ブログトップ
んなわけないだろ
「賭けマージャン」認める = 妻も参加 - 守屋氏が防衛省聴取に

防衛省の守屋武昌前事務次官が在任中に防衛専門商社「山田洋行」の元専務からゴルフやマージャンなどの接待を受けていた問題で、守屋氏が同省の事情聴取に対し、マージャンをする際は「現金を賭けていた」と認めていることが25日、分かった。賭けマージャンには、守屋氏の妻もほぼ毎回参加。マージャン卓の使用料は「勝った方が払っていた」(同省幹部)という。レートは「点5」と呼ばれる低額で、「庶民的な賭け金だった」(同)としている。(jiji.com 2007.10.25
レートは「点5」と呼ばれる低額で、

ウソつけ! !、1000点50円なんて学生マージャンじゃあるまいし。
こいつらの「点5」って1点5円だろ?
ズッポリ接待漬けになっている腐れ官僚は、往生際の悪さも際立っている。

賭けマージャンと言えば、グッドタイミングで今日の日本シリーズ中継の解説に出ていた東尾さん。
その昔(昭和62年)、西武のエースだった彼が、マンションの賭けマージャンで逮捕された時が確か1000点1000円の東風戦だったという。そして結局、6ヶ月の謹慎の後、引退に追いやられた。

野球人の仮面を被った"賭博師" 東尾修はおそらくこう言うだろう。
「国の防衛トップで世界と対峙している人間が点5なんぞ、ショボすぎる!!」
「人間の度量が小せぇ。クビが怖くて賭けマージャンなんかできるか!!」
[PR]
by karl.helmut | 2007-10-27 22:14 | News | Comments(0)