人気ブログランキング |
ブログトップ
凄さを感じさせないところが凄い

ほとんど野球漫画の中で描かれる設定をリアルでやっちゃう男です。
漫画家が「こんなヒーローがいたらすごいだろうな」というようなストーリーを作っても、それを世界最高峰の場でフツーにやってしまう。
これから野球ヒーロー漫画のヒントは大谷の一挙手一投足から作られると言われる日も近いでしょう。

個人的に次に望むのは、来年投手で復帰して9回をノーヒットノーラン、その裏に自らのサヨナラホームランで、「野球なんて一人で勝てるんです」をポストシーズンでやっちゃうことです。

# by karl.helmut | 2019-06-14 23:25 | Sports | Comments(0)
モンキーパンチに続き...

先日のモンキーパンチに続いてまた一人昭和の漫画関係者の訃報です。

一般の人には「子連れ狼」の原作者という印象が強いのかもしれませんが、私的には「子連れ狼」はテレビや映画の実写版の印象がほとんどで、小池さん原作の漫画の記憶としては、雑誌GOROで連載していた「実験人形ダミー・オスカー」とアクションか何かで連載していた「カニバケツ」が双璧です。

とは言っても「実験人形ダミー・オスカー」は、ジキル博士とハイド氏のような二重人格者の渡胸俊介(ダミーオスカー)が外国人の女性と絡むシーンが独特の絵のタッチもあって強烈に残っていて、ストーリー自体はあまりに混沌すぎて理解できない展開だった記憶しか残っていません。
そして「カニバケツ」は.........、主人公(名前は忘れましたが)が下心丸出しの単純にエロいストーリーしか覚えていません。

この小池先生の訃報に触れるにつけ、特に忘れていた「実験人形ダミー・オスカー」を思い出させてもらい、改めて読んでみたい気になってきました。

モンキーパンチ先生の訃報と共に、謹んでご冥福をお祈りします。

# by karl.helmut | 2019-04-20 22:18 | News | Comments(0)
今の若いモンはユンゲラーしか知らない

メイ首相にテレパシーを送るということですが、メイ首相自身はもともと反離脱派であって、政治的な立場上仕方なく離脱へのスタンスを取っているだけなので、メイ首相の意識に働きかけても本来意味ないと思うのですが。。。

それにしても、起こるかどうかわからないものを予告(予言)するならともかく、必ずどちらかの結果になる2択で超能力とか言われてもねえ。


# by karl.helmut | 2019-03-26 23:50 | News | Comments(0)
ゴジラって結局最後は負けるんですよね

今度は柔道ですか。

サムライジャパン、なでしこジャパンくらいから始まった何とかジャパンって名前、つけないといけないんでしょうか?
これなんてもう何が何だかわからないし、単に東宝とタイアップした「代表ビジネス」としか見えません。

そもそも愛称なんてのは、本来ファンから自然発生的に出て定着するものだと思うのですが、これら「〇〇〇ジャパン」に限っては「今度ウチの愛称を○○に決めました。そう呼んでください」と半ば押し付けのものばかり。
最近は特に広告代理店とかのマーケティング絡みが透けて見えるし。。。

個人的には男子競技は全て「サムライジャパン」で統一していいんじゃないかと。

# by karl.helmut | 2019-03-20 22:45 | News | Comments(0)
つまみを買ってそのまま角打ちで

全国でコンビニと他業態のコラボは既にいろいろできてますが、これは斬新というか、週末に飲酒運転検挙が常態化している福岡でこれやるか? って感じです。

同社によると、コンビニ内での“角打ち”は全国初の業態という。

せめて角打ちを名乗るなら洒落たウイスキーとかじゃなくて一升瓶の清酒か焼酎を用意しろよ、なんて野暮なことは言いませんが、いずれにしても、店内のイートインでは難しいものをこんなやり方で実現するなんて、コンビニが本来果たすべき役割りではないような気がします。

こんなん一カ所出てきたら他も真似するところが出てきそうで、これから全国あちこちのコンビニ周辺で酒を飲めるこんびにスペースが出現することでしょう。
時代は平成から新しい時代になるというのに、酒文化は古き昭和へ回帰するのでしょうか?

