就任


[PR]
# by karl.helmut | 2017-04-21 23:16 | News | Comments(0)
アンディ・フグが蘇った!
"朝日新聞の関連"ですか......
「朝日」、「飲酒」、「上司のPC」、「かかと落とし」、「うその証言」と、つっこみどころ満載です。
特に「朝日」と「うその証言」の組み合わせがしっくりし過ぎて、笑わせてくれます。

職員が「かかと落とし」という足技を使ったのも、日頃から玄関ドアの隙間に足を挟むという業務を行っているところから自然に出た所作に違いありません。

ただ、"液晶画面を破壊"とあるので、ノートPCに対しての行為だったのでしょうけど、かかと落としはデスクトップPCに対して使わなければなりません。
ノートPCへの対応はダイビングエルボーの飛び技か、ショートレンジからのレインメーカーで仕留めるのが正しい攻撃です。

[PR]
# by karl.helmut | 2017-04-01 17:37 | News | Comments(0)
今日ってプレミアムフライデーだったんだ
言われてみても、「あっ、そうだったなぁ」くらいの感想しかありません。
働き方改革の国会論議に合わせようとしたのでしょうけど、そもそも政府は、なんで開始直後という大事なタイミングをこんな時期にしたんでしょうか?


来月はゴールデンウィークの直前だし、もうニュースとしても取り上げられなさそうだし、1年後にはおそらく、「なんかそんな施策もあったねぇ」とサラリと語られることになるでしょう。


それより、今年4回もある土曜祝日を振替え休日にする法案をとっとと作って欲しいもんです。

[PR]
# by karl.helmut | 2017-03-31 23:27 | Others | Comments(0)
隣国とはえらい違い
タイは、試合は諦めないし、ラフプレーもなかった。なによりも試合後のタイ選手の相手に敬意を払う振る舞い(合掌してお礼する姿やタッチして健闘を称えあう姿)は素晴らしかった。日本が試合に勝ったこと以上に、試合後のこれほどの気持ちよさは久しぶりです。

日本への妬みと劣等感から政治をスポーツに持ち込む半島の国や、中東の笛やマリーシアでしか勝負してこない中東勢との試合では絶対にありえない光景でしょう。

タイのようにフェアプレーで一生懸命な国は本当に強くなってほしいものです。
そして日本は、これからもリスペクトされ続ける国でなければなりません。


[PR]
# by karl.helmut | 2017-03-29 21:53 | Sports | Comments(0)
まずはしっかりお勉強

当選はするだろうと思ってましたが、なんとトップ当選(13,653票)。それも2位(5,813票)とダブルスコア以上の大差とは恐れ入りました。

山口県宇部市出身の高松は、「大分に恩返ししたい」とベタなコメントしてましたが、高松に投票した有権者は、いったい彼にそこまで何を託すんでしょうか?

あと、目立たないけど最下位(44位)ながら、マスクマンのレスラーのスカルリーパー・エイジも当選。

b0024824_23363104.png









なんだかなー、大分市議会。


[PR]
# by karl.helmut | 2017-02-20 23:56 | News | Comments(0)
謹賀新年
b0024824_18151585.gif
新年あけましておめでとうございます。
最近、すっかりサボり癖がついてしまってますが、今年はもう少し更新頻度を上げようと思ってます。(アッ、去年も同じこと言ってたような.....)

今年もヨロシク。

[PR]
# by karl.helmut | 2017-01-01 23:14 | Others | Comments(0)
カイトくんはもう見られない

高樹沙耶の大麻逮捕はともかく、成宮寛貴の場合は限りなくクロとはいえ逮捕されたわけでもない。成宮寛貴の場面がNGだとすると、今回はまるまる何シーズンかがお蔵入りになるわけですが、こんなことを続けていたらキリがないでしょう。

放送コードについては、その運用を詳しく知りませんが、テレビ局や制作プロダクションの人たちは自分らの作品に対してもっと固執してもらいたいです。だって特に映画やドラマの作品ははその時代を映した文化そのものですから。

現場の誰かが声を上げて、出演者の黒い噂(逮捕されたわけでもない)ぐらいでいちいち作品をお蔵入りさせるような下らない暗黙のルールは、どっかで打ち破って欲しいもんです。

今の世の中、薄っぺらな道徳観や正義ヅラしてTV局にクレーム入れたりする人や、ネットのコメントやツイートにあまりに過剰反応し過ぎ。
こんなに世の中縛ってどうすんの? って感じです。

[PR]
# by karl.helmut | 2016-12-10 22:23 | Others | Comments(0)
自分らが選んだ大統領なのにね
弾劾を可決したことで反パクのデモ群衆からしたら、これは「国民の勝利」、「ローソク革命」なんだだそうです。

現時点でパククネが何か明確な犯罪を犯したという確証もないわけなのに、糾弾しなきゃ気が済まない火病丸出しというか、ホントに難儀な人たちです。おととし、サンケイの加藤支局長がパククネの疑惑を提示したときは、あれほど「大統領に対する名誉毀損ニダ、許さん」と真逆の態度をとっていたのは一体誰なんでしょうか?

日本では「これぞ民主主義、日本ではできない」とかトンチンカンなことを言っているレフトウイングの人たちがいますが、単に直接選挙でそんな大統領を自分たちが選んでしまった反動でデモ化しているだけで、そもそも集団デモパフォーマンスはこの国民のお家芸。過去の軍事政権をデモで倒した実現体験から何かあったらいつも同じことをやってるだけです。

このあと韓国の裁判所で弾劾結果の可否が判断されるそうですが、サンケイの加藤支局長の件でも分かるように、この国の法はその時の時流の理由付けのために存在するようなものなので、おそらく覆ることはないでしょう。

まあいずれにしても、我々としては、筑波大学大学院の古田博司教授が唱えている「韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』という『非韓三原則』を守って淡々と推移を傍観しておくだけです。


[PR]
# by karl.helmut | 2016-12-09 23:18 | News | Comments(0)
まだ道半ば、とりあえず一安心
リーグ戦の終盤怒涛の5連勝で奪首、J3優勝。何より入替え戦なしで昇格できたのはよかった。ただ、今の戦力で即J1というわけにはいかないので、まずはJ2定着という現実的な目標でいきましょう。

来年は群雄割拠の九州J2サバイバルが待っています。
そこで生き残って、そしていつかはあの時の輝きが再び来ることを信じて....




[PR]
# by karl.helmut | 2016-11-21 23:57 | Sports | Comments(0)
どっちもどっち

今回の受賞のニュースを最初に聞いた時、ノーベル文学賞の発表日程が当初より1週間遅れたのは、てっきり選考委員会がボブ・ディランに事前に根回しをしていたからだと思っていました。

でも一連の動きを見ていると、選考委員はボブ・ディランの生きざまも人柄も考慮せずに選んだとしか思えません。そもそも、反権力・反権威で生きてきた相手に対して、権威側であるノーベルアカデミーが賞を与えるということは、こういう展開は普通に想定できてたように思うのですが。。。

当のボブ・ディランからしたら、「俺は権威から自由だし、金だって不自由してない。ていうか、そもそも俺の作品は純粋に音楽なんだけど。文学じゃねーし。」って、とこなんでしょう。

とはいえ、ボブ・ディランのほうもいい大人なんだから、何らかのリアクションくらいするのが最低限の礼儀だとも思うんですが。いらないならいらないといえばいいだけだし。

個人的には、ノーベル賞は、純粋な自然科学系でない平和賞、文学賞なんかは廃止したほうがいい派です。(あと経済学賞もビミョーなとこ)

[PR]
# by karl.helmut | 2016-10-22 22:16 | News | Comments(0)
ほとぼりが冷めた頃にまたプラズマクラスター技術
もうシャープには、IGZO技術とこれしか残ってないっていったって、このプラズマクラスターは、過去に消費者庁からカビにもスギ花粉防止にも実感できる効果がないということで、景品表示法違反の指導がされてます。もうこの存在自体が眉唾物と化している似非技術。

でも悲しいかな、世の中のハゲは何度でも騙されるんです。

記事をよーく見てください。
発毛効果じゃなくって、育毛効果となってます。

でもいいんです。ハゲには夢を見る権利があるんです。

[PR]
# by karl.helmut | 2016-10-17 23:03 | News | Comments(0)
「自由」名乗るのは自由だけど....

新しい支持層を広げることも他党の支持者を奪うこともできず、山本太郎氏と群れた段階で迷走もここまで来たかという感がありましたが、今の変節した小沢さんの言動のどこにいったい「自由主義」という信念があるんでしょうか。
前に民主党を離党した時に「自由党」名称復活ならまだ少しは理解できたんですがねぇ。

ここ数年来の動きを見ていると、政党助成金目当てのための党名ロンダリングをしているとしか思えません。よくもまあ、昔の「剛腕」の面影もなく、山本太郎氏と並んで嬉しそうな顔をしているもんです。

もう悪あがきという言葉さえ陳腐に聞こえるくらい、山本太郎氏と共闘し、日本共産党や社民党とも連携する。そんな政党が今更「自由党」なんて名前を騙り、似非保守の猿芝居でウイングを右に拡げたって所詮無理。国民はアンタが思っているほど馬鹿じゃないし、国民のリテラシーを舐めちゃいけませんよ。

まあ、小沢さんのことだから、「蓮舫が二重国籍説明偽証問題でに立ち行かなくなって代表辞任」→「総選挙大敗」→「民進分裂」→「民進保守派の受け皿」をしたたかに考えてるのかもそれませんが、その前に自分たちが次の総選挙後に残っているかを冷静に考えたほうがいいでしょう。

[PR]
# by karl.helmut | 2016-10-14 22:14 | News | Comments(0)
レジェンドならレジェンドらしく
【五輪レスリング】吉田沙保里は五輪4連覇ならず、「取り返しのつかないことに…」

リオ五輪は大会第14日の18日(現地時間)女子レスリング・フリースタイル53キロ級が行われた。五輪4連覇を狙った吉田沙保里(33 = フリー)は決勝戦でヘレン・マロウリス(アメリカ)に敗れ、銀メダルとなった... (efight.jp 2016.8.19
とりかえしのつかないことになってしまって。。。

なんかコメントがおかしいですね。
まるで何か犯罪でも犯したかのよう。

決勝の試合は実力負けです。マロウリス選手の方が、完全に勝ってました。
それでも、吉田選手は女子レスリング界のレジェンドとして、もう少ししっかりしたコメントをすると思ってたのですが。。。
なによりも、相手選手に対するリスペクトがないのが残念というか、ちょっとがっかりです。(これは多くの日本選手のコメントに共通するのですが...)

マロウリス選手が吉田選手に最大限の賛辞を送ってくれているのに、吉田選手は日本向けのコメントばっかり。大記録が叶わずくやしい気持ちは分かりますが、金メダルを取れなくてもこれまでの実績や貢献度が否定されるわけでもないのだから、もっと堂々としていて欲しかったです。

表彰式で泣いてたのも、我々が思っていた吉田選手らしくありませんでした。「女みたいな泣き方すんじゃねーよ」までは言いませんが、銀メダルなのにあのムスッとした表情は、思わずバルセロナでの小川直也の不快感を思い出してしまいました。

こうして考えると、競技は違いますが、やっぱ澤さんは偉大でした。
[PR]
# by karl.helmut | 2016-08-20 22:16 | Sports | Comments(0)