# by karl.helmut | 2019-03-10 23:47 | News | Comments(0)
既にほぼ人間になってます


えーっ、何これ?
情報なしに画像だけ見て、これが「妖怪人間ベム」だと連想できる人は、果たして何人いるでしょうか。

ビジュアルを一新と言ってますが、これはリメークというよりもはや改竄です。特にベラなんかもうまったく違うキャラクターになってしまってます。
「ゲゲゲの鬼太郎」も同じようにアニメでリメークされましたが、そんな比じゃないレベル。

前に日テレで亀梨和也、杏、鈴木福の実写版でやった時も、何だかなーと思いましたが、それ以上にこれは違和感しか感じないし、もう完全に別物と割り切るしかないです。

それにしても、不気味さの中のヒューマニズムもこのアニメの一つの世界観だったのに、こんなにスタイリッシュにしちゃって、これから先、一体どこへ向かうのでしょうか?
b0024824_20390444.jpg

# by karl.helmut | 2019-02-09 20:25 | Others | Comments(0)
普通のおじさんに戻りたい

たまたまNHKつけてた時、「嵐 活動休止」の速報が。
こんなんテロップ流してまで速報すべきニュースじゃないでしょ。

それにしても「自由が欲しい」ならすぐやめるのかと思いきや、活動休止までまだ2年もあるんじゃ、これから実質解散商法で稼ぎまくるジャニーズの商魂というか魂胆がミエミエ。
願わくは東京オリンピックの開閉会式にだけは関わらしてほしくないです。

でもまぁ、メンバ全員で納得して出した結果ならこれで良かったと思いますよ。

# by karl.helmut | 2019-01-27 21:32 | News | Comments(0)
機械(VAR)は嘘をつかない

なにが”悲劇"なんでしょうか、普通に力負けです。
そして負けた時の韓国お決まりの"文句”と"自己チュー的言い訳"が笑わせてくれます。

「オフサイドを宣言した主審がVARを用いた。しかし、その結果はオフサイドが露骨に宣言されただけだった」と、判定への不満も漏らした。

発狂しすぎて、誤審でもないのに不満とは意味不明。

自国の敗退について「アブダビの惨事」という見出しで衝撃的な結果であったと紹介

衝撃的でも何でもないし、ロシアW杯最終予選でも韓国はカタールに2-3で負けてるし、これで2連敗。そもそもアジアでも半世紀以上優勝してないくせに、何の上から目線でしょうか?

韓国のマスコミ的には、
「カタールのあのシュートはデフェンス陣の至近距離から威嚇するように打たれていて、さらに低空で飛んでいるから認められないニダ。謝罪しろ。」
って言いたいんでしょうねぇ。

2002年にもVARがあったら良かったのに、、、つくづく思います。

# by karl.helmut | 2019-01-26 16:02 | Sports | Comments(0)
謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
今年も相変わらずごひいきのほどよろしくお願いします。
そして今年こそは更新頻度上げます。(最近毎年言ってるけど...)


b0024824_20143986.png

# by karl.helmut | 2019-01-01 20:46 | Life | Comments(0)
中華の伝書鳩

今のタイミングでファーウェイ擁護の発言とは、相変わらずいつもの芸風全開です。
というか、この人こそファーウェイのチップを頭の中に埋め込まれているのは間違いないでしょう。

それにしてもこれまで、「首相」の肩書きが務まらなかった人はこの人含めて何人もいましたが、「元首相」の肩書きさえも務まらなかった人はこの人だけです。
最低でも国外に追放してもらいたいものです。

# by karl.helmut | 2018-12-20 22:04 | News | Comments(0)
むかし「ゲートウェイ」というパソコンメーカーがありました

この駅名もちょっと異端な感じはするのですが、なんせ昨日の「高輪ゲートウェイ」があまりにインパクトがあったせいで、たった1日の違いで(狙っていた)話題性が皆無となってしまいました。

その「高輪ゲートウェイ」にしても、JR東日本が新駅名を公募にした時点で、当たり前すぎる「高輪」や、ちょっとダサい「芝浦」や、古臭い「芝浜」にはならないと思ってました。
結局、どうせみんな日常で口にする時は「高輪」と略すに決まってるのだから、ちょっとした批判は敢えて覚悟のうえで、今後の周辺再開発や様々な商業的付加価値利用を期待して応募順位130位の「高輪ゲートウェイ」を採用しちゃったんでしょう。

個人的には最初にこのニュースを聞いた時は、石田衣良さんの「ウエストゲートパーク」を連想してしまいましたが、あれは渋谷でしたね。(「ゲート」しか被ってないじゃんという意見は無視させてもらいます)

# by karl.helmut | 2018-12-05 22:55 | News | Comments(0)
大迫ハンパねえ!!

ボクシング井上の試合が1ラウンドであっけなく終わったこともあって、ザッピングしていたらたまたまBSフジで生中継やってました。25kくらいまでは惰性で見てたのですが、最後は予想外のプチ感激を味わせてもらいました。

何といっても、今までの日本人選手が克服できていなかった40k以降でラップが落ちなかったのがとにかく凄かった。高岡選手以来(解説してましたが)、やっと世界と戦える選手が出てきたという感じがします。

とはいえ記録だけ見ると世界最高とはまだ差は大きいけれど、夏の東京オリンピックはそれほど高速レースにはならないので、久しぶりにオリンピックの男子マラソンもにわかに面白くなってきました。

# by karl.helmut | 2018-10-08 22:34 | Sports | Comments(0)
これが勝負

後半早々の岡崎の怪我交代が全ての西野プランを狂わしてしまった。
日本は先制を許すと浮き足立ってしまい、攻めのリズムが無くなるといういつもの最悪パターンに逆戻り。
失点に繋がったバイタルエリア近くでの山口蛍のファールは全く不用意、こんなミスを見逃さないのがランキング上位国。
そして中途半端に前がかりになり、ディフェンスの裏を突かれ、ロングボールでのカウンターを食らう悪循環に入ってしまったら、乾を交替で入れたくらいでは流れは変わりません。

最後の攻めに行かないプレーに関しては、今大会のレギュレーションの中で闘っている限り、誉められこそしませんが非難されるには当たらないでしょう。日本は第一ポット国に対して正攻法だけで闘えるほどの実力はまだありませんから。
西野さんにとっては、アトランタオリンピックでグループリーグ2勝しながら同じ2勝のブラジルとナイジェリアに得失点差でグループリーグを突破できなかった苦い過去というかトラウマが、今回の決断に多少なりとも影響しているように思います。


日本のラスト10分の闘い方を非難する外国メディアの意見も認めますが、今大会で決勝トーナメントに残って世界の強国と真剣勝負できることが、この先の日本のサッカーにもたらすものは計り知れないと思います。

非難承知で行った今回の西野さんの決断は、必ずや後になって有形無形の糧になるはずです。


# by karl.helmut | 2018-06-30 18:30 | Sports | Comments(0)
カリアゲ君の独り言

金委員長 「だってホテル代払えないんだから仕方ないだろ。」

# by karl.helmut | 2018-06-12 21:35 | News | Comments(0)
私も歌った

私も普通、西城秀樹の歌はまず歌わないんですけど、木曜の夜はオフィシャルの飲み会があって、その流れの二軒目で思わずギャランドゥを歌ってしまいました。
今、全国至る所で西城秀樹の曲がカラオケで歌われていることでしょう。
合掌。

P.S. 歌ってみると意外にいい曲だと再認識しました。

# by karl.helmut | 2018-05-20 10:34 | News | Comments(0